Microsoft Exchange Server のエラーを解決し、データベースファイル(EDB)を復旧するソフト

EaseUS Exchange Recovery のアイコン

EaseUS Exchange Recovery
  • 海外
  • 日本語✕
  • 法人向け
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows Server 2008/2011/2012/2016
バージョン:
1.0(2019/05/17)

Microsoft Exchange Server のトラブルによって予期せぬクラッシュによるアクセス不可、データの破損などからデータを復元するソフトです。
次の機能を備えています。

  • Eseutil PowerShellコマンドに失敗した時のデータベースの修復
  • アンマウント/Offline EDB メールボックス復旧
  • 予期せぬExchange Serverクラッシュからの復旧
  • 予期せぬシャットダウン後のデータ復元
  • Granular Exchange復旧
  • Live Exchange Serverへのエクスポート
  • 自由自在にExchange Server メールボックスの内容を選択・復元
  • 復旧前のプレビュー機能
提供元:
● 対応ソフト : Microsoft Exchange Server 2010/2013/2016/2019
※ 初版リリースから一定期間は「無料ダウンロード」ボタンクリック時に製品版ライセンスを無償で取得できます。突然終了している場合がありますのでご注意ください。

EaseUS Exchange Recovery の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(exchange_recovery.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    メイン画面左の Search をクリックします。
  2. 「Search」画面が表示されます。
    スキャン対象のドライブを選択し、画面左下の「Scan」ボタンをクリックします。
  3. スキャンが終わるとEDBファイルを検出します。
    解析したいファイルをクリックして選択し、画面右下の「Analyze」ボタンをクリックします。
  4. 検出されたデータが一覧表示されます。
    復元したいファイルにチェックを入れ、画面左下の「Recover」ボタンをクリックして復元します。

更新履歴

Version 1.0 (2019/05/17)
  • 初版

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?