悪意のある JavaScript を実行されてしまわないようにする Firefox アドオン

GNU LibreJS のアイコン

GNU LibreJS

ダウンロード

バージョン:
7.21.0(2022/07/21)

自由でなく一般的ではない JavaScript をブロックし、自由で一般的である JavaScript を許可する Firefox アドオンです。
悪意のある JavaScript が実行されてしまわないよう、本アドオンがウェブページ上の JavaScript を自動で許可/ブロックします。
ブロック/許可の内容はアドオンアイコンをクリックして確認でき、そのウェブページのスクリプトをすべて許可するホワイトリスト、すべてブロックするブラックリスト、個別のスクリプトの許可/ブロック指定が可能です。

提供元:

GNU LibreJS の使い方

ダウンロード

Firefox アドオン

FirefoxFirefox add-ons へアクセスし、「Firefox へ追加」ボタンをクリックしてインストールします。

使い方

基本的な使い方

本アドオンをインストールすると、ウェブページアクセス時に自動で JavaScript の許可/ブロックを実行します。

JavaScript の許可/ブロックの状態を確認する
画面右上の icon アイコンをクリックすると JavaScript の状況が次の順で表示されます。
※ ブロックした JavaScript 数が icon アイコン右上に表示されます。
  • ①ウェブサイト
    ウェブサイト自体のホワイトリスト、ブラックリストの有無
  • ②ホワイトリスト
    手動で許可した JavaScript
  • ③許可済み
    本アドオンにより自動で許可された JavaScript
  • ④ブロック済み
    本アドオンにより自動でブロックされた JavaScript
  • ⑤ブラックリスト
    手動でブロックした JavaScript
ウェブサイト、WHITELISTED(ホワイトリスト)、ACCEPTED(許可済み)

ウェブサイト、WHITELISTED(ホワイトリスト)、ACCEPTED(許可済み)

BLOCKED(ブロック済み)

BLOCKED(ブロック済み)

BLACKLISTED(ブラックリスト)

BLACKLISTED(ブラックリスト)



JavaScript の許可/ブロックを変更する
各項目下にある次のボタンをクリックして許可/ブロックを変更できます。
  • Whitelist … ホワイトリストに登録します。
  • Blacklist … ブラックリストに登録します。
  • Forget … ホワイトリスト/ブラックリストへの登録を忘れてデフォルトに戻します。
  • Reload … ウェブページを再読み込みし、変更した設定を反映します。
※ 「①ウェブサイト」項目下の WhitelistBlacklist をクリックした場合は、ウェブサイトのすべての JavaScript を許可/ブロックします。

JavaScript の内容を確認する
各項目下にある Show ボタンをクリックすると、JavaScript の内容を表示します。
JavaScript の表示

JavaScript の表示



更新履歴

Version 7.21.0
(2022/07/21)
  • バグ #59021 を修正
  • Web サイト開発者が Web サイトの LibreJS 準拠をテストするために使用できるヘッドレス テストを追加します。
  • @license / @license-end メソッドのマグネット リンクのみをチェックするようにライセンス検証を修正
  • ドキュメントの更新
  • 苦情ダイアログを閉じるバグを修正 (https://lists.gnu.org/archive/html/bug-librejs/2021-09/msg00002.html)
  • @license-end 検出を修正して、accept /* */ コメントを検出するようにしました (バグ #59533)
  • CECILL-2.0 と zlib ライセンスを追加 (バグ #50682 と #53221)
  • サブリソース統合のハッシュ無効化のバグを修正 (バグ #62464 および #58131)

Version 7.20.3
(2021/11/23)
  • json ファイルを更新してビルドを修正
  • 特定の Web サイトでのハングアップを修正

Version 7.20.2
(2020/03/31)
  • WebLabel ステートメントのパーサーのバグを修正しました。

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2022年09月12日)

ユーザーレビュー

  • 5

    当拡張機能は、リチャード・ストールマンの論文「The JavaSc…

    owl
    owl
    投稿数: 468件
    Windows 10

    当拡張機能は、リチャード・ストールマンの論文「The JavaScript Trap」で述べられている JavaScript(JS)の問題(危険性)を解決することを目的としたものです。
    https://www.gnu.org/philosophy/javascript-trap.html

    当ブラウザ拡張機能を使用すれば、
    「自明でない(信頼性に検証が必要な )JS」の実情をつまびらかにできます。
    その機能は、私が過去に好んだブラウザ拡張機能「uMatrix」を思い起します。
    ブラウザのタスクマネージャ(about:performance)での「リソース」値は、ブラウジング中であっても 81KBのままで推移し、微々たるものです。
    システムリソースを要求せず、「自明でない JS」を簡単に、個別に、制御(Whitelist / Blacklist)でき、同種の拡張機能と併用可能なので、すこぶる便利です。

    JS のブロックは、NoScript、uMatrix、uBlock Origin などでも可能です。しかし、これらでは JS(通常、数多くの JS が仕組まれている)の詳細を確認することはできません(ユーザ自身が、別途、調べ直す必要がある)。

    当ブラウザ拡張の利点は、単に JS をブロックするだけでなく、「自明でない JS」の詳細が判明する点です。
    現在、私は「uBO」にて、デフォルトで「すべての JS をブロック」していますが、当拡張機能を追加すれば「それら全ての JS をつまびらかにできる」ので、(ブロックが必要かどうか)ハッキリと理解できるようになります。
    要するに、「どんな JS なのかがわかる」この拡張機能の有用性(補完機能)が重要なのです。

    「Chromium」ブラウザでは必要な「API」が存在しないため使用不可能です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?