ウィンドウ操作やブラウジングをホットキーで便利にするサポートツール

WindowsHelper

WindowsHelper

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1

ウインドウの最大化 / 最小化、PageUp / PageDown / Home / End / BackSpace などの操作を [Ctrl] キーや [Shift] キーなどの別のキーの組み合わせで操作できるようにするソフトです。あらかじめ設定されている任意のウインドウサイズへの変更などのほかに、任意のソフトを起動させたり、ファイルを開いたりなどの操作も登録できます。

提供元:

WindowsHelper の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(WindowHelper_ver_2_6_3.zip)を解凍し、WindowsHelper.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。
    ※ Windows 8/8.1 の場合、ソフト実行時に Windows SmartScreen 機能により、「Windows によって PC が保護されました」メッセージが表示され、ソフトを起動できない場合があります。
    その場合は、上記メッセージが表示されている状態で「詳細情報」をクリックし、「実行」ボタンをクリックすると実行できます。

使い方

本ソフトを起動すると、タスクトレイにアイコンが表示されます。
起動するだけで、[Ctrl] + [↑] キー = [PageUp] キー、[Ctrl] + [↓] キー = [PageDown] キーの効果を利用できますが、設定を編集して任意の設定にも変更可能です。

タスクトレイに表示されるアイコンをクリックして、「更新&編集」をクリックすると、「WindowsHelperConfig」画面が表示されます。
ここから追加、編集を行えます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?