悪意のある JavaScript を実行されてしまわないようにする Firefox アドオン

  • 5

    当拡張機能は、リチャード・ストールマンの論文「The Jav…

    owl
    owl
    投稿数: 468件
    Windows 10

    当拡張機能は、リチャード・ストールマンの論文「The JavaScript Trap」で述べられている JavaScript(JS)の問題(危険性)を解決することを目的としたものです。
    https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.html

    当ブラウザ拡張機能を使用すれば、
    「自明でない(信頼性に検証が必要な )JS」の実情をつまびらかにできます。
    その機能は、私が過去に好んだブラウザ拡張機能「uMatrix」を思い起します。
    ブラウザのタスクマネージャ(about:performance)での「リソース」値は、ブラウジング中であっても 81KBのままで推移し、微々たるものです。
    システムリソースを要求せず、「自明でない JS」を簡単に、個別に、制御(Whitelist / Blacklist)でき、同種の拡張機能と併用可能なので、すこぶる便利です。

    JS のブロックは、NoScript、uMatrix、uBlock Origin などでも可能です。しかし、これらでは JS(通常、数多くの JS が仕組まれている)の詳細を確認することはできません(ユーザ自身が、別途、調べ直す必要がある)。

    当ブラウザ拡張の利点は、単に JS をブロックするだけでなく、「自明でない JS」の詳細が判明する点です。
    現在、私は「uBO」にて、デフォルトで「すべての JS をブロック」していますが、当拡張機能を追加すれば「それら全ての JS をつまびらかにできる」ので、(ブロックが必要かどうか)ハッキリと理解できるようになります。
    要するに、「どんな JS なのかがわかる」この拡張機能の有用性(補完機能)が重要なのです。

    「Chromium」ブラウザでは必要な「API」が存在しないため使用不可能です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • owl
    owl
    投稿数: 468件

    このブラウザ拡張は「GNU プロジェクト」の一部です。
    GNU プロジェクト - Wikipedia
    https://en.wikipedia.org/wiki/GNU_Project
    GNU 一般公共ライセンス - Wikipedia
    https://en.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License

    このプロジェクトは、Git リポジトリで公開されており、誰でも開発サポートに参加できます。
    librejs.git - LibreJS
    https://git.savannah.gnu.org/cgit/librejs.git/