Stella Theater Lite とは

シンプルなプラネタリウムソフトです。
キーボードとわかりやすいボタンで簡単に操作ができます。
日時や場所を調べれば、日食や月食のシミュレートも可能です。
より多くの恒星の表示や、惑星の追尾が可能な有料版もあり。


Stella Theater Lite のダウンロード

インストール

Stella Theater Lite(ステラ・シアター・ライト) をフリーソフト100のダウンロードページからダウンロードします。
フリーソフト100のダウンロードページ

フリーソフト100のダウンロードページへアクセスすると、自動的にダウンロードを開始します。

ダウンロード

ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックするとインストールを開始します。
ライセンス規約に目を通し、「次へ」ボタンをクリックします。

セットアップの開始を聞かれます。
問題が無ければ「はい」をクリックします。

インストールフォルダを選択し、スタートメニューにアイコンを設置するか聞かれます。
変更ない場合はそのまま「はい」ボタンをクリックします。

インストールフォルダの作成、デスクトップのショートカットの作成を聞かれます。
「はい」を選択して、インストール完了です。



Stella Theater Lite の使い方

デスクトップのショートカットから起動できます。

起動すると操作に関するワンポイントが表示されます。
初めて操作する場合には目を通しておくとよいでしょう。

<基本的な操作>

マウスで空をドラッグするか、カーソルキーを押すことで視点を変えることができます。ダブルクリックすると、その場所を中心にします。
※ カーソルキーを押す場合は、[Shift] キーや [Ctrl] キーを押しながら操作すると移動量が小さくなります。

ツールバーのか、[F3] キー、[F4] キー、もしくはマウスのホイールでズームイン/ズームアウトします。

ツールバーのか、[T] キー、[T] + [Shift] キーで時刻を進めたり戻したりします。

<機能>

観測地の設定

ツールバーの「観測地」か、[F8] キー、[Ctrl] + [L] キーから、観測地の設定をします。
地球儀をドラッグやダブルクリックして移動し、「近隣の観測地を取得」をクリックすると、あらかじめ登録されている近隣の観測地が自動で表示されます。表示されたリストから観測地を選んで「OK」をクリックします。
※ 緯度や経度を直接入力することでも設定可能です。

日時の設定

ツールバーの「時刻」か、[F6] キーで、日付と時間の変更ダイアログを表示します。
「サマータイム」は観測時刻にサマータイムを実行します。「自動更新」はパソコン内臓時計の現在時刻を取得します。
※ 自動更新はでも取得します。