キャプチャーした画像をコピー、保存、印刷、簡単な編集が可能なデスクトップキャプチャーソフト

Greenshot のアイコン

Greenshot

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.2.10.6 / 1.3.277 unstable(2023/03/28)
価格:
無料

ドラッグした範囲/ウインドウ/フルスクリーンをキャプチャーし、コピー、保存、印刷に対応したデスクトップキャプチャーソフトです。
前回キャプチャーした範囲を再びキャプチャーすることもできるので、一定の操作後、一定時間後に同じ範囲を何度もキャプチャーしたい場合などに便利です。
ハイライト、モザイク、回転、文字入れなどの簡単な編集もでき、クリップボードにコピーした画像であれば再編集することも可能です。
また、Imgurl へのアップロードもサポートしているので、キャプチャー画像をクラウドへアップロードして共有することもできます。

提供元:
※ インストール時に「Select Components」画面にて「Additional languages」項目下にある「日本語」にチェックを入れることで、日本語化できるようになります。

Greenshot の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
    ※ ベータ版をダウンロードする場合は GitHub へアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Greenshot-INSTALLER-1.2.10.6-RELEASE.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に「Select Components」画面にて「Additional languages」項目下にある「日本語」にチェックを入れることで、日本語化できるようになります。
    インストール時 - 日本語言語ファイルを追加

    インストール時 - 日本語言語ファイルを追加

使い方

日本語化手順

  1. タスクトレイicon アイコンの右クリックメニューから「Preferences」をクリックします。
  2. 「Settings」画面が表示されます。
    「Language」項目右の「English」プルダウンをクリックして「日本語」を選択します。
    設定から日本語を選択

    設定から日本語を選択

  3. すぐに日本語表記に変わります。
    表示言語が日本語に

    表示言語が日本語に


基本的な使い方の流れ

任意の範囲を選択し、キャプチャーを保存する手順です。
  1. PrtSc キーを押します。
  2. ターゲットが表示されます。
    <span class=PrtSc キーを押すとターゲットが表示される" title="PrtSc キーを押すとターゲットが表示される" loading="lazy">

    PrtSc キーを押すとターゲットが表示される


    ドラッグして任意の範囲を選択します。
    キャプチャー範囲を選択

    キャプチャー範囲を選択

  3. キャプチャーのコピー、保存などの選択メニューが表示されます。
    「ディレクトリに保存(デフォルトの保存先を使用)」をクリックして保存します。
    ※ デフォルト(初期設定)ではデスクトップに保存されます。
    キャプチャー画像の処理方法を選択

    キャプチャー画像の処理方法を選択


キャプチャーする

キャプチャーする方法
選択範囲をキャプチャー
  • PrtSc キーを押す
  • タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「選択範囲をキャプチャー」をクリックする

ウインドウをキャプチャー
  • Alt + PrtSc キーを押す
  • タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「ウインドウをキャプチャー」をクリックする

スクリーン全体をキャプチャー
  • Ctrl + PrtSc キーを押す
  • タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「スクリーン全体をキャプチャー」をクリックする

前回選択した範囲をキャプチャーする
何度も同じ場所、同じ範囲をキャプチャーしたい場合に便利です。
  • Shift + PrtSc キーを押す
  • タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「前回の範囲をキャプチャー」をクリックする

キャプチャーした画像を編集する

キャプチャー後に「イメージ エディターで開く」をクリックすると、イメージ エディタ―でキャプチャー画像を編集できます。
イメージエディタ―でキャプチャーを編集

イメージエディタ―でキャプチャーを編集



編集メニュー
画面左のアイコンから、上から順に次の編集ツールを利用できます。
  • 選択ツール
  • 矩形を描画
  • 楕円を描画
  • ラインを描画
  • 矢印を描画
  • フリーハンドで描く
  • テキストボックスを挿入
  • 吹き出しを挿入する
  • カウンターを挿入する
  • ハイライト
  • ぼかし効果
  • エフェクト(ボーダーライン、シャドウ、破れたエッジ、グレースケール、色の反転)
  • 切り抜き
  • 時計回りに回転
  • 反時計回りに回転
  • リサイズ

