オンラインバンキングに対応し、3,000種以上の品名を標準で備えた高機能家計簿ソフト

Money通帳

Money通帳

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:1

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

3,000種以上の費目でかなり詳細に分類でき、例えば肉を買った場合は食費→肉類→豚肉→豚バラ、のように細かな費目まで設定できるので、シッカリ家計簿をつけたい人にとってはうれしい機能です。オンラインバンクの明細表の取り込み機能が用意されており、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、楽天銀行住信SBIネット銀行などのOFXファイル、CSVファイルのデータの取り込みが可能。予算の設定、集計表による月ごと、期末ごとの収入・支出・予算-実績の一覧、収入・支出のグラフ表示、カレンダーによるスケジュール管理、パスワード保護など多彩な機能を備えています。

提供元:
※ インストール時に Yahoo!ツールバーのインストールを推奨されます。不要な場合は「Yahoo!ツールバーをインストールしない」を選択することで回避できます。

Money通帳 の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルから(mbSetup192.exe)インストールします。
    ※ インストール時に Yahoo!ツールバーのインストールを推奨されます。不要な場合は「Yahoo!ツールバーをインストールしない」を選択することで回避できます。

使い方

毎日の収入、支出の付け方

  1. 本ソフトを起動し、「家計簿をつける」画面(起動直後の画面)を表示します。
  2. 左側の費目「食費、生活用品、衣料・美容、医療・健康、交通・通信、水・光熱費…」などの項目をクリックするか、右側の何も表示されていない場所をダブルクリックすると、「家計簿データの編集」画面が表示されます。
  3. 品名を選択し、金額、数量、メモ、お店を設定して「登録」ボタンをクリックすると、家計簿として登録できます。

固定支出の設定方法

  1. メニューバーの「編集」⇒「固定費の編集」をクリックします。
  2. 「固定費の管理」画面が表示されます。
    「固定費の新規作成」ボタンをクリックします。
  3. 「固定費の作成・編集」画面が表示されます。
    品名、金額、数量、入出金口座、月、日、休日移動等を設定し「設定」ボタンをクリックすると固定費の設定ができます。

対応しているネットバンク

下記の金融機関のOFX形式、CSV形式の明細に対応しています。
「家計簿をつける」画面下の「電子明細表のWeb取込」ボタンから取り込むことができます。

OFX形式(Microsoft Money形式)
● 銀行、信用金庫
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、西武信用金庫、京都中央信用金庫 など
※ 主要な地方銀行はほとんど対応してるようです。
● クレジットカード
JCBカード、三井住友VISAカード、三菱UFJニコスカード、UCカード、アメリカン・エキスプレス、イオンカード、ソニーカード など

CSV形式
楽天銀行ジャパンネット銀行ソニー銀行住信SBIネット銀行

※ その他にもまだまだ詳細な設定が可能です。
詳細は提供元サイトのオンラインヘルプにてご確認ください。

ユーザーレビュー

  • 4

    とても使いやすいですし、高機能です。フリーウェアなのにここま…

    usericon たいへい(1)Windows 7

    とても使いやすいですし、高機能です。フリーウェアなのにここまで便利だと星五つ出してもいいかなと思います。

    但し、
    貸借(簡単な簿記)の概念が無いと銀行口座等の管理が難しいかもしれません。

    また、
    カードの引き落としは、例えば月末締め翌々月4日払いとなっていても、支払月がずれる場合があります。
    それを、支払毎にメンテナンスできないのが減点です。
    支払月がずれた場合は使用日をその該当する月の初日にして備考に使用日を記載していますが、ちょっと気持ちが悪い気がします。また、遡って入力するとカード残高が変になることがあり、いろいろ修正を試む必要があります。(使い方が悪いのかもしれませんが)