広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー

  • コメント

    【追記あり】Chromium ベンダーで異例なほど大躍進(年毎に倍増し続…

    owl
    owl
    投稿数: 482件
    Windows 10

    Chromium ベンダーで異例なほど大躍進(年毎に倍増し続けており、アクティブユーザー数「5,000万」を超過し、まもなく「1億」の大台に肉薄)している「Brave Software」は、Google が採用を公言した「トピックAPI」に対しての声明『その意訳:特に、何が機密情報であり、広告目的に使用されないかを決定しているのは、依然として「Google」である。Topics は、過去に訪問したサイトや、そのサイトに掲載された広告主など、ユーザーの関心事を公開することを制限している。この制限は、Google を含む大規模な広告主に利益をもたらし、小規模な広告主は不利になる。FLoC、Privacy Sandbox、Topics API は、プライバシーを改善するものではなく、むしろ、最もプライバシーの低いブラウザを少しだけ悪くするための提案です。これらは、真のプライバシー保護を提供する(そして何年もそうしてきた)他のブラウザに追いつくための、Google による不完全かつ不十分な努力です。』を自社サイトで発表した。
    https://brave.com/web-standards-at-brave/7-googles-topics-api/

    「FLoC」は、Amazon など多くの企業が採用拒否を宣言し、採用の意向を表明していた企業からも(サポート中止決定に)豹変が相次ぎ、Google が何かをしなければならないことは明らかでした。「Topics」は FLoC に代わるものであり、FLoC に対して指摘された主要な懸念事項のいくつかに対処するものである。Google が他のブラウザメーカーや企業に対して、Topics を自社製品に含めるよう、あるいは Chromium ベースのブラウザの場合には無効にされないように説得することに成功するかどうかは、まだわからない。


    Googleが「最悪」と評された新システム・FLoCを捨てて「トピックAPI」に方針変換、どんな仕組みなのか? - GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20220126-google-privacy-sandbox-topics-api/

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • owl
    owl
    投稿数: 482件

    Google Just Gave You the Best Reason Yet to Finally Quit Using Chrome(Googleは、Chrome を使うのをやめるのに最も適した理由を教えてくれました。) | By Jason Aten, Tech columnist@jasonaten
    https://www.inc.com/jason-aten/google-just-gave-you-best-reason-yet-to-finally-quit-using-chrome.html
    以下は、その全文:
    Google は以前『ウェブサイトがログイン状態を維持したり、広告をクリックして購入したことを広告主に知らせたりするために使う小さなソフトウェアコードの断片であるクッキーは良くないという考え方に賛同する』と述べた。少なくとも、インターネット上であなたの行動を追跡するようなサードパーティ製のものは。このような種類のクッキーは、2023 年までに Chrome でブロックされる予定とも。

    ただし、Google はあらゆる広告プラットフォームと同様に、どのような種類の広告を表示するかを知るためのクッキーを使用するため、(エンドユーザーが、それらの)クッキーを取り除くことは困難でした。しかしながら実情は、Google にとってはそれほど困難なことではありませんでした。Google は、文字通り何十億もの人々が探しているものを伝えるだけのウェブサイトを運営しているので、あなたが何に興味があるかを知るためにサードパーティのクッキーを必要とさえしていないのです。

    Google の本当の問題は、サードパーティ・クッキーを完全に遮断することができないことです。それは、競争相手に対して非常に分が悪いことですし、世界最大の広告プラットフォームだけでなく、最も人気のあるウェブブラウザ「Chrome」を支配しているという事実を利用しているように見えるかもしれないからです。規制当局や法律家が大手テック企業を注視していることを考えると、(サードパーティ・クッキーを完全に遮断できない)それは無茶な話でした。

    そこで Google は、Federated Learning of Cohorts(FLoC)と呼ばれる代替手段を導入すると発表した。簡単に説明すると、Chrome はあなたの閲覧履歴を追跡し、それを使ってあなたを同じような興味を持つ他のユーザーのコホートの一部として識別します。広告主は「高価なスキーウェアを買うのが好きだ」というコホートや、「50歳になったばかりで、もうすぐ大学に入る2人の子供がおり、住宅ローンの借り換えをしたい」というコホートをターゲットに広告を表示することが可能になる。

  • owl
    owl
    投稿数: 482件

    前段の続き:
    しかし、FLoC を好むような人はいません。トラッキングやプロファイリングがブラウザ上で行われるだけで、実際にはプライバシーが向上するわけではないので、プライバシーの専門家は FLoC を否定します。広告主や広告技術企業でさえ、FLoC を好まない。なぜなら、彼らは(従前からの)クッキーを好むからだ。彼らは、Google が(クッキーの手法を)放任しておくことを望んでいます。なぜなら Cookies は、あなたが広告をクリックし、何かをカートに入れ、それを購入したときに正確に知ることが可能だからです。

    現在、Google は「Topics」と呼ばれる代替手段の導入を目指している。このアイデアは、Chrome があなたのブラウジング活動を見て、あなたが興味を持っていると思われる最大5つのトピックを識別することです。ウェブサイトを訪問すると、Chrome はそれらのトピックのうち3つを表示し、そのサイトがあなたの興味にマッチした広告を表示するようにするのだ。

    Google によると『Chrome はユーザーが関連するトピックを見ることができ、削除することも可能だという。Google は、Topic に参加したいかどうかをユーザーに尋ねているわけではなく、Chrome を所有しているという事実を利用して、ユーザーに参加を強制し、希望すればそれをやめることができるようにしているだけ』なのだ。それは妥当に感じられるが、(意図が隠されており、誰も問題には気付かず、オプトアウト手法も面倒などで)そんなことをする人はほとんどいません。Google はそれを熟知している。

    さらに重要な事は、Google がウェブブラウザに対する人々の考え方を根本的に変えようとしていることです。理論的には、このユビキタスなソフトウェアは、インターネット上の事実上無限に広がるコンテンツにアクセスするための窓に過ぎない。ブラウザの本質は、より優れた標準やフォーマットをサポートし、広告を完全にブロックする拡張機能などのユーティリティを追加することで、ユーザー体験をより良いものにしようと競い合っています。
    例えば「Safari」と「Brave」では、すでにサードパーティーのクッキーを完全にブロックすることができ、広告のターゲットにする別の方法があるはずだという留保もせずに(サードパーティーのクッキーを完全にブロックする機能を)実装済みです。どちらのブラウザも FLoC をサポートする予定はなかった。

  • owl
    owl
    投稿数: 482件

    前段の続き:
    『根底にあるのは、人々の興味や行動に関する情報を、広告主やトラッカー、その他プライバシーを敵視するウェブ上の人々と共有しようという Google の主張です』と、Brave のプライバシー担当ディレクターであるピーター・スナイダーは声明で述べた。(Apple、Brave)これらの団体は、あなたに関するそのような機密情報を知るためのビジネスも権利も持っていないのです。

    結局のところ、Google が Chrome を見る目が変わったこと >> Chrome はユーザーにサービスを提供するツールではなく、若干プライバシー保護的な方法ではあるが、広告主にユーザーを提供するツールであるということ << は、悪い兆候である。それはまた、最終的にChromeを完全に見捨てる最高の理由でもあります。
    *** 無料版のDeepL翻訳(www.DeepL.com/Translator)で翻訳しました。 ***