POP3 / IMAP4 に対応したメールソフト

Sylpheed

Sylpheed

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.90

評価数:21

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X, Linux
記事更新日:
2016/09/11 - バージョン: 3.5.1

3ペイン表示で使用感はBecky!に近く、動作は軽快。フィルタリングによるメールの振り分け、学習型の迷惑メール対策、SSL通信、PGPによる電子署名・暗号化、IPv6、APOP認証、SMTP AUTH、CRAM-MD5認証など様々な機能を備えているなど、世界29カ国で翻訳・使用されているソフトウェアです。

提供元:

Sylpheed の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「インストーラ版」または「zipアーカイブ版」のリンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ ここでは「zipアーカイブ版」をダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(sylpheed-3.5.1-win32.zip)を解凍し、sylpheed.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

初期設定(メールボックスの保存場所と新規アカウント作成)

初回起動時にウィザード形式で初期設定を行います。
  1. 本ソフトを起動すると、最初に「メールボックスの設定」画面が表示されます。
    メールボックスの保存場所を設定できます。USBメモリーにインストールして利用する場合は、「メールボックスを以下の場所に作成する」を選択して、メールボックスの保存場所をUSBメモリー内に指定しておきましょう。
  2. 「新規アカウントの作成」ウィンドウが表示されるので、アカウントのタイプ(POP3 / IMAP4 / POP3(Gmail) / IMAP4 (Gmail))を選択して「進む」ボタンをクリックします。
  3. 名前とメールアドレスを入力して、「進む」ボタンをクリックします。
  4. ユーザID、POP3サーバ、SMTPサーバを入力して「進む」ボタンをクリックします。
  5. 新規アカウントの作成完了画面が表示されます。「閉じる」ボタンをクリックします。
    ※ 後からでも、メニューの「設定」⇒「新規アカウントの作成」から新規アカウントの作成を行えます。

ユーザーレビュー

  • 5

    普段使いでなく、WEBメールの保存目的で使用してみました。P…

    usericon maint1010(1)Windows 10

    普段使いでなく、WEBメールの保存目的で使用してみました。PCのメンテを請け負っている顧客から、メール契約の変更にともないメールが消えるのでWEBメールの保存方法を相談されました。そのWEBメールは送信箱をエキスポートすると、ファイルタイプ mbx のファイルが作られるのですが、Outlook や Thunderbird ではこのファイルをインポート不可でした。しかしこのソフトでインポートしたらメール履歴が読み込めるようになりました。この目的が達成されたということで★(5)にしました。

  • 1

    以前まで使用していたメールソフトの文字表示のモジュールの不都…

    usericon Nary(1)Windows 7

    以前まで使用していたメールソフトの文字表示のモジュールの不都合で乗り換えました
    他のメールソフトも評価した結果です
    探していたもの
    1.1メール1ファイル
    2.完全独立管理できるアカウント
    マルチアカウント設定して使っているが受信箱以外は独立設定できない
    送信控え、草稿、送信待ち、ゴミ箱などもすべてアカウント毎に設定したかった
    今までのソフトは、アカウント毎完全独立環境が設定できてよかった
    これができるソフトはないか?探しています
    いまは面倒ですが、とりあえず手動管理しながら使っています

  • 5

    Thunderbirdも機能拡張しながら良い感じに使っていた…

    usericon KANE_Q(1)Windows 7

    Thunderbirdも機能拡張しながら良い感じに使っていたのですが、時々送信できない症状があり(何度かキャンセル/送信を繰り返していると送信できる)、ストレスを感じてきてSylpheedに乗り換えました。
    送信問題も無くなったし、非常に軽快でノンストレス。いいです。

Sylpheed に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 23 件)