USBデバイスの無効化、書き込み保護、実行ファイルの禁止設定ができるユーティリティソフト

USB Disk Manager

USB Disk Manager
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
記事更新日:
2016/11/11 - バージョン: 0.1

手軽な設定で、USBメモリー等のデバイス接続を認識しないように無効化したり、USBメモリーへの書き込みを禁止したり、USBメモリー内の実行ファイルの実行を禁止できるソフトです。USBメモリーの内容を保護したい場合、USBメモリーを利用できないようにしたい場合などに便利です。
また、Windows 起動時に本ソフトの起動、USBメモリー接続時に自動実行する機能の無効化などの設定も用意されています。

提供元:

USB Disk Manager の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(USBDiskManager.zip)を解凍し、USB Disk Manager.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、タスクトレイに icon が表示されます。
右クリックメニュー「Preferences」をクリックすると、設定画面を表示できます。

Write Protect
USBリムーバブルディスクへの書き込みを保護できます。
  • Turn on Write Protection
    書き込み保護をオンにします。
  • Turn off Write Protection
    書き込み保護をオフにします。
※ 設定を有効にするには、USBリムーバブルディスクの抜き差しが必要です。

Execute Deny
USBリムーバブルディスクの実行ファイルの実行を禁止します。
  • Software Execution Denied
    ソフトウェアの実行を拒否します。
  • Software Execution Allowed
    ソフトウェアの実行を許可します。
※ 設定を有効にするには、Windows の再起動が必要です。

Diable USB
すべてもUSBリムーバブルディスクの読み取りと書き込みを禁止します。
  • Disable USB Remobable Disks
    USBリムーバブルディスクを無効にします。
  • Enable USB Remobable Disks
    USBリムーバブルディスクを有効にします。
※ 設定を有効にするには、USBリムーバブルディスクの抜き差しが必要です。

Settings
設定です。
  • Automatically start this when I log in to Windows
    Windows 起動時に本ソフトを自動起動します。
  • Apply these settings for only the current logged in user
    現在ログインしているユーザーのためにこれらの設定を適用します。
  • Automatically copy this application to USB Disks as Autorun
    USBディスク接続時に自動的に本ソフトをコピーし、オートラン(自動実行するように)設定します。
  • Disable Windows Autorun for USB Disks
    USBディスクによる Windows のオートラン(自動実行)を無効化します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?