アプリごとに許可/ブロックを行えるシンプルなファイアウォールソフト

simplewall のアイコン

simplewall
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
3.0.4 RC / 2.4.6(2019/07/23)

指定したアプリの許可/ブロックを簡単に行えるシンプルなファイアウォールソフトです。
Windows フィルタリングプラットフォーム(WFP)を利用してフィルタリングを行います。
不審な通信と推定されるアプリのみをブロックしたい場合は「ブラックリストモード」、厳格に通信を監視したい場合は選択したアプリのみの通信を許可する「ホワイトリストモード」、の2つのモードからどちらかを選択します。
メイン画面から個別のアプリに対して許可/ブロックを設定することも可能です。

提供元:

simplewall の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download」項目下の「simplewall-2.4.6-setup.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「simplewall-2.4.6-bin.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ ベータ版をダウンロードする場合は、「Download (beta)」項目下の「simplewall-3.0.4-bin.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(simplewall-2.4.6-setup.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

本ソフトを起動すると、「Update available, download and install them?」ウインドウが表示されるので「はい」ボタンをクリックすると日本語表記になります。
※ ポータブル版では上記手順では日本語化できない場合があります。

基本的な使い方

フィルタリングを有効にする
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「フィルタリングを有効にする」ボタンをクリックします。
    simplewall - メイン画面
  2. 「これにより、選択された設定に従ってアプリのネットワークアクセスが禁止されます。続行しますか?」画面が表示されます。
    次の中から選択します。
    • ホワイトリスト(選択分を許可します)
      指定したアプリのみ通信を許可します。
      通信するアプリを1つ1つ管理したい場合に利用します。
    • ブラックリスト(選択分をブロックします)
      許可したアプリをブロックします。
      不審なアプリのみ通信を遮断したい場合に利用します。
    「フィルタリングを有効にする」ボタンクリック時 - モードの選択
  3. ホワイトリストを選択した場合、許可していないアプリはすべてブロックされます。
    フィルタリング有効時
  4. ホワイトリストを選択した場合、通信するアプリに対しての許可/ブロックを個別に選択できるよう、ポップアップが表示されます。
    ホワイトリストの場合はアプリの通信があるとポップアップ

個別のアプリを許可/ブロックする
メイン画面の個別のアプリにチェックを入れて、通信/ブロックを管理します。
ホワイトリスト、ブラックリストによって変わります。

ホワイトリスト
チェックを入れたアプリの通信が許可され、「許可されたアプリ」グループに追加されます。

ブラックリスト
チェックを入れたアプリの通信がブロックされ、「ブロックされたアプリ」グループに追加されます。

フィルタリングを無効にする
  1. 「フィルタリングを無効にする」ボタンをクリックします。
  2. 「これにより、ブロックされている全てのアプリのネットワークアクセスが復元されます。続行しますか?」画面が表示されます。
    「フィルタリングを無効にする」をクリックします。
  3. フィルタリングが無効化されます。

その他

メイン画面右上の「×」ボタンをクリックしても本ソフトは終了せず、タスクトレイにアイコンが表示されます。
フィルタリング有効時は icon、フィルタリング無効時は icon が表示されます。

メイン画面を表示する場合はタスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、右クリックメニュー「表示する/非表示する」から表示できます。
タスクトレイアイコンの右クリックメニュー


更新履歴(英語)

Version 3.0.4 RC (2019/07/23)
  • added rules and blocklist options into main menu
  • set security settings enabled by default
  • set protocol names based on IEEE
  • made correct backups for profile on reset
  • bring notification window to top
  • correct determine connections for apps
  • fixed error message on new device insertion (issue #215)
  • fixed missing connections (issue #423)
  • ...(省略)

Version 3.0.3 beta (2019/07/03)
  • added option to show notification window on tray
  • added highlighting for network tab
  • redraw app item on connection change
  • remove "beta" mark from network tab
  • improved wfp transactions
  • ...(省略)

Version 3.0.2 beta (2019/06/22)
  • new notification ui
  • allow microsoft update & microsoft apps servers by default
  • ...(省略)

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました(2019年3月14日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    PotPlayer(韓国製)の通信を完全にブロックしてくれた…

    kuroki55
    kuroki55
    投稿数: 18件
    Windows 10

    PotPlayer(韓国製)の通信を完全にブロックしてくれたようです。
    ブロック前は「バージョンアップに確認」で「アップデータが有ります」でしたが、
    ブロック後は「最新版です。アップデータは有りません」となりました。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    本ソフトの試用に先立って、私はWindows Defende…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 844件
    Windows 10

    本ソフトの試用に先立って、私はWindows Defenderを完全に無効化させました。
    無効化の方法は、レジストリエディタを起動して、新規のレジ値を編集しました。
    HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Policies/Microsoft・・・・と辿ります。
    Defenderを完全に無効化すると、PCの動作がキビキビと軽くなる利点があります。
    単に「simplewall」をインストしただけでは、PC立上げ時に自動起動しない模様。
    設定/全般にて、「システムの起動時に読み込む」にチェックを入れる必要あり。
    また、本ソフトのアイコンをタスクトレイに常時表示させるにも一手間いります。
    (タスクバー右クリック/タスクバーの設定/タスクバーに表示するアイコン選択)

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】・プログラムサイズは、たったの「638kb」 …

    owl
    owl
    投稿数: 307件
    Windows 10

    ・プログラムサイズは、たったの「638kb」
    正しく機能するためには、管理者権限が必要です。

    特徴:
    ・迷惑なポップアップなしのシンプルなインターフェース
    ・ルールエディタ(独自のルールを作成)
    ・内部ブロックリストの規則(Windowsのスパイ/テレメトリをブロックする)
    ・通知付きのパケット情報を削除し、ファイル機能に記録する(win7 +)
    ・ファイル機能へのログ記録を伴う許可されたパケット情報(win8 +)
    ・Linux用のWindowsサブシステム(WSL)のサポート(win10)
    ・Windowsストアサポート(win8 +)
    ・Windowsサービスのサポート
    ・無料で、オープンソースプロジェクト
    ・多言語化サポート
    ・IPv6のサポート

    ・当アプリは、オープンソースプロジェクトで全てが公開されています。
    >公式サポートサイト https://github.com/henrypp/simplewall( https://github.com/henrypp )
    ・そのホワイトリスト(ブラックリストも選択可)方式の Firewall の完璧さ(超軽量、軽快、オープンソースプロジェクトによる信頼性:個人情報搾取、バックドアの懸念が皆無)で、欧米のパワーユーザーからは絶大な支持を集めています。
    ・サポートの真摯さ(GitHub での対応ぶり)も定評があります。
    ・同一の作者から「Mem Reduct」なども公開されており、いずれの作品も秀逸です。

    Windows Firewall Control(Malwarebytes)と同種の「Firewall」機能ですが、
    「simplewall」では、より高度で完全な制御が可能で、且つパフォーマンスと信頼性が特筆されます。


    特記事項:
    Rules editor(独自ルールの作成手引き)
    https://github.com/henrypp/simplewall/wiki/Rules-editor#rule-syntax-format

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい