仮想マシン、バーチャルPCとは

仮想マシン(仮想PC)とは Windows 上で別のOSを動かすことができるソフトウェアです。通常のアプリケーションのようにウインドウ内で別のOSが動くというエミュレータのような形をとっていますが、パーティションの割り振り、IPアドレスの付与など通常のOSとなんら変わりない形で利用することができます。

仮想PCのメリットとしては、画面がフリーズしたり、OSに不具合が発生した場合などの何かしらのトラブルがあった場合に仮想PCを終了させればよいだけ、ということがあげられます。通常のOSのインストールだと直に電源を切って強制終了させなければならないところを、仮想PCを終了させるだけと、簡単に終了させることも可能です。

もしOSのインストールに失敗したり、OSに不具合があっても、もとのOSである Windows は安定しており、簡単に再インストールを実現させることができます。さらに仮想PCを動かしている間に、他のウインドウを開いて別の作業をすることもできるのも仮想PCならではのメリットです。

デュアルブートだと、パーティションの切り直しが必要になるなど多少なりとも専門的な知識が必要になり、OS自体を再インストールしなければならない場合もあります。しかし、仮想PCなら専門的知識も必要なく、現在のOS、保存しているデータをそのまま残したまま、別のOSを稼動させることができます。

仮想PCでは、Windows、Linux などインストールしたいOSをインストール可能。作成中のソフトウェアの実験台にしたり、Linux を使った環境構築、オープンソースを用いたシステム設計など勉強用の環境としても最適です。

フロッピーディスクやCDドライブ、DVDドライブなどのドライブをイメージファイルとして利用できるため、CDドライブがない、フロッピードライブがないようなメディアドライブを1つも実装していないPCにおいても Linux など無償配布されているOSのインストール、利用ができます。

icon
参考
icon
関連ツール

無料仮想マシン、バーチャルPC配布サイト

バーチャルボックス

  • 海外
  • 日本語対応
VirtualBox

仮想的にOSをインストールできる仮想PCソフトウェア。VirtualBoxは海外で配布されているソフトウェアですが、日本語にも対応しています。
仮想PC上でUSB機器が利用できるのがVirtualBox最大の特徴。Windows Vistaで認識できないUSB機器でも、仮想PC上にWindows XPをインストールすればVistaで認識できなかったUSB機器を利用できたりします。インストールはウィザード形式で、OSの選択、メモリー量の設定、HDDイメージの選択などを行い、簡単にインストールができます。
仮想ハードディスク作成後はひとつのマシンで複数のOSを使用・管理する事が可能です。作成した仮想ハードディスクのOSは一時停止もできるので、その都度シャットダウンする必要はありません。そのOSの状態も一目でわかるので便利。

ユーザーの評価
2.50
評価数
2件
対応OS
Windows NT/2000/XP/2003/Vista/7/8, Mac, Linux, Solaris
提供元
Oracle Corporation
セキュリティソフト

ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト…

パソコンを便利にするフリーソフト
Webサービス

辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト…

コミュニティ

フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ…

USBメモリー活用ツール

USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト…

Google提供サービス一覧

Google検索を使いこなそう!、Googleの検索コマンドや裏技など、Google Earthで世界旅行!…

フリーソフト、無料サービス特集

フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事…

ホームページ作成支援

サーバー、掲示板、メールフォーム、アクセスカウンター、ホームページ素材、テンプレート素材…

SEO・アクセスアップ

SEOツール、サイト診断、相互リンク管理、ブログアクセスアップ…

ページトップに戻る