デスクトップを仮想的に4倍~25倍の広さにして使うことができるソフト

仮想画面マネージャ

仮想画面マネージャ

ダウンロード

対応OS:
Windows 2000/XP, Windows Server 2003
バージョン:
1.3.4(2004/09/21)

4~25個の仮想的なデスクトップ画面を利用できるようになるソフトです。
デスクトップの端にマウスカーソルを持っていくと、カーソルアイコンの矢印が変化して滑らかに画面の移動を始めます。簡単に画面を移動したい場合はタスクトレイに常駐しているアイコンをクリックすると、デスクトップ画面の縮小図が表示されるので、点線の枠を移動したい場所に持っていってクリックすると簡単に移動できます。

提供元:
どどめ柔

仮想画面マネージャ の使い方

ダウンロード

  1. Seesaa ダウンロードへアクセスし、「ダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(SETUP.EXE)からインストールします。

ユーザーレビュー

  • 5

    ディスクトップが狭くて困っていたのですが、このアプリのおかげ…

    usericon sajyan(1)Windows 7

    ディスクトップが狭くて困っていたのですが、このアプリのおかげで広く使えて重宝しています。
    しかもFreeなのでありがたい。
    アップしていただき、ありがとうございました。

  • 5

    すばらしいです!!!非常に使いやすいです(^^)! UNI…

    usericon ムーミンパパ(1)Windows XP

    すばらしいです!!!非常に使いやすいです(^^)!
    UNIXのXWindowにも同じようなものがあり、以前からWindowsで同じものがないか探していたのですが今まで見つかりませんでした!
    今後の発展(Windows上のアイコンも動くようにする。)に期待致します。