広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

  • 5

    Brave は、さらに発見され続けている「Chromium」…

    owl
    owl
    投稿数: 482件
    Windows 10

    Brave は、さらに発見され続けている「Chromium」ブラウザの脆弱性に対処が必要になったため、
    予定を早めて 2022年3月30日(米国東部時間)に、V1.37.109(Chromiumを100.0.4896.60にUpgrade)をリリース。

    当初から、V1.37 で予定されていた「新しいサイドバー、カスタム新規タブページの背景のサポート、アンリンク・バウンス機能」も実装されています。
    "Unlinkable Bouncing" for More Protection Against Bounce Tracking | Brave Browser
    https://brave.com/privacy-updates/16-unlinkable-bouncing/
    さらには、デフォルトの広告ブロック機能にコスメティックフィルターのサポートが追加され「Fanboy's annoyances、social lists、様々な国別リスト、EasyList's cookie filter list、など」が利用できるようになりました。
    Brave リリースノート|Brave Browser
    https://brave.com/latest/

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • owl
    owl
    投稿数: 482件

    Google Chrome 100 は、
    バージョンが三桁になる大きなマイルストーンとなるリリースですが、大きな変更はなく、地味なリリースとなっています。
    その実情は、
    さらに発見され続けている「Chromium」ブラウザの脆弱性に対処が必要になった(バージョン「98」が枯渇し、「100」にせざるを得なかった)ためです。
    このリリースでは、28 のセキュリティ修正が施され、その多くが(Google ではなく)第三者のセキュリティ研究者によって報告されたものであることです。現在、どの脆弱性も悪用が確認されていないようです。
    Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop
    https://chromereleases.googleblog.com/2022/03/stable-channel-update-for-desktop_29.html

    現時点(GMT 04:30, Mar 31, 2022)では、
    Microsoft Edge は準備中です。
    https://docs.microsoft.com/en-us/DeployEdge/microsoft-edge-relnotes-security
    Vivaldi と Opera は未定です。
    https://vivaldi.com/blog/desktop/minor-update-five-5-1/
    https://blogs.opera.com/desktop/changelog-for-85/

    この遅延の傾向(Brave が早い > Edg > Vivaldi > Opera が遅れる)は、従前から明白で恒常的でした。
    過去の事例では
    Brave は、公開されたセキュリティ修正を一両日中に適用したアップデート版をリリースしていました。
    Vivaldi は独自の UI の制約があるため、ハードコーティングが必要になり、アップデート版のリリースに数日の遅れが常です。
    Opera は、先日話題になった「ゼロデイ攻撃への緊急パッチ」でさえ、ようやく 2022-03-29/GMT にリリースしたばかりのテイタラクです。v100への対応はまだまだ先でしょう。