アプリごとに許可/ブロックを行えるシンプルなファイアウォールソフト

simplewall のアイコン

simplewall

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
3.6.1(2021/11/11)

指定したアプリの許可/ブロックを簡単に行えるシンプルなファイアウォールソフトです。
Windows フィルタリングプラットフォーム(WFP)を利用してフィルタリングを行います。
厳格に通信を監視し、選択したアプリのみの通信を許可する「ホワイトリストモード」が採用されています。
メイン画面から個別のアプリ、サービス、パッケージなどに対して許可/ブロックを設定することも可能です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ v3.0 にてブラックリストモードは削除され、ホワイトリストモードのみになりました。

simplewall の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download」項目下の「simplewall-3.6.1-setup.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「simplewall-3.6.1-bin.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(simplewall-3.6.1-setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

フィルターを有効にする
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    画面左上の フィルターを有効化 ボタンをクリックします。
    simplewall - メイン画面
  2. 「現在の設定に従ってアプリのネットワークアクセスがブロックされます。続行しますか?」画面が表示されます。
    「フィルターを有効化」ボタンをクリックします。
    フィルター有効化確認メッセージ
  3. 未登録のアプリの通信があると、「simplewall が次のアプリの接続をブロックしました」画面がポップアップ表示されます。
    「許可」ボタンをクリックして通信を許可するか、「ブロック」ボタンをクリックして通信をブロックします。
    ※ 「許可」ボタン右の▼をクリックして、許可している時間を2分~6時間の間で選択することもできます。
    ※ 「×」ボタンをクリックして今回はブロックして、次回以降また通信があった場合に本画面が表示されるようにすることもできます。
    個別の通信に対して通信の許可/ブロックを選択

個別のアプリを許可/ブロックする
一度通信の許可/ブロックを選択したアプリに対して、設定を変更できます。
  1. メイン画面の「アプリ」タブ画面にて任意のアプリを右クリックします。
  2. 右クリックメニューから次のように設定を変更します。
    • 選択アイテムを有効化
      通信を許可(有効に)します。
    • 選択アイテムを無効化
      通信をブロック(無効に)します。
    右クリックメニューから通信の有効化/無効化

フィルターを無効にする
  1. メイン画面左上の フィルターを無効化 ボタンをクリックします。
  2. 「現在ブロックされているすべてのアプリのネットワークアクセスが復元されます。続行しますか?」画面が表示されます。
    「フィルターを無効化」ボタンをクリックします。
  3. フィルターが無効化されます。

その他

メイン画面右上の「×」ボタンをクリックしても本ソフトは終了せず、タスクトレイにアイコンが表示されます。
フィルタリング有効時は icon、フィルタリング無効時は icon が表示されます。

メイン画面を表示する場合はタスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、右クリックメニュー「表示する/非表示する」から表示できます。
タスクトレイアイコンの右クリックメニュー


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 3.6.1
(2021/11/11)
  • エスケープボタンに明確な検索を追加しました
  • フィルタ削除時のクラッシュを修正しました(問題 #1084)
  • インポートプロファイルの警告を修正しました(問題 #1086)
  • クラッシュダンプの処理を修正しました
  • 更新されたロケール
  • 外観上の修正

Version 3.6
(2021/11/09)
  • マルチスレッドの安全性の向上
  • 起動時間の改善
  • 改善された dpi サポート
  • アプリケーションの許可を確認するオプションを追加しました(問題 #1070)
  • アプリケーションリストのフィルタリングを追加しました(問題 #663)
  • タブタイトルのエディタリストアイテムカウントマークを追加しました
  • wfp 初期化失敗の回避策を追加しました
  • エディターアプリとルールのフィルタリングを追加
  • ログにレイヤー名を追加しました
  • ログ除外構成を別の設定ページに移動しました(問題 #1064)
  • 通知 x ボタンを元に戻す(問題 #973)
  • ルール作成ツールバーアイコンを変更しました(#723)
  • ハードパーミット付きの固定フィルターはインターネットにアクセスできます(問題 #689)
  • スイッチタブのホットキーに関する問題を修正しました(問題 #723)
  • dpi が変更されたときの鉄筋の誤ったサイズ変更を修正
  • アップデートのインストールの問題を修正しました(問題 #1061)
  • 通知マルチモニターのサポートを修正
  • 修正されたサービスの欠落パス(問題 #1036)
  • 修正されたエディターがクラッシュを引き起こす可能性があります(#1071)
  • 大きなメモリリークを修正しました(問題 #1066)
  • ネットイベントのサブスクリプション解除を修正
  • 最適化されたリストビューの並べ替え
  • 内部のバグを修正しました
  • 外観上の修正

