アンインストール とは

ソフトをインストールしたものの不要になった場合、そのソフトを削除することができます。
ソフトを削除することをアンインストールと呼びます。
アンインストールは表記等が若干違う程度で、基本的にどのWindows のバージョンでも同じ手順です。

ソフトを削除する / アンインストールする方法

下記の手順でインストールしたプログラムの削除、アンインストールができます。

Windows 10 の場合
  • スタートボタンをクリックし、プログラムを右クリックして「アンインストール」
  • スタートボタンを右クリック⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

Windows 8/8.1 の場合
以下のいずれかの方法でアンインストールできます。
  • メトロ画面のアプリ一覧から「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」
  • メトロ画面のアプリ一覧から削除したいアプリを右クリックして「アンインストール」をクリックする
  • スタートボタンを右クリック⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

Windows Vista/7 の場合
「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

Windows XP の場合
「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムの追加と削除」

Windows Me/2000 の場合
「スタート」⇒「設定」⇒「コントロールパネル」⇒「アプリケーションの追加と削除」



<アンインストールする方法>

アンインストール手順を詳細を追って解説します。

【Windows 10】- スタートメニューからアンインストールする

Windows 10 Anniversary Update 後、スタートメニューを開くとアプリも表示されるようになっています。
アプリの右クリックメニュー「アンインストール」から削除できます。

【Windows 10】- コントロールパネルからアンインストールする

スタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル画面が表示されます。
「プログラムのアンインストール」をクリックします。

「プログラムのアンインストールまたは変更」画面から削除できます。



【Windows 8/8.1】- メトロ画面からアンインストールする

Windows 8/8.1 の場合、メトロ画面から「プログラムのアンインストール」を開くことができます。
メトロ画面下の↓アイコンをクリックします。

アプリ一覧が表示されます。

画面を右にスクロールさせて削除したいアプリを右クリックすると、画面下にメニューが表示され、「アンインストール」項目が表示されます。

プログラムのアンインストールから削除できます。


【Windows 8/8.1】- 他にもある、アンインストール手順

メトロ画面上でアプリを右クリックして「アンインストール」をクリックする以外にも、アプリ一覧の右側には「コントロールパネル」があるので、そこからアンインストールも可能です。

コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」をクリックから「プログラムのアンインストール」ウィンドウを表示でき、そこから削除できます。


また、Windows 8.1/10 の場合は、デスクトップ画面のスタートボタンを右クリックして、そこからコントロールパネルの表示が可能です。


■【Windows Vista/7】- スタートメニューからアンインストールする

Windows Vista/7 の場合、デスクトップ左下のスタートをクリックし、表示されたメニューの中からコントロールパネルをクリックします。
スタートメニュー

コントロールパネルの中から、プログラムのアンインストールをクリックします。
コントロールパネル

プログラムリスト(インストールされているソフト)一覧が表示されます。
プログラムリスト一覧

この画面が表示されたら削除したいソフトを選び、右クリックしてアンインストールをクリックすれば、不要なソフトを削除することができます。

ソフトによっては「削除しますか?」というダイアログウィンドウが表示されるので、「はい」または「OK」を選んでクリックします。

ソフトによっては削除完了時に再起動(リブート)が必要となり、「いますぐ再起動しますか?」というダイアログウィンドウが表示されるので、すぐに再起動可能なら「はい」または「OK」をクリックして再起動しましょう。


※ 関連するソフトウェア : 無料アンインストール支援