押したキーを表示できるキーボード表示ソフト

kbv

kbv

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/7/10
記事更新日:
2017/03/01 - バージョン: 4.1.1.2

キーボードを表示していま押したキーがどの配置のどのキーなのかがわかるようにできるソフトです。キーボード+テンキーの表示をいずれかのみ表示することも可能。キータイプの学習用としても利用できます。ソフトウェアキーボードにも対応し、マウス操作でのキー入力にも対応。キー配置の入れ替え、同一キーを複数並べることもできるため、ソフトウェアキーボードとして利用する際、よく使うキーを使いやすいように配置させて利用することもできます。

提供元:

kbv の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(kbv4112.zip)を解凍し、kbv.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとキーボード画面が表示されます。
キーを入力すると赤色になって押しているキーを表示します。

キーボードを移動する
画面左端、または右端をドラッグして移動できます。

キーボードの大きさを変更する
画面端の角にある■の部分からドラッグして、キーボードサイズを任意のサイズに変更できます。

ソフトウェアキーボードを利用する

画面左にある「s」ボタンをクリックすると、「a」ボタンが赤色表示となり、ソフトウェアキーボードが有効になります。
もう一度「s」ボタンをクリックすると、ソフトウェアキーボードが無効になります。

キー配置を編集する

キー配置を編集する
画面左にある「e」ボタンをクリックすると、キー配置の編集が有効になります。
一つのキーをクリックして赤色にした後、もう一つのキーをクリックすると、クリックした2か所のキーが入れ替わります。
また、一つのキーをクリックして赤色にした後、もう一つのキーの上で右クリックすると、最初に赤色にしたキーが右クリックしたキーに複製(コピー)されます。

編集したキー配置をリセットする
画面左にある「o」ボタンをクリックしてオプション画面を表示し、「key initialaize」ボタンをクリックするとキー配置が初期化されます。
また、kbv.exe と同じ場所に作成される kbv.ini を削除するとキーボードサイズなどを含めたすべての設定がリセットされます。

表示するキーボードを変更する

画面左の「c」ボタンをクリックすると、キーボードレイアウトを切り替えられます。
  • 1回クリックするとメインキーのみの表示
  • もう一度クリックするとテンキーのみ表示
  • もう一度クリックすると「free keyboard viewer」のメッセージ表示
  • もう一度クリックすると最初のメインキー+テンキーの表示

本ソフトを終了する

画面左の「x」ボタンをクリックすると、本ソフトが終了します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?