Version 3.5.3
(2021/10/18)
  • IP範囲で初期化されていないポート変数を使用して修正[リグレッション](問題 #1055)

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2019年03月14日)

ユーザーレビュー

  • 3

    ブラウザの拡張機能VPNが繋がらないのと、許可する前にブラウザの前…

    sck
    sck
    投稿数: 1件
    -

    ブラウザの拡張機能VPNが繋がらないのと、許可する前にブラウザの前回開いたページがレンダリングされ、最初の通信は通してるような挙動の解決策が分かりません。
    comodoファイアウォールではVPNもアプリ通信制御も問題なかったので同じように使いたいのですが。
    comodoはスリープ復帰後終了していることがあったので乗り換えましたが、simplewallは動作が軽い点が非常に良いと思います。
    フィルタ設定の情報がもっと欲しいです。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    公式「FAQ」から

    owl
    owl
    投稿数: 424件
    Windows 10

    公式「FAQ」から
    https://github.com/henrypp/simplewall#readme
    Q: simplewall(SW)が起動していない時には、SW は機能しないのですか?
    A: SW によってインストールされたフィルターは、SW が終了していて(起動していない時)も、機能しています。
    Q: 初期設定(デフォルト)では、どのようなアプリがブロックされますか?
    A: すべてのアプリをブロックします。
    Q: SW を、OS ネイティブの「Windows Firewall」と併用しても大丈夫ですか?
    A: SW は、独自の「Windows Filtering Platform」を使用して、ユーザーモードレベルで実装されます。つまり、SW は Windows Firewall(WF)の設定を一切変更せずに、独自のレイヤーを提供します。「WF」のフィルターは、優先度が高く、最初に処理されるため、SW のフィルターを最優先にするためにも、不要な「WF」の無効化を強く推奨します。

    以下の A は、公式「FAQ」で確認ください
    Q: ネットワークアイコンに「!」マークがついているのはなぜですか?
    Q: ブラックリストモードに変更するには?
    Q: ブロックリストを完全に無効にするには?
    Q: Windows Update と Windows Store のインターネットアクセスを解決する方法(一時的な解決方法です)
    Q: サードパーティ製ダウンロードマネージャ「Internet Download Manager」のブラウザ統合を修正する方法
    Q: Windows セキュリティセンターの警告を削除する方法(Win10 1607+)
    Q: Windows セキュリティセンターへの統合(不可能)

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    何もしていないのに通信インジケータが点滅している事が気になり、通信…

    catwalk
    catwalk
    投稿数: 1件
    Windows 10

    何もしていないのに通信インジケータが点滅している事が気になり、通信モニターを導入してかなり勝手な通信が起きている認識はあったが、それをブロックする目的で本ソフトを導入。導入当初は、通信が発生する度に許可ポップが表示され、毎回判断に手間がかかりましたが、一通りの設定試行錯誤が終わるとポップはでなくなり必要な通信しかしていない安心感があります。通信する必要無いAPの設定変更や新規AP導入では効果的面で、警告ポップがでたら直ぐブロックです。AP更新などで一時的に通信が必要なら許可時間を制限できるのも便利。中華製ノートPCではプリ導入APの為かポップ出ぱなっしでした。さすが中華ですね。レビューにもありましたが起動順序が遅いのが玉に傷で起動確認するまで待ってから操作します。フリーで広告なしのこの機能は近年稀にみる神ソフト、勝手な通信が多いスマホこそ欲しいソフトです。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

simplewall に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 15 件)