PDFに文字入れ、ハイライト表示、取り消し線、付箋、矢印や多角形の挿入などのちょっとした編集を行える PDF-XChange Viewer の後継ソフト

PDF-XChange Editor

PDF-XChange Editor
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.50

レビューを見る(評価数:2 件)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
記事更新日:
2017/03/09 - バージョン: 6.0.321.0

ちょっとしたPDF編集機能を備えたPDFリーダー&エディターソフトです。開発終了した PDF-XChange Viewer の後継ソフトで、ほぼ同等の機能を使うことができます。PDFをブラウザーのようにタブ形式で複数開くことができ、テキスト選択、手のひらツール、回転、ページ幅に合わせて表示、ズーム、ブックマーク表示、サムネイル表示、見開き表示、連続表示などの基本的な閲覧機能を用意。ドラッグして選択した範囲や1ページまるごとを画像としてクリップボードにコピーできるスナップショットツールも利用できます。
テキスト内容の編集機能はライセンスの購入が必要となりますが、タイプライター、テキストボックスなどのツールを使ってちょっとした文字入れは可能です。その他に、吹き出し、強調(ハイライト)、下線、付箋、ファイル添付、サウンド添付、オブジェクト(ライン、矢印、楕円形、矩形、ポリゴン…)、スタンプ、鉛筆などのツールを利用して編集できます。

提供元:
※ 「コンテンツの編集」、「テキストを追加」、「フォームを追加」などの機能はライセンス購入しない場合は評価版としての利用となり、保存時にDEMOスタンプが追加される制限があります。
※ 印刷するとPDFに変換できる仮想プリンターの「PDF XChange Printer Lite」が同梱していますが、ライセンスを購入しない場合は変換したPDF上部にDEMOスタンプが追加される制限があります。

PDF-XChange Editor の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「PDF-XChange Editor」項目下の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ 「Download」ボタンの「▼」をクリックして、「Editor Portable Version」を選択すると、USBメモリー等で持ち運びできるポータブル版をダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(PDFXVE6.zip)を解凍し、セットアップファイル(PDFXVE6.exe)からインストールします。
    ※ インストール時は英語表記ですが、ソフトは日本語で利用できます。

使い方

PDFを閲覧する

本ソフトを起動し、次の方法でPDFを開いて閲覧できます。
  • ツールバーの「開く」をクリックする
  • メニューバーの「ファイル」⇒「開く」から次のいずれかを選択する
    ・マイコンピュータ
    ・URLから開く
    ・SharePoint
    ・Dropbox
    ・Google Drive

ページレイアウトを変更する
ページレイアウトツール 画面右下のページレイアウトツールから左から順に次のように表示を変更します。
  • 単一ページ
    ページを単一で表示します。
  • 連続
    ページを連続で表示します。
  • 見開き
    2ページを見開きで表示します。
  • 見開き連続表示
    2ページを見開きで連続で表示します。

ブックマークやサムネイルを表示する
画面左下の「オプション」ボタンをクリックしてブックマーク、サムネイル表示などのドキュメントオプションを利用できます。

ツールバーやメニューバーを非表示にする
メニューバーの上かツールバーの上で右クリックすると、ツールバーメニューが表示されます。
コメント、コンテンツの編集、ズーム…などのチェックをすべて外すと、すべて非表示となり、スッキリした画面表示になります。

元に戻すには、[Ctrl] + [E] キーでツール―バーの「プロパティ」を表示し、ツールバー上で右クリックしてツールバーメニューを表示して再度チェックを入れることで元に戻すことができます。

基本的な機能

ツールバーの各種ツール - 閲覧
閲覧
左から順に次のツールを利用できます。
  • アンドゥ(元に戻す)
    編集した内容を一つ元に戻します。
  • やり直し
    元に戻した内容を一つやり直します。
  • 手のひらツール
    ドラッグしてページを上下左右に移動します。
  • テキスト選択ツール
    ドラッグしてテキストを選択します。
  • スナップショットツール
    ドラッグして選択した範囲か、ページをクリックしてページ全体をクリップボードに画像としてコピーします。
  • 反時計回り
    反時計回り(左90度)に回転します。
  • 時計回り
    時計回り(右90度)に回転します。
  • 実際のサイズ
    倍率100%で表示。
  • ページを合わせる
    1ページが縦横に入りきるように表示を調整します。
  • 幅を合わせる
    横幅ピッタリに表示するように調整します。
  • 倍率
    ドロップダウンメニューから選択するか、直接入力して表示倍率を調整します。

ツールバーの各種ツール - 編集
編集
左から順に次のツールを利用できます。
  • タイプライター
    テキストを入力します。
  • テキストボックス
    テキストボックスを作成しテキストを入力します。
  • 吹き出し
    吹き出しを作成しテキストを入力します。
  • 強調
    ドラッグして選択した範囲を強調表示(ハイライト表示、蛍光ペン表示)にします。
  • 取り消し線
    ドラッグして選択した範囲に取り消し線(打消し線)を引きます。
  • 下線
    ドラッグして選択した範囲に下線を引きます。
  • 付箋
    付箋を追加します。
  • ファイル添付
    ファイルを添付します。
  • サウンド
    録音するか音声ファイル(WAV / AIF / AIFF / MP3)を添付します。
  • 各種オブジェクト
    各種オブジェクト(ライン、矢印、楕円形、矩形、ポリライン、ポリゴン、雲形)を追加します。
  • スタンプ
    各種スタンプ(Confidential、Draft、Final、Sold…)を追加します。
  • 鉛筆
    フリーハンドで描画します。
  • 消しゴム
    鉛筆ツールで描画した内容を消します。
  • 距離測定ツール
    2点間の距離を測定します。
  • 領域測定ツール
    オブジェクトの領域を測定します。
  • 周囲測定ツール
    オブジェクトの周囲を測定します。
※ 「コンテンツの編集」、「テキストを追加」、「フォームを追加」などの機能はライセンス購入しない場合は評価版としての利用となり、保存時にDEMOスタンプが追加される制限があります。

ユーザーレビュー

  • 4

    動作に問題はなく安定して利用できた、フリーでは一部の機能が …

    usericon watarin(18)Windows 10

    動作に問題はなく安定して利用できた、フリーでは一部の機能が
    使えない為、アイコンのマークが表示される、どの機能が対象
    なのか親切に表示されていました。

  • 5

    文字表示もしっかりし、操作のしやすさ(Excel風)です。 …

    usericon takao(38)Windows 10

    文字表示もしっかりし、操作のしやすさ(Excel風)です。
    間違いなくお薦めのソフトと思います。