アプリごとに許可/ブロックを行えるシンプルなファイアウォールソフト
  • 5

    【追記あり】・プログラムサイズは、たったの「638kb」 …

    owl
    owl
    投稿数: 284件
    Windows 10

    ・プログラムサイズは、たったの「638kb」
    正しく機能するためには、管理者権限が必要です。

    特徴:
    ・迷惑なポップアップなしのシンプルなインターフェース
    ・ルールエディタ(独自のルールを作成)
    ・内部ブロックリストの規則(Windowsのスパイ/テレメトリをブロックする)
    ・通知付きのパケット情報を削除し、ファイル機能に記録する(win7 +)
    ・ファイル機能へのログ記録を伴う許可されたパケット情報(win8 +)
    ・Linux用のWindowsサブシステム(WSL)のサポート(win10)
    ・Windowsストアサポート(win8 +)
    ・Windowsサービスのサポート
    ・無料で、オープンソースプロジェクト
    ・多言語化サポート
    ・IPv6のサポート

    ・当アプリは、オープンソースプロジェクトで全てが公開されています。
    >公式サポートサイト https://github.com/henrypp/simplewall( https://github.com/henrypp )
    ・そのホワイトリスト(ブラックリストも選択可)方式の Firewall の完璧さ(超軽量、軽快、オープンソースプロジェクトによる信頼性:個人情報搾取、バックドアの懸念が皆無)で、欧米のパワーユーザーからは絶大な支持を集めています。
    ・サポートの真摯さ(GitHub での対応ぶり)も定評があります。
    ・同一の作者から「Mem Reduct」なども公開されており、いずれの作品も秀逸です。

    Windows Firewall Control(Malwarebytes)と同種の「Firewall」機能ですが、
    「simplewall」では、より高度で完全な制御が可能で、且つパフォーマンスと信頼性が特筆されます。

    特記事項:
    Rules editor(独自ルールの作成手引き)
    https://github.com/henrypp/simplewall/wiki/Rules-editor#rule-syntax-format

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • Gonbe
    Gonbe

    興味深いソフトの紹介を有難うございました。
    ご説明を拝読しますと私好みのソフトのように感じました。
    試用してみようと思います。

  • owl
    owl

    試行中ですが、同一作者の手になる「Mem Reduct」にも着目しています。よろしければ、こちらもどうぞ。
    https://freesoft-100.com/review/mem-reduct.html
    このアプリは「キャッシュをクリアにする」機能で、安心、且つ効果的な手法です。
    キャッシュをクリアにする手法は、色々とありますが、当アプリの利用で簡単に「物理メモリ、仮想メモリ、システムに割り当てられた物理メモリ領域、他」を一掃できます。
    ・現状は、上限値設定「90%」で運用していますが、(コンピュータシステムのスペックが十分らしく)その値に到達することは皆無です。
    ・そのため、間隔「30分」で運用もしてみましたが、何らの違和感もなく正常に機能(メモリ使用量の低減:特に「システムに割り当てられた物理メモリ領域」が大幅に低減)しました。
    ・手動操作も簡単です。
    ・キャッシュをクリアするので、(Livre Office Writer)文書作成中に動作した際には、バックアップ前のデータが消え去りましたが。
    検証中なので「評価は未定」ですが、
    機能と使い方についての技術(本質)と技能(知見)を得られれば、システムのリフレッシュ機能の「決定版」ではないかと感じています。

    【注釈】キャッシュとは:
    http://e-words.jp/w/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5.html