ディスクの管理とは

Windows Vista/7/8/8.1/10 に初期状態でインストールされている「ディスクの管理」を利用することで、1つのHDDをパーティション分割して複数のドライブとして認識させることができます。専用ソフトをインストールしなくても、合計4つまでパーティションを増やすことができます。
 

HDDパーティションの変更方法

ディスクの管理を使って、HDDパーティションを分割、結合していく手順を具体的な例とともに解説していきます。

<パーティションの分割>

Cドライブの容量を小さくして、新たに拡張パーティションを作成する

「スタート」メニューの「コンピューター」を右クリック、表示されるメニューから「管理」をクリックします。
※ 「ユーザー アカウント制御」画面が表示される場合は、「続行」または「はい」をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、「OK」または「はい」をクリックします。

「コンピュータの管理」画面が表示されます。左メニューの「ディスクの管理」をクリックします。

Cドライブの部分を右クリックし、表示されたメニューから「ボリュームの縮小」をクリックします。

どれだけCドライブを縮小するのか聞かれます。Cドライブは、OS等のシステムファイルが保存されているので、全て使うことは避けて余裕を持った容量を残しておくようにしましょう。
※ 大きめの容量を選択すると、しばらく時間がかかる場合があります。

Cドライブの容量を小さくすると、未割り当ての領域ができます。新しくできた未割り当ての領域部分を、右クリックして「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

シンプルボリュームウィザードが開始します。「次へ」をクリックします。

ボリュームの内容を聞かれます。入力ができたら、「次へ」をクリックします。

ドライブ文字またはパスの割り当てを聞かれます。ここではドライブ文字に「F」を選択して、「次へ」をクリックします。

作成した領域をフォーマットするか聞かれます。フォーマットをしないと使えるようにはならないので、「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

フォーマットが完了しました。「完了」ボタンをクリックします。

この作業でCドライブ1つだけだったものが、CドライブとFドライブに分割されました。作成したFドライブの領域が緑色の「拡張パーティション」になっています。




<パーティションの結合>

パーティションを削除する

「スタート」メニューの「コンピューター」を右クリック、表示されるメニューから「管理」をクリックして「ディスクの管理」を表示します。
削除したいパーティション内の論理ドライブを右クリック。表示されるメニューより「ボリュームの削除」をクリックします。ここでは先ほど作成した、Fドライブの削除を進めていきます。

バックアップを取るように、とのメッセージが出ます。必要なデータは外付けハードディスク等へ保存してあることを確かめて「はい」をクリックします。

ボリューム(Fドライブ)が削除され、空き領域になります。

黄緑色で表示されている、空き領域になったボリュームを右クリックしてメニューを表示します。「パーティションの削除」をクリックします。

拡張パーティション削除の確認メッセージが表示されます。「はい」ボタンをクリックします。

ボリュームが削除され、未割り当て領域になります。

Cドライブを拡張する

未割り当ての領域が作成できたので、Cドライブに追加割り当てしていきます。Cドライブ(拡張するドライブ)を右クリックし、表示されたメニューの中から「ボリュームの拡張」をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードが開始します。確認をして「次へ」をクリックします。

「ディスク領域の選択」で拡張する容量を入力し、「次へ」をクリックします。

「ボリュームの拡張ウィザードの完了」と表示されれば、完了です。

未割り当て領域がCドライブに追加され、Cドライブのボリュームが拡張されます。

ソフトウェア情報

スクリーンショット
ディスクの管理 の評価・レビュー
ディスクの管理 でHDDパーティションを分割する方法
● 対応OS : Windows Vista/7/8/8.1/10(32/64bit)
● 提供元 : Microsoft Corporation