保存メニュー
画面上のアイコンから、左から順に次の編集ツールを利用できます。
  • 保存
  • 画像をクリップボードにコピー
  • 印刷
  • オブジェクトの削除
  • オブジェクトの切り取り
  • オブジェクトのコピー
  • オブジェクトの貼り付け
  • 元に戻す
  • やり直し
  • 設定
  • Microsoft Outlook に貼り付け
  • Microsoft OneNote に貼り付け
  • Microsoft PowerPoint に貼り付け
  • Microsoft Word に貼り付け
  • Microsoft Excel に貼り付け
  • MS Paint に貼り付け
  • Imgurl へアップロード
  • ヘルプ

その他

キャプチャー後にメニューが表示されないようにする
デフォルトではキャプチャーする度にメニューが表示されます。
コピー、保存など、決まった方法を繰り返す場合はメニュー表示を省略することができます。

タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「クイック設定」⇒「撮影後の操作」から選択できます。
  • ディレクトリに保存(デフォルトの保存先を使用)
  • 名前を付けて保存(ダイアログを表示)
  • イメージ エディターで開く
  • 撮影後の操作を毎回選択する
  • クリップボードにコピー
  • プリンターに送る
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneNote
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • MS Paint
  • Upload to Imgurl

撮影後の操作の設定について
  • クリックして選択することで、その設定がオンになります。
  • 何度も同じ手順を繰り返し、複数選択することも可能です。
    ※ 例えば、ディレクトリに保存してクリップボードにもコピーする、ということも可能です。
  • 「撮影後の操作を毎回選択する」をクリックして選択すると、他の設定はオフになります。
  • 「設定」画面の「操作後の操作」タブからも設定を変更できます。
    「設定」 - 「撮影後の操作」タブ

    「設定」 - 「撮影後の操作」タブ


キャプチャーの保存先を変更する
デフォルトの保存先はデスクトップですが、変更することができます。
  1. タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「設定」をクリックします。
  2. 「設定」画面が表示されます。
    「出力」タブをクリックします。
  3. 「出力」タブ画面が表示されます。
    「保存場所」項目右の「…」ボタンをクリックし保存場所を変更した後「OK」ボタンをクリックします。
    「設定」 - 「出力」タブ

    「設定」 - 「出力」タブ


保存フォーマットを変更する
  1. タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「設定」をクリックします。
  2. 「設定」画面が表示されます。
    「出力」タブをクリックします。
  3. 「出力」タブ画面が表示されます。
    「画像フォーマット」項目の「png」プルダウンをクリックして下記のフォーマットの中から選択した後「OK」ボタンをクリックします。
    • bmp
    • gif
    • jpg
    • png
    • tiff
    • greenshot(保存したファイルを開くとイメージ エディターでキャプチャーを開きます)
    • ico
    「設定」 - 「出力」タブ

    「設定」 - 「出力」タブ


更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 1.3.277 unstable
(2023/03/28)
  • -

