ブルーライトカットソフトとは

パソコンの液晶ディスプレイから発光されているブルーライトをカット・防止できるソフトです。ソフトを利用することで、ディスプレイにフィルターとなるフィルムを貼ったり、専用メガネをかけたりしなくても、一定の効果を発揮します。

ソフトウェアで制御できるため、暗くなりすぎる、明るすぎるといった弊害なく、まわりの明るさや目の状態に合わせてカット率を調整することが可能。フィルムの交換やレンズの交換といった将来の出費もありません。

パソコンから出ている光に含まれる青色光(=ブルーライト)は有害と言う説もあり、最近目に負担がかかっている気がする…と言った方は、一度ブルーライトを除去できるソフトを試してみるのも良いかもしれません。

参考
関連ツール

無料ブルーライトカットソフト

エフラックス

f.lux

4.53
(15件)
  • 海外
  • 日本語✕
時間帯に合わせて色温度を調整し、目を保護できるフリーソフト。

日中の明るい時間帯は見やすいように弱めに、夕方から夜にかけては強めにして色温度を調整し、見やすさを保ちつつ目を保護できます。ブルーライトを減らすため、画面は黄色味がかって見えますが、しばらく見ていると慣れてきます。実際の色合いがわかりづらくなるため、デザインを確認するために解除したい場合があれば、1時間だけ無効にする設定やソフト自体を終了することで元の状態に戻すことができます。

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X, Linux, Android
提供元:Flux Software LLC
チョウブルーライトサクゲン

超ブルーライト削減

3.67
(3件)
  • シェアウェア
  • 体験版○
サーカディアン・リズム(体内時計)に合わせてブルーライト削減率を調整し、目や体を保護するソフト。

ブルーライトをカットし、目や体に優しいディスプレイに設定できるソフトです。初期設定ではブルーライトを減らしてイエローベースの画面となりますが、ピンクベース、グリーンベース、グレーベースにも変更できます。ホットキーによる ON/OFF 設定に対応しているため、状況に応じて素早く ON/OFF が可能です。サーカディアン・リズム(体内時計)にあわせて、日中より夜間の方がブルーライトを減らすように自動調整する設定が用意されているほか、アラーム設定が用意されており、就寝2時間前にアラームを表示して安眠できるように促してくれます。

※ 本ソフトはシェアウェアですが、7日間無料で試用できます。
対応OS:Windows Vista/7/8/8.1/10
サンセットスクリーン

SunsetScreen

0
(0件)
  • 海外
  • 日本語✕
1日の時間帯に合わせてディスプレイの明るさを自動調整しブルーライトをカットしてくれるソフト。

ディスプレイから発行されるブルーライト(青色光)は、生体リズムの調整作用であるメラトニンの分泌に影響を与え、快適な睡眠を阻害する可能性を高めてしまいます。本ソフトによってブルーライトをカットし、適切な画面の明るさになるように調整できます。
本ソフトは日の出、日没時間を設定し、日中、夜間の画面の明るさを自動で調整。明るさはプリセット(1850K~6600K)から選択可能。「Running」のチェックを外すか、[Ctrl] + [/] キーを押すと本ソフトのオン/オフを切り替えることができます。

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
提供元:Daniel White
ニョイスクリーン

如意スクリーン

3.00
(1件)
ディスプレイの設定以上、画面の色を暗く調節できるソフト。

ディスプレイの輝度の限界まで下げているのに眩しく感じられる場合、本ソフトを利用することでディスプレイの明るさを調整し、暗くすることができます。本ソフトを起動すると、黒ベースで画面全体を暗くします。色のベースを黄色ベースに変えることでブルーライトをカットしたり、強さを調整して色のベースをより強くしたりすることも可能です。

※ Vista 以降ではホットキーを利用できません。
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
提供元:山内良太