クロスワード&ナンクロ作成、印刷できるソフト

Crossword Builder のアイコン

Crossword Builder

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
1.00(2021/10/10)

クロスワードパズル、およびナンクロ(ナンバークロスワードパズル)を作成するための専用ソフトです。
キー入力、クリックパレットから入力していき、クロスワードパズルを作成できます。
カギエディタでヒントとなるタテのカギ、ヨコのカギも作成可能。
作成したクロスワードを印刷してPDF形式での保存や画像形式(ビットマップ)で保存することができます。

提供元:

Crossword Builder の使い方

ダウンロード

Crossword Builder をインストール

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「ソフトウェア本体 ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(CB100.zip)を解凍し、CBuilder.exe から起動します。
    ※ VB 6.0 ランタイムをインストールしないと動作しません。

VB 6.0 ランタイム をインストール

  1. 提供元サイトのダウンロードページの「ソフトウェア本体 ダウンロード」ボタン下にある「VB6.0ランタイム ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(v6s6r135.zip)を解凍し、セットアップファイル(setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

クロスワードを作成する
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面とクリックパレットが表示されます。
    ※ クリックパレットはクリックした文字が入力されるので、キーボードを利用せずに入力できます。
    Crossword Builder - 起動時

    Crossword Builder - 起動時

  2. 文字入力開始位置には赤色の棒(キャレット)が表示されます。
    • マスの左側に縦向きに表示されていれば横向きの文字入力
    • マスの上側に横向きに表示されていれば縦向きの文字入力
    マウスでクリックしたり、Tab キーで向きを変更できます。
  3. キーボードで文字入力した場合は画面上部に入力した文字が表示されるので Enter キーを入力すると確定します。
    キー入力またはクリックパレットをクリックして入力

    キー入力またはクリックパレットをクリックして入力

  4. キーワードを入力しない黒マスにしたい場合は、Shift キーを押しながらクリックするか、右クリックメニューから「黒マス」をクリックします。
    右クリックメニューから黒マスに

    右クリックメニューから黒マスに

  5. 入力が終わったらメニューバーから「ファイル」⇒「上書き保存」または「名前を付けて保存」とクリックするか、ツールバーの 上書き保存 をクリックしてクロスワードを保存(.crp 形式)します。
    ※ 入力が終わらなくても都度、保存しておくのがベターです。
    クロスワードの入力完了

    クロスワードの入力完了


ヒントを作成する
メニューバーから「キーワード」⇒「カギエディタ」とクリックして「カギエディタ」画面を開きます。
対応するヒントを入力していきます。
※ カギのワードは自動で生成され、クロスワードを変更するとこちらも変更されます。
カギエディタでヒントを入力

カギエディタでヒントを入力



エクスポートする
「発行」を実行してクロスワードを完成という形にすることで、問題ページと回答ページをエクスポートできるようになります。
※ 「発行」を実行した後に再編集したい場合は、保存しておいた .crp ファイルを開くことで再編集可能です。

  1. メニューバーから「ファイル」⇒「発行」とクリックします。
  2. 「盤面の診断」画面が表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。
    クロスワードの発行(盤面の診断)

    クロスワードの発行(盤面の診断)

  3. 「発行オプション」画面が表示されます。
    クロスワードの発行(発行オプション)

    クロスワードの発行(発行オプション)


    「完了」ボタンをクリックします。
    発行完了

    発行完了

  4. 次のいずれかの方法でエクスポートできます。
    • メニューバーから「ファイル」⇒「印刷」とクリックする
      Windows 10/11 であれば標準機能でPDF形式で保存可能です。
      「ファイル」⇒「印刷」

      「ファイル」⇒「印刷」

    • メニューバーから「ファイル」⇒「エクスポート」⇒「ビットマップ」とクリックする
      画像形式(.bmp)で保存できます。
      「ファイル」⇒「エクスポート」⇒「ビットマップ」

      「ファイル」⇒「エクスポート」⇒「ビットマップ」

    • メニューバーから「ファイル」⇒「エクスポート」⇒「CSV」とクリックする
      カンマ区切りのCSV形式(.csv)で保存できます。
    • メニューバーから「ファイル」⇒「エクスポート」⇒「テキストファイル(カギ)」とクリックする
      カギエディタで作成したヒントをテキスト形式(.txt)で保存します。

キーワードを検索する

右クリックメニューから「国語辞典を引く」をクリックすると、ブラウザーでキーワード検索できます。
右クリックメニュー「国語辞典を引く」

右クリックメニュー「国語辞典を引く」



更新履歴

Version 1.00
(2021/10/10)
  • Windows11 での動作を確認しました。
  • iniファイルを同梱することで、初回起動時の設定を一部変更しました。
    (ファイルを上書きすると設定がすべて初期化されるのでご注意ください)
    (「国語辞典を引く」コマンドは Googleで検索されるようになりました)
  • サイトURL、およびドキュメントの一部を更新しました。

Version 0.97
(2016/06/29)
  • Windows10 (64bit) にて動作確認
  • VisualBasic 6.0 の推奨ランタイムを変更
  • ワードリスト、ワイルドカード検索の右クリックメニューに「すべてコピー」コマンドを追加
  • 検索ウインドウの改善 (タスクバーに表示しないようにした等)
  • オプションの整理

Version 0.96
(2013/12/08)
  • Yahoo!辞書の仕様変更により国語辞典が引けなくなった問題に対応
    単語に 拗音/促音 が混じる場合、手動入力が必要になります
  • 実行ファイルの UPX 圧縮を廃止

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?