Version 1.3.275 unstable
(2023/03/28)
  • 新機能
    ・エディタにズームが付きました。ビルドは私たちの素晴らしいコミュニティメンバーである @KillyMXI PR #201 によって行われました。
    ・Windows 10では、OCR が標準でサポートされ、Greenshotから利用できるようになりました。マイクロソフトの旧コンポーネント「MODI」で提供していたものと同等の機能を追加しました。メンテナンスの手間を省くため、旧機能は削除しました。これはWindows 10 OCRの最初のステップであり、私たちはこれでいくつかの素晴らしい計画を立てています。
    ・Greenshot では、Windows 10 のアプリ共有機能を利用できるようになり、ビットマップをサポートするアプリでスクリーンショットを共有できるようになりました。
    ・Greenshot では、Windows 10 の通知システムを使用できるようになり、より見やすくなりました。この機能については、後日、より使いやすい機能を追加する予定です。
    ・FEATURE-1110: ホットキーでクリップボードを開くことができるようになりました。
    ・FEATURE-1125: 前景色、背景色、線の太さ、太字、影のショートカット(0-9, +/-)を追加しました (#338)
    ・#249 (#388): 画像を縦と横に切り抜く機能を追加しました。構築:コミュニティメンバー @Christian-Schulz
  • 全般的な改善を行いました:
    ・バージョン情報、OS 名を改善し、アバウトさとエラーの詳細を向上させました。
    ・.NET Frameworkの依存関係を4.7.2にアップグレードしました。それ以下のバージョンでは、多くの追加作業が発生し、インストーラーがさらに大きくなります。
    ・ソフトウェアコンポーネントの最新バージョンを使用することで、より良い機能性をもたらし、バグの発見を容易にします。
    ・DPI の改善により、高 DPI スクリーンで Greenshot を使用する際の問題を軽減しました。
    ・選択ボックス(グリッパー)を大きくし、DPI 設定によってサイズを変更できるようにしました。
    ・アップデートチェックは、私たちやユーザーへの影響を少なくする必要があります。
    ・PR #224, #230: インストーラにイタリア語を追加、@bovirus さんからの大量の PR
    ・PR #216: ファイル名にランダムな文字を生成する機能を追加しました。
    ・クラウドサービスBox、DropBox、Imgurで、埋め込みではなく、デフォルトのブラウザーと getgreenshot.org を組み合わせて使うように変更し、非互換性の問題を解決しました。
    ・#348番、BUG-2892番など: クリップボードの安定性を向上させた
    ・#314: ワンクリックで追加機能をサポートするトレイアイコンクリックアクションを追加しました。(設定UIはまだありません)
    ・FEATURE-1196: ダブルクリックでカラーダイアログを閉じてカラーを選択 (@EricCogen に感謝)
    ・#385/#384: より多くのファイル形式をサポートするようになりました。
  • バグ修正
    機能的な修正
     ・BUG-2693、BUG-2693、BUG-2743:Greenshot が MAPI クライアントを認識しない。
     ・BUG-2535:Greenshot が不可視のウィンドウを選択する問題(Raymond Chen 氏による提案)。
     ・BUG-2544:jira 接続を修正するために TLS1.1 & 1.2 を有効にし、これが非推奨であるため JIRA セッションサポートを使用しません。
     ・BUG-2529:これは、ほとんどの場合、過剰な更新チェックを修正するはずです。
     ・BUG-1919:スクリーンショットはインターネットエクスプローラーで一度だけ機能します
     ・BUG-1943:Picassa は Google のサポートを受けられなくなりました - Google フォトへの Picassa プラグインの更新
     ・BUG-2127:picasa へのリンク画像が正しくない。
     ・BUG-2170:高解像度の PC でエディターボタンが小さすぎる
     ・BUG-2300:楕円/矩形の変更を元に戻すには、CTRL + Zを何度も使用する必要があります。
     ・BUG-2736:吹き出しが表示されているキャプチャをトリミングすると、吹き出しの尾が移動しない。
     ・PR #157:ポーランド文字 "ą" のテキストボックスの問題を修正しました。
     ・Bug #124:EmailDestinationに関するいくつかのマイナーな問題点
     ・Bug #149:デフォルトではなく、現在のモニターのフルスクリーンキャプチャを使用する場合、マウスカーソルが表示されない。
     ・Bug #279:エディターとダイナミックデスティネーションピッカーで、外部コマンドが重複してしまう。
     ・BUG-2565:最近の色のツールチップが色を表現していないのを修正しました。
     ・BUG-2951:オフィスの実行可能ファイルの検出を改善しました、時々見つかりませんでした。修正者:@jdavila71
     ・.greenshot ファイルの後方互換性を修正し、Greenshot 1.2 ファイルを読み込むことができるようになりました。
    安定性の修正
     ・SUPPORT-407:Greenshot の起動パスを引用符で囲むことで攻撃ベクトルを減少させました。
     ・BUG-2792: PowerToys が私たちの地域選択ウィンドウと相互作用している問題を修正しました。
     ・BUG-2644: まだ実行されていないときにパワーポイントにエクスポートするときのNPREを修正しました。
     ・BUG-2542: シャットダウン問題の修正 (ImgurPlugin)
     ・BUG-2249: 色の切り替えでエラーが発生する
     ・BUG-2303: Greenshot 1.2.10 Build 6 (64 bit) - Dotnet 4.0 framework crash。
     ・BUG-2307: 鉛筆ツールを使用して、色を変え、元に戻し、再び鉛筆ツールは、エラーダンプを生成します。
     ・BUG-2309: スクリーンショットを編集している間、例外が発生しました。
     ・BUG-2403:Windows の再起動の直後にエラーメッセージが表示されました。
     ・BUG-2435: クラッシュ
     ・BUG-2463: フリーハンド描画の移動でクラッシュする
     ・BUG-2484: DRIVER VERIFIER IOMANAGER VIOLATIONの後に予期せぬエラーポップアップが表示され、ブルースクリーンオブデスになる
     ・BUG-2486: プログラムウィンドウが白色で赤色で×印がある状態になる。
     ・BUG-2552: Ctrl+zのアンドゥの後に新しい色の線を描くとき、クラッシュしました。
     ・BUG-2557: エラーのために突然のシャットダウン , Error
     ・BUG-2567です: 自動エラー、バグを報告するように指示される
     ・BUG-2577: 不規則なエラー
     ・BUG-2592: クリップボードにコピーするときにクラッシュする
     ・BUG-2615:Greenshot が線の色を変更するときにクラッシュしました。
     ・BUG-2642:Greenshot Image Editor が "元に戻す" をクリックするとクラッシュしました。
     ・BUG-2654: ログオン直後にWindowsアカウントからログオフすると、GSがクラッシュする。
     ・BUG-2669 Greenshotの起動時に例外が発生する
     ・BUG-2684: フリーハンドツールで色変更と取り消しを行うとクラッシュする。
     ・BUG-2698:Imgur: オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。
     ・BUG-2699: ラインパスの削除でクラッシュする
     ・BUG-2700: Imgur:継続的なエラー
     ・BUG-2703: クラッシュダンプ: 「メッセージ 通知プラットフォームは、利用できません。」
     ・BUG-2707: オブジェクト(通常カーソルオブジェクト)の移動または編集は、時々Greenshotをクラッシュさせます。
     ・#246,BUG-2448, BUG-2593, BUG-2427, BUG-2444, BUG-2272: shift モディファイアでオブジェクトをスケーリングしたときのスケールの挙動が一貫していない。
     ・#321: 設定の再読み込みに関する問題を修正しました。
     ・#335: エディターで Ctrl + Delete を使用するとクラッシュする不具合を修正しました。このキーの組み合わせは、背景(キャプチャ)を透明度に置き換えます。
     ・#348: Windows 11 と Docker のフラッシュデスクトップの問題に対する回避策を追加しました、Microsoft がこれを解決することを願っています。
     ・#320: Slack とウィンドウの共有が Greenshot を壊す問題の回避策を追加しました、Slackがこれを解決することを願っています。
     ・#390: 目的地ピッカーでエディターの目的地のタイトルを制限し、目的地が見えなくなるのを防止。

