軽快に動作する Windows 10 のデフォルトブラウザー

Microsoft Edge のアイコン

Microsoft Edge

ダウンロード

対応OS:
Windows 10

Windows 10 より、Internet Explorer と一緒に標準で搭載されているデフォルトブラウザーです。
HTMLレンダリングエンジンはIEで採用されていた Trident からフォークした EdgeHTML を採用。
「既定の検索エンジン」に bing、「新しいタブ」によく使うサイトとニュースフィードを表示。
「Web ノートの作成」機能を利用して、表示中のウェブページに直接マークを付けたりテキストを書き込んで、OneNote や メールで共有可能。
段階的に、Firefox アドオン、Chrome 拡張機能が利用できるようになる予定で、今後のアップデートが注目されているブラウザーです。

提供元:
※ Windows 10 に標準でインストールされている機能です。

Windows 10 を担当者が語るシリーズ Microsoft Edge

Microsoft Edge の使い方

ダウンロード

Windows 10 に標準でインストールされているブラウザーです。
スタートメニューの「Microsoft Edge」から起動できます。

使い方

お気に入り、閲覧履歴、ダウンロード履歴を表示できる「ハブ」

メイン画面右上の icon ボタンをクリックすると、上部のアイコンをクリックして、お気に入りなど4つの項目を切り替えて表示できます。
  • お気に入り
  • リーディングリスト
  • 履歴
  • ダウンロード

Web ノートを作成する

閲覧中のウェブページにメモを残したい場合に便利な機能です。
メイン画面右上の icon ボタンをクリックすると、画面上部が紫色になり、ペン、蛍光ペン、消しゴム、コメントの追加、クリップ(ドラッグした任意の範囲をクリップボードにコピー)の機能を利用できます。

編集した画面を Web ノートとして OneNote に保存したり、メールで共有したりできます。

履歴を残さずブラウジングする「InPrivate」

「InPrivate」タブを利用すると、Cookie、閲覧履歴、キャッシュなどを残さずにインターネットを楽しむことができます。
メイン画面右上の icon ボタンをクリックして表示されるメニューより、「新しい InPrivate ウィンドウ」をクリックすると利用できます。

閉じたタブを開きなおす

うっかり誤って閉じてしまったタブも [Ctrl] + [Shift] + [T] キーを押すと再度開くことができます。

ユーザーレビュー

  • 1

    Adblockとの相性が悪くフリーズします。 数少ない拡張…

    usericon シーモンキー
    投稿数: 1件
    Windows 10

    Adblockとの相性が悪くフリーズします。
    数少ない拡張機能の広告ブロックAdblockをインストして利用すると
    起動後、しばらくするとほぼ100%の確率で30秒~1分間程度フリーズします。
    Win10のバージョンも古いものでも新しいものでも関係なくフリーズしました。
    ネット上で調べても情報がないので当方の利用環境によるものかもしれませんが
    広告ブロック拡張機能をuBlock Originに変更したところフリーズしなくなりました。

    相変わらずChromeと比べると使える機能や利便性に乏しく
    逆にPC使いにはいらない機能が満載だなと言う印象。

    あくまでもWin10と連動して使うことを前提に設計されていて
    ブラウザとして必要な独立機能に脆弱でサブブラウザとしても使えない。
    たとえばブラウザ本体に搭載できるウェブメールのチェッカー機能のある拡張機能が
    ないのでedgeをメインのブラウザに設定していない場合、
    Win10のメーラーやポップアップ通知が着信を通知したところでリンクをクリックすれば
    他のブラウザが立ち上がることになる。
    これはブラウザで複垢を使い分ける者にとっては致命的な不便さである。

    ChromeやFirefoxにない独自の機能は必要としないので
    せめて同等のブラウザを作り上げてほしい。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】「owl」様 いつも大変お世話になっております…

    usericon 緩やかに
    投稿数: 63件
    Windows 10

    「owl」様
    いつも大変お世話になっております。「uBlock Origin」のご説明ありがとうございます
    ネットを始めた頃「某サイト」の商品をのぞいたら、その商品の広告に追い回され
    「トラッキング」や「トラッカー」の事を調べて、最終的に Mozilla『Firefox』にたどり
    着いた事を思い出しました。

    ”初心忘るべからず”ですね。


    [Edge&IE]の[Flash]のサポート続く様です!
    「窓の杜」(03/27)
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1113739.html

    更新でまだ「Security Update for Adobe Flash Player」降ってくるのか個人的に必要性を感じませんが...?


    ■「Adobe Flash Player」に関しては「owl」様の[IE]の”レビュー”が参考になります。
    https://freesoft-100.com/review/internet-explorer.php

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】拡張機能「uBlock Origin」について …

    usericon owl
    投稿数: 103件
    Windows 10

    拡張機能「uBlock Origin」について
    この拡張機能には、ファーストパーティ以外のリクエストをブロックする機能が備わっています。

    サイトへのブラウジングでは、ファーストパーティ(サイト運営者)のリクエスト以外に、利害関係者へのリダイレクトやトラッキング(ブラウジングの追跡:個人情報の収集)のリクエスト(CSRF:リクエスト強要)が仕組まれがちです。その仕組を悪用したクロスサイトスクリプティング(XSS)によって、悪質なサイトにリダイレクトしたり、ブラウザに malacious スクリプトを埋め込むなどのマルウェア感染被害が生じたりします。

    トラッキングには、個人情報(プライバシー)の観点で問題があり、
    XSS は、深刻な被害をもたらしかねません。
    そのリスク対策に、この拡張機能「uBlock Origin」が効果を発揮します。

    uBlock Origin を無効化して「接続が可能になる」現象は、それらのリスクをブロックしていた証左です。
    「表示できないものが生じる」原因は、サイト運営者の責任です。
    ビッグデータビジネスの権益確保のため、あれこれと細工が施されています。
    一般論では、その様な怪しげなサイト(運営)は「地雷原」同様なので、回避すべきです。
    厄介なことに、Microsoft、Google、Yahoo!、Amazon などのサイトには、この手の細工が弄されています。その功罪を一考すべきでしょう。

    当アドオンは、
    アイコンをクリックすることで、各種のオプションを操作でき、例外設定などのカスタマイズが可能です。「上級者向けの隠し機能」が完備され、高度な制御(filters を外さずに、個別に、各リクエストのブロック制限)も可能です。
    詳しい解説は、
    作者の公開サイト(GitHub)にあります。
    https://github.com/gorhill/uBlock
    そのサイトには、プログラム・ソースなどのプログラムに関する全てのものが公開されており、作者やユーザーからの相互サポートも受けられます。
    しかし、「GitHub」は公用言語が「英文」に指定されているので、日本語では利用できません。


    リスク対策(私見):
    Edge、IE、Cortana(デバイスの全アクセス歴を収集)、OneDrive(全ファイルをスキャニング:透視) は無効化し、
    「Spybot Anti-Beacon」で、外部交信を完全遮断しています。
    非営利法人で、ユーザー本位主義を徹底している「Mozilla」に限定し、
    NordVPN の併用が、現仕様の到達点です。

    このレビューは参考になりましたか?はい

Microsoft Edge に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 30 件)