Google のフリーメール、Gmail をバックアップできるソフト

Gmail Backup

Gmail Backup
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Linux
バージョン:
revision 15(2011/03/07)

- 2017年11月14日、正常に動作しなくなったため掲載終了 -
以下のエラーが表示される Error: IMAP: SEARCH command error: BAD ['Could not parse command'] メールアドレス、パスワード、保存先フォルダーを入力して「Backup」ボタンをクリックすると、バックアップを開始。
メールデータ(EML)、添付ファイル、ラベルを保存できます。
保存したデータは「Restore」ボタンをクリックすることで、Gmail データを復元させたり、他のメールソフトへインポートさせることもできます。

提供元:
Jan Svec and Filip Jurciecek

Gmail Backup の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(gmail-backup-20110307.exe)からインストールします。

使い方

Gmail をバックアップする

本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。

「Gmail login (full email address)」に Gmail アカウントのメールアドレス、「Gmail password」にパスワードを入力します。
「Backup folder」右側の「Directory」ボタンをクリックしてバックアップするメールデータの保存先を指定します。
「Since date:」、「Before date:」を指定すると、指定した期間内のメールのみバックアップできます。
また、「Newest email only」にチェックを入れておくと、新たにバックアップが必要なメールのみをバックアップするため、2度目以降のバックアップがスムーズになります。

「Backup」ボタンをクリックするとバックアップを開始します。
メール数が多い場合はしばらく時間がかかります。

Gmail を復元する

「Restore」ボタンをクリックすると、メールのリストア(復元)を開始します。
誤って Gmail 上から削除してしまったメールがあったとしても、パソコンにバックアップしておいたデータをリストアすることで、メールを復元できます。

また、Gmail login と Gmail password に指定したアカウントに対してリストアできるため、異なる Gmail アカウント・メールアドレスへのメールデータ移行にも利用できます。

ユーザーレビュー

  • 1

    Gmailのバックアップが取れるのはうれしいが、いつまでのバ…

    usericon gengoro(1)Windows 7

    Gmailのバックアップが取れるのはうれしいが、いつまでのバックアップを取ったという情報を残しているにもかかわらず(Since dateやBefore dateがそれだと思うが)、毎回全件バックアップしようとするため、とても時間がかかる。