Version 1.3.274 unstable
(2022/10/06)
  • 新機能
    ・エディターにズーム機能が追加されました。私たちの素晴らしいコミュニティメンバーによって構築されました@KillyMXI広報#201
    ・Windows 10 には、すぐに使える OCR サポートがあり、Greenshot から使用できるようになりました。「MODI」と呼ばれる古い Microsoft コンポーネントを介して提供した機能と同等の機能を追加しました。メンテナンスを軽減するために、古い機能を削除しました。これは Windows 10 OCR の最初のステップであり、これに関していくつかの素晴らしい計画があります。
    ・Greenshot は、Windows 10 アプリ共有を使用して、ビットマップをサポートするアプリとスクリーンショットを共有できるようになりました。
    ・Greenshot は Windows 10 通知システムを使用できるようになり、見栄えが良くなりました。これについては、後でよりユーザーフレンドリーな機能を追加します。
    ・FEATURE-1110 : ホットキーを使用してクリップボードを開くことができるようにします。詳細については、問題を参照してください。
    ・FEATURE-1125 : 前景色、背景色、線の太さ、太字、影のショートカット (0-9、+/-) を追加 ( #338 )
    ・#249 ( #388 ): 画像を縦横にトリミングする機能を追加しました。私たちの素晴らしいコミュニティメンバーによって構築されました@Christian-Schulz
  • 一般的な改善
    ・バージョン情報と OS 名が改善され、バージョン情報とエラーの詳細が改善されました。
    ・.NET Framework の依存関係を 4.7.2 にアップグレードしました。これより低いバージョンでは多くの追加作業が発生し、インストーラーがさらに大きくなります。
    ・より良い/より多くの機能をもたらし、バグを見つけやすくする、より新しいバージョンのソフトウェア コンポーネントを使用しました。
    ・DPI の改善により、Greenshot を高 DPI 画面で使用する際の問題が少なくなります。
    ・選択ボックス (グリッパー) を大きくし、DPI 設定でサイズ変更します
    ・更新チェックは、私たちとユーザーへの影響を少なくする必要があります
    ・PR #224、#230 : イタリア語をインストーラーに追加しました。@bovirus
    ・PR #216 : ファイル名にランダムな文字を生成するサポートを追加
    ・クラウド サービスの Box、DropBox、および Imgur が、組み込みの代わりに getgreenshot.org と組み合わせてデフォルトのブラウザーを使用するように変更され、非互換性の問題が解決されました。
    ・#348、BUG-2892など: クリップボードの安定性の向上
    ・#314 : ワンクリックで追加機能をサポートする追加のトレイ アイコン クリック アクションを追加しました。(設定UIはまだありません)
    ・FEATURE-1196 : ダブルクリックで色を選択し、色ダイアログを閉じます (おかげで@EricCogen)
    ・#385 / #384 : より多くのファイル形式のサポートが追加されました。詳細については、こちらを参照してください。
  • バグの修正
    ・機能の修正
     ・BUG-2693、BUG-2693、BUG-2743 : Greenshot が MAPI クライアントを認識しない
     ・BUG-25 ​​35 : Greenshot が非表示のウィンドウを選択する修正は、Raymond Chen によってここで提案されました
     ・BUG- 25​​44 : Jira 接続を修正するために TLS1.1 および 1.2 を有効にし、Jira セッション サポートを使用しないようにしました。
     ・BUG-25​​29 : これにより、過剰な更新チェックが修正される可能性が高くなります。
     ・BUG-1919 : スクリーンショットは Internet Explorer で一度だけ機能します
     ・BUG-1943 : Picassa が Google でサポートされなくなりました - Google フォトへの Picassa プラグインの更新
     ・BUG-2127 : picasa へのリンク画像が正しくない
     ・BUG-2170 : 高解像度 PC ではエディター ボタンが小さすぎる
     ・BUG-2300 : 楕円/長方形の変更を元に戻すには、CTRL + Z を何度も押す必要があります
     ・BUG-2736 : 吹き出しが表示されているキャプチャをトリミングしても、吹き出しの尾が動かない
     ・PR #157 : ポーランド文字「ą」のテキスト ボックスの問題を修正
