イナズマ線付きのガントチャートを作成できるExcelマクロ

taskline

taskline

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows

Microsoft Excel でガントチャート式のスケジュール表を作成するマクロです。プロジェクトの開始日と終了日を指定するとワークシート上にカレンダーが自動で作成され、期間を設定したタスクのドラッグ&ドロップでカレンダー上にバーが表示されます。ガントチャート作成でニーズが多いイナズマ線(各タスクの遅れ具合・進み具合を表す折れ線)にも対応しています。

提供元:

taskline の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」の項目から「tasklineV31.zip」リンク(Excel 2010の場合)または「tasklineV22.zip」リンク(Excel 2000/2003/2007 の場合)をクリックします。
  2. ダウンロードした「tasklineV31.zip」ファイルまたは「tasklineV22.zip」ファイルを解凍します。

使い方

新規プロジェクトの作成
  1. ダウンロードした ZIP ファイルの解凍先フォルダーを開きます。
  2. 「tasklineV31.zip」をダウンロードした場合は、「taskline.xlam」ファイル、「tasklineV22.zip」をダウンロードした場合は、「taskline.xla」ファイルをダブルクリックします。
    Microsoft Excel が起動します。
    「セキュリティに関する通知」ダイアログボックスが表示された場合は、「マクロを有効にする」ボタンをクリックします。
    ※ 上記ダイアログボックスのタイトルは、Excel のバージョンによって異なります。
  3. Excel ウィンドウの「アドイン」タブを選択します。
    ※ Excel 2007以降のUIで説明しています。
  4. 「ユーザー設定のツールバー」の 新規プロジェクトの作成 をクリックします。
  5. 「新規プロジェクトの作成」ダイアログボックスで以下のように設定します。
    ・プロジェクトの開始日を、カレンダーの日付から「開始日」の欄にドラッグ&ドロップします。
    ・プロジェクトの終了日を、カレンダーの日付から「終了日」の欄にドラッグ&ドロップします。
  6. 「OK」ボタンをクリックします。
  7. 「休日設定」ダイアログボックスで、休日にする曜日にチェックを入れます。
    ※ デフォルトで日曜日と土曜日にチェックが入っています。
  8. 「OK」ボタンをクリックします。
  9. 「インデント設定」ダイアログボックスで、タスクに階層を付ける場合の書式を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
  10. 「スタイル選択」ダイアログボックスで、見出し行やセルの色のスタイルを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    日付の入ったプロジェクトシートが作成されます。

プロジェクト名の入力
「プロジェクト」シートの「B2」セルに、任意の名前を入力します。
※ 「B2」セルには、デフォルトで「○○プロジェクト」と入力されています。

タスクの入力
10行目からタスクのスケジュールを入力します。
※ プロジェクトシートの5行目~8行目は、大枠の日程やマイルストーンなどを、手作業で入力するエリアです。詳しくは解凍先フォルダーにある「操作説明.xlsx」または「操作説明.xls」の「サンプル」シートを参照してください。

  1. 「作業タスク」、「期間」を入力します。「担当者」の入力は任意です。
    例えば「期間」に「10」と入力してEnterキーを押すと、「10.0日」と表示されます。
  2. 必要なだけ、タスクを入力します。
  3. 「ユーザー設定のツールバー」の 開始日・終了日設定 をクリックします。
    「開始日・終了日設定」ダイアログボックスに、タスクの一覧が表示されます。
  4. 「開始日・終了日設定」ダイアログボックスから、タスクをカレンダー上にドラッグ&ドロップします。
    ドロップした位置と期間をもとにして、カレンダー上にタスクのバーが表示されます。

タスク名のインデント
タスクに階層を付けたい場合は、タスク名を入力したセルを選択し、Excelウィンドウ左端の「+」ボタンをクリックします。タスク名が右にインデントされます。
※ 「-」ボタンをクリックするとインデントが取り消されます。

進捗の入力
各タスクの「進捗」欄に、進捗を百分率で入力します。
例えば「20」と入力してEnterキーを押すと、「20%」と表示されます。

イナズマ線の作成
  1. 「ユーザー設定のツールバー」の ガントチャート描画 をクリックします。
  2. 確認メッセージが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
  3. ダイアログボックスに報告日を「YYYY/MM/DD」の形式で入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    ガントチャートにイナズマ線が表示されます。
  4. 「レポート」ダイアログボックスの「閉じる」ボタンをクリックします。

イナズマ線の更新
進捗が進んでからイナズマ線を更新するには、上記1~4の手順を再度実行します。
イナズマ線履歴表示切替 をクリックすると、以前のイナズマ線の表示・非表示を切り替えることができます。以前のイナズマ線は白抜きで表示されます。

手書きエリアの入力
プロジェクトシートの5行目~8行目は、大枠の日程やマイルストーンなどを、手作業で入力するエリアです。書き方の例は、解凍先フォルダーにある「操作説明.xlsx」または「操作説明.xls」の「サンプル」シートにあります。
手書きエリアでは、図形やテキスト枠などを使ってスケジュールのバーを引いたり、マイルストーンの記号を配置したりできます。

ガントチャートの保存
作成したガントチャートは、「名前を付けて保存」を選択し、Excel ブック(XLSXファイルまたはXLSファイル)として保存します。

ガントチャートの再編集
ガントチャートを保存して Excel を終了したあと、ガントチャートを編集するには、以下の順序でファイルを開きます。

  1. 「taskline.xlam」ファイルまたは「taskline.xla」ファイルをダブルクリックします。
  2. ガントチャートを保存した Excel ブックを開きます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?