オープンソースで開発されているマインドマップ作成ツール

FreeMind

FreeMind
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1

作成したマインドマップを第三者に見られないように「ファイル」⇒「暗号化マインドマップを作成」から暗号化マインドマップを作成したり、暗号化ノードを追加することができます。表示させたい場合は「ツール」⇒「暗号化/非暗号化状態を切り替え」よりパスワードを入力して表示させることが可能。Mindjet で作成したマインドマップのインポート、HTML、PDF、画像(PNG / JPEG)、SVGへエクスポートができます。海外製のソフトでインストール時は英語表記となりますが、日本語で利用できます。

提供元:
● サポートサイト : OSDN

FreeMind の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(FreeMind-Windows-Installer-1.0.1-min.exe)からインストールします。

使い方

基本的な操作

ノードの編集
ノードをダブルクリックするか、[F2] キーを押して内容を編集できます。

ノードの挿入
  • 新規子ノード … ノードをクリックして選択した後、[Insert] キーを押すか、メニューバーの「挿入」⇒「新規子ノード」
  • 新規弟ノード … ノードをクリックして選択した後、[Enter] キーを押すか、メニューバーの「挿入」⇒「新規弟ノード」
  • 新規兄ノード … ノードをクリックして選択した後、[Shift] + [Enter] キーを押すか、メニューバーの「挿入」⇒「新規兄ノード」
  • 親に新規ノード … ノードをクリックして選択した後、[Shift] + [Insert] キーを押すか、メニューバーの「挿入」⇒「親に新規ノード」

暗証マップ、暗証ノード

暗証マップ
マインドマップ全体を暗号化(ロック)できます。
  1. メニューバーの「ファイル」⇒「暗証マップを作成」をクリックします。
  2. 「暗証ノード用のパスワードを設定」画面が表示されます。
    パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
  3. 「ここを選択して継続!」と書かれたノードが表示されます。
    その左に南京錠アイコンが開いた状態で表示されます。
    この南京錠アイコンが開いている状態のとき、マインドマップの閲覧、編集ができます。

    マインドマップにロックをかけるには、メニューバーの「挿入」⇒「暗証ノードの表示/非表示」をクリックします。
    すると、南京錠アイコンが閉じている状態になって「ここを選択して継続!」以外のノードはすべて非表示となり、新規ノードの追加もできないロックされた状態となります。

    再びロックを解除したい場合は、再度メニューバーの「挿入」⇒「暗証ノードの表示/非表示」をクリックし、パスワードを入力すると閲覧・編集可能な状態となります。

暗証ノード
特定のノードのみを暗号化(ロック)できます。
  1. メニューバーの「挿入」⇒「暗証ノードを挿入」をクリックします。
  2. 「暗証ノード用のパスワードを設定」画面が表示されます。
    パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
  3. 南京錠アイコンが開いた状態で表示されたノードが挿入されます。
    このノードは暗証マップ同様、メニューバーの「挿入」⇒「暗証ノードの表示/非表示」からロック、ロック解除できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?