1つのウインドウ内で複数のテキストファイルをタブで切り替え可能なテキストエディタ

MKEditor

MKEditor

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.75

評価数:4

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista

C言語ファイル、HTMLファイル、PHPファイルなどファイルタイプごとに(拡張子ごとに)配色の変更ができるため、開発にも利用しやすいのが特徴です。
ルーラー・行数の配色変更や、強調表示、スキン変更、フォルダツリー表示によるプロジェクトごとのファイル管理、ファイル内検索、GREP検索、置換・一括置換、マクロ、自動インデント、自動バックアップ、複数文字コード対応などの機能を備えています。他にも「メーラへ送信」すると、作成したファイルをメールとして送信可能。

提供元:
Kouichirou Urano

MKEditor の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(mke399j.exe)からインストールできます。

ユーザーレビュー

  • 2

    Unicode で編集可能な高機能のテキスト エディターです…

    usericon bvg77777777dtt(35)Windows 7

    Unicode で編集可能な高機能のテキスト エディターです。

    複数のファイルを強制的に1つのウィンドウでタブ形式で表示させられます。複数のウィンドウに分けることは不可能です。

    ファイル保存時に 1行目の文字列をファイル名として自動選択してくれません。不便です。VxEditor は自動選択しました。

    前回終了時の「カーソル位置を保存する」の機能が存在しません。VxEditor および サクラエディタには存在していました。

  • 3

    このエディタは入力補完辞書を充実させると、使いやすさが激変す…

    usericon エディタマニア(14)-

    このエディタは入力補完辞書を充実させると、使いやすさが激変するエディタです。インターフェイスもカスタマイズできますしメリットも非常にあるのです、しかし両手を挙げて★5つに出来ない理由だけを記載しておきます。文字コードをせめてS-JISだけではなくUTF-8Nなどの選択が出来れば、使用範囲は広がるはずです。キーマクロは使用できますが、スクリプト言語などでのマクロには対応できていません。また外部ツール対応が、他のエディタと比較して弱い部分です。しかし、主に日本語をメインで使用している場合であれば、日本語の2バイト文字でも入力補完が行えますので(時たま、思う通りの動きにならない場合もありますが)日常での使用には、向いていると思います。メモ帳しか使ったことがない方であれば、機能豊富な部分を実感するはずです。

  • 5

    豊富なオプション設定により、アプリケーションをカスタマイズす…

    usericon caphiro(1)-

    豊富なオプション設定により、アプリケーションをカスタマイズすることが簡単。また、自分好みのインターフェースに色々出来るのは嬉しい。

MKEditor に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)