豊富な機能を備えるまめFileの後継ファイラー

AS/R

AS/R

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:1

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012

エクスプローラーよりもファイル表示が高速で、ファイル管理、ファイルコピー、ファイル編集と言った作業の高速化を実現できます。タブで複数フォルダーを表示でき、ソフトを終了しても開いていたフォルダーを記憶できるので、再び同じ状態からの作業が可能。マウスのみの操作、キーボードのみの操作も意識して作られています。
非常に多機能で自由度が高いので、自分が使いやすいようにカスタマイズできるのが特徴です。

提供元:

AS/R の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした自己解凍ファイルをダブルクリックして解凍します。
  3. Windows のバージョンが 32bit の場合は x86 フォルダー、 64bit の場合は x64 フォルダーをダブルクリックして開きます。
    ※ Windowsのバージョンが良くわからない場合は、Windowsのバージョンの調べ方を参照してください。

使い方

初期設定

初期設定
  1. 「FirstSetting.exe」を起動して初期設定を行います。
  2. プロファイルの保存フォルダーを設定します。変更がなければ「次へ」ボタンをクリックします。
  3. ランチャーバー、お気に入りバーの追加を設定できます。不要であればチェックを外すことで回避できます。この設定は、後でオプションから変更できます。「完了」ボタンをクリックします。
    ※ オプションの「バー」⇒「ユーザー定義」

関連付けツール
  1. 「Associate.exe」を起動します。
  2. フォルダーとの関連付け、デスクトップにショートカット作成、圧縮ファイル用ショートカット作成ができます。デスクトップのショートカットを作っておくと便利です。
  3. 「インストール情報の登録(指定されたショートカットも作成)」ボタンをクリックします。

基本的な使い方

複数フォルダーをタブで開き、マウスのドラッグ&ドロップでファイルの移動、コピーができます。
ウィンドウの表示は左右に並べたり、縦に並べたりできるので、自分の操作しやすいように並べることが可能。
表示しているバーは、メニューの「表示」⇒「ツールバーとドッキングウィンドウ」からか、右クリックして表示/非表示が可能なほか、ドラッグしてフローティングさせることもできます。

表示フォント、マウス、キー、バーなどなど各種表示・動作は「ツール」⇒「環境設定」⇒「オプション」からカスタマイズできます。

ユーザーレビュー

  • 4

    既に使い始めて数年経過してるんで、デフォルトがどんな状態だっ…

    usericon 野苺ロビン(19)Windows 10

    既に使い始めて数年経過してるんで、デフォルトがどんな状態だったのかさえ覚えてない。

    お気に入りに、よく開くフォルダーを登録しまくって、タブ切り替えで開いたフォルダーを用途に応じて開いて使ってる。Windows10になってから、2つ以上の新規フォルダーを開くのが不便になったため、利用頻度は更に上がっている感じです。

    これも機能が多すぎて、一気に好みの状態を作ることができない。良いソフトではあるが、人に勧められるほど簡単なソフトではないです。

    搭載されている検索機能と拡張削除の使い勝手が良かったりする。