     ・バグ#124 : EmailDestination に関する小さな問題
     ・バグ#149 : デフォルトではなく、現在のモニターの全画面キャプチャを使用すると、マウス カーソルが表示されません。
     ・バグ#279 : 外部コマンドがエディターと動的宛先ピッカーで重複している
     ・BUG-25​​65 : 最近の色のツールチップが色を表していない問題を修正しました。
     ・BUG-2951 : Office 実行可能ファイルの検出を改善しました。見つからない場合がありました。で修正@jdavila71
    ・安定性の修正
     ・SUPPORT-407 : Greenshot への起動パスを引用符で囲んで攻撃ベクトルを減らしました
     ・BUG-2792 : PowerToys が地域選択ウィンドウとやり取りしている問題を修正しました。
     ・BUG-2644 : まだ実行されていないときに Powerpoint にエクスポートするときの NPRE を修正しました。
     ・BUG- 25​​42 : シャットダウンの問題を修正 (ImgurPlugin)
     ・BUG-2249 : 色を切り替えた後のエラー
     ・BUG-2303 : Greenshot 1.2.10 ビルド 6 (64 ビット) - Dotnet 4.0 フレームワークがクラ​​ッシュします。
     ・BUG-2307 : 鉛筆ツールを使用して、色を変更し、元に戻して、もう一度鉛筆ツールを使用すると、エラー ダンプが生成されます。
     ・BUG-2309 : スクリーン ショットの編集中に例外が発生する
     ・BUG-2403 : Windows の再起動直後にエラー メッセージが表示されました。
     ・BUG-2435 : クラッシュ
     ・BUG-2463 : フリーハンド描画を移動するとクラッシュする
     ・BUG-2484 : DRIVER VERIFIER IOMANAGER VIOLATION ブルー スクリーン オブ デスの後に予期しないエラー ポップアップが表示される
     ・BUG-2486 : プログラム ウィンドウが白くなり、赤い x が表示されます
     ・BUG-25​​52 : ctrl+z を元に戻した後に新しい色付きの線を描画するとクラッシュしました。
     ・BUG-25​​57 : エラーによる突然のシャットダウン、エラー
     ・BUG-25​​67 : 自動エラーです。バグを報告するように指示されます
     ・BUG- 25​​77 : 無人エラー
     ・BUG-25​​92 : クリップボードにコピーするとクラッシュする
     ・BUG-2615 : 線の色の変更中に Greenshot がクラッシュする
     ・BUG-2642 : 「元に戻す」をクリックすると、Greenshot Image Editor がクラッシュしました
     ・BUG-2654 : ログオン直後に Windows アカウントからログオフすると、GS がクラッシュする
     ・BUG-2669 : Greenshot の起動時の例外
     ・BUG-2684 : 色の変更と元に戻すとフリーハンド ツールがクラッシュする
     ・BUG-2698 : Imgur: オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。
     ・BUG-2699 : ライン パスを削除するとクラッシュする
     ・BUG-2700 : Imgur: 継続的なエラー
     ・BUG-2703 : クラッシュ ダンプ: 「メッセージ: 通知プラットフォームを利用できません。」
     ・BUG-2707 : オブジェクト (通常はカーソル オブジェクト) を移動または編集すると、Greenshot がクラッシュすることがある
     ・#246、BUG-2448、BUG-25​​93、BUG-2427、BUG-2444、BUG-2272 : シフト修飾子を使用してオブジェクトをスケーリングするときの一貫性のないスケーリング動作
     ・#321 : 設定の再読み込みに関する問題を修正
     ・#335 : エディターで Ctrl + Delete を使用するとクラッシュする問題を修正しました。このキーの組み合わせは、背景 (キャプチャ) を透明に置き換えます。
     ・#348 : Windows 11 と Docker のフラッシュ デスクトップの問題に回避策を追加しました。Microsoft がこれを解決してくれることを願っています。
     ・#320 : Slack とウィンドウ共有が Greenshot を壊す問題の回避策を追加しました。Slack がこれを解決してくれることを願っています。
     ・#390 : 宛先ピッカーでエディターの宛先のタイトルを制限し、宛先がわかりにくくなるのを防ぎました。

