タスクトレイ とは

デスクトップ画面の右下、タスクバー右端に表示される場所にある領域です。
通知領域とも呼ばれ、海外では System Tray(システムトレイ)と呼ばれます。


タスクトレイのアイコンの表示/非表示を切り替える

タスクトレイのアイコンの表示/非表示については、ドラッグ&ドロップするか、設定画面またはコントロールパネルから変更可能です。


ドラッグ&ドロップで移動する

Windows 7/8/8.1/10 共通でドラッグ&ドロップで簡単にタスクトレイのアイコン表示/非表示の場所を移動できます。

非表示のアイコンを表示させる
タスクトレイの▲をクリックして、タスクトレイを拡張表示し、アイコンをドラッグ&ドロップして表示領域に移動させればOKです。
通知領域からドラッグ&ドロップする

表示しているアイコンを非表示にする
反対に表示領域にあるアイコンを▲の上にもっていくとタスクトレイが拡張表示されるので、ドラッグ&ドロップすればOKです。

コントロールパネル/設定画面から変更する

【Windows 10】の場合
デスクトップ画面を右クリックし、「個人用設定」をクリックします。

「個人用設定」画面が表示されます。
左メニューの「タスク バー」をクリックすると、「タスク バー」画面が表示されます。

「タスク バー」画面を下にスクロールし、「通知領域」項目下の「タスク バーに表示するアイコンを選択してください」をクリックします。

「タスク バーに表示するアイコンを選択してください」画面から各アプリのオン/オフを切り替えられます。

【Windows 10】の場合 - タスクトレイのアイコンをすべて表示する
「タスク バーに表示するアイコンを選択してください」画面にて「常にすべてのアイコンを通知領域に表示する」をオンにします。

タスクトレイのアイコンがずらりと一覧で表示されます。



【Windows 7/8/8.1】の場合
タスクトレイの▲をクリックし、「カスタマイズ」をクリックします。

「タスク バーに表示するアイコンと通知の選択」画面から各アイコンの表示/非表示を切り替えられます。
  • アイコンと通知を表示
    アイコンを表示し、通知も表示します。
  • アイコンと通知を非表示
    アイコンを非表示(▲ボタンをクリックしないと表示されない)にし、通知があっても非表示のままにします。
  • 通知のみを表示
    アイコンを非表示にし、通知があるときのみアイコンを表示します。


【Windows 7/8/8.1】の場合 - タスクトレイのアイコンを隠さずに表示する
「タスク バーに表示するアイコンと通知の選択」画面にて「タスク バーに常にすべてのアイコンと通知を表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックすればOKです。


※ 関連するソフトウェア : 無料タスクバー・タスクトレイ拡張ソフト