世界で最も利用されているオフィスソフト

Microsoft Office 2016

Microsoft Office 2016
  • シェアウェア
  • 体験版✕

ダウンロード購入する

ユーザーの評価:
4.50

レビューを見る(評価数:2 件)

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012

Windows を開発・提供している Microsoft によるオフィスソフトです。文書ソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンソフトの「PowerPoint」、メールやスケジュール管理できる「Outlook」、アイデアや情報をノートにまとめられる「OneNote」を利用できます。Word ではドキュメント作成・編集だけでなく、PDFの編集・保存も可能です。
期限切れのない「買い切り」タイプ、最新バージョンをいつでも利用できる「更新」タイプ(Office 365 Solo)が販売されています。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアです。
※ 購入するエディションによって利用できる製品が異なります。

3分でわかる Office 365 の魅力

Microsoft Office 2016 の使い方

ダウンロード

次の方法で入手します。
  • Office 搭載パソコン
  • パッケージ製品を購入
  • ダウンロード製品を購入

購入先

次のようなオンラインストアで購入できます。

パッケージソフト

Microsoft Office にパッケージされているのは、次のソフトです。
  • Word Word(ワード) … ワープロソフト
  • Excel Excel(エクセル) … 表計算ソフト
  • PowerPoint PowerPoint(パワーポイント) … プレゼンテーションソフト
  • Outlook Outlook(アウトルック) … メールソフト
  • OneNote OneNote(ワンノート) … メモソフト
  • Publisher Publisher(パブリッシャー) … 簡易DTPソフト
※ 購入するエディションによってパッケージされるソフトは異なります。

ユーザーレビュー

  • 4

    ソフト評価を(4)にしたのは、ファイルをダブルクリックして起…

    usericon のっぽ(62)Windows 10

    ソフト評価を(4)にしたのは、ファイルをダブルクリックして起動し、作業してから保存しようとする瞬間、動作停止しましたとエラー表示します。これには本当にがっくりします。Microsoftのサポートサイトで事例をみても、ドンピシャリの改善策は無い。
    やむを得ず、改善策としてPolarisOfficeを使い始めた。これは動作停止など一度もなく、安定性に満足、ファイル互換も特に問題なにので、microsoft製オフィスで作ったこれまでの所産がそのまま活かせることができる。

  • 5

    色々無料のOffice Suitesを利用してきましたが、や…

    usericon まずまず(206)Windows 10

    色々無料のOffice Suitesを利用してきましたが、やはり使用感も含め、総合的に本家には適わないと思います。
    あと、携帯やタブレット端末にもMicrosoftOffice APPを導入しているので、OneDirveやGoogleDriveを利用したシームレスな使い方もできていますので、導入する価値はあると思います。
    あと、仕事上グループでファイルを共有した使い方もしているのも、導入した結果にあります。

    尚、無償版Offcieでは4台中2台に導入しているLibreOfficeも、難があるものの十分耐えうる範囲内になってきていますので、無償Office Suiteとしてお勧めできます。
    ただ、仕事上では、やはり本家Officeがリーダー的存在である為、無償Officeの利用は若干憚れます。
    簡単な資料作成程度で、相手に資料を送る事が少ない場合は無償版Office Suite、フォーマットずれを気にする方や、凝った利用をする方は本家Officeの導入をお勧めします。

  • 5

    Windows10導入にあたり、Microsoft Offi…

    usericon まずまず(206)Windows 10

    Windows10導入にあたり、Microsoft Office2013よりOffice365永久ライセンス版に更新し、メインPCには最新バージョンのOfficeを導入しています。
    仕事上、OneDriveを介してファイルの共有等の機能は非常に役立っています。
    (但し、ファイルの共有はOneDrive上のファイルのみ)

    互換性は勿論ですが、Office2016から非常にクラウド利用を意識した作りになっています。
    私も、今回からOneDriveとGoogleDriveを利用していますが、特にUSB端子が備わっていないタブレットやスマホでは、OneDriveかGoogleDriveのどちらかを介してすると、非常に便利と思います。
    (クラウド利用もWifi等の状況に左右されやすいので、ある程度のリスクヘッジも必要になりますが)

    尚、GoogleDriveをOfficeで利用する際は、プラグインが必要になりますので、下記のサイトからプラグインをダウンロードして下さい。
    ■GoogleDrive プラグイン
    https://tools.google.com/dlpage/driveforoffice?hl=ja