ユーザーレビュー

  • 4

    これはいいですね

    PPPPPP
    PPPPPP
    112
    Windows 10

    これはいいですね。
    必要な最低限の機能がある。
    このGreenshot、なかなかおもしろい。
    吹き出しがあるのは、珍しくないけど、カウントもできる。
    モザイクもすぐできる。
    何より面白いのが、
    マウスカーソルや手のマークがキャプチャー後に移動できる点です。
    こんなの初めて(笑)
    結構便利です。
    Blogなどで説明のときに画面キャプチャの画像を多用しますが、今まで使ってた
    KIOKUや、WinShotは便利なのですが、状況によっては、マウスカーソルが○になって
    しますので困っておりました。
    丸にならないし、自由に動かせるのは、便利です。
    カーソルが、目的からはずれてしまっても動かせるのが素敵。

    強いて言えば、Internet Explorer をキャプチャーは、
    Internet Explorerが使えない今だから、他のブラウザでもできると良いなって思いました。
    あと、エディタ画面が、キャプチャの都度、1窓ずつ増えていくので、設定で複数の
    起動を制限できると、助かる。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    他のソフトからの乗り換えです

    Mimic
    Mimic
    19
    Windows 10

    他のソフトからの乗り換えです。
    Windows10 で当サイトでも紹介されている Mini Hardcopy Utility(https://freesoft-100.com/review/mini-hardcopy-utility.html)で画面の印刷を行っていましたが、印刷に反映されないエリアが発生するというトラブルがあるために乗り換えました。
    Mini Hardcopy Utility より設定、印刷の解除などを行う際の一手間が増えましたが印刷は正確に行えるので満足しています。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    範囲指定でキャプチャできるものが欲しかったのですが、他のソフトでは…

    matty
    matty
    1
    Windows 10

    範囲指定でキャプチャできるものが欲しかったのですが、他のソフトではPrintScreenキーを押してから保存までのタイムラグが大きすぎたり、ホットキーだけで前回の範囲を指定のフォルダに対話無しで保存してくれるものが無かったので、とても助かってます。
    こちらの紹介サイトにも説明がありますが、インストール時にオプションで日本語を追加できます。あとから追加する方法はおそらくあるかとは思いますが、おそらくコントロールパネルのプログラムの追加から可能かと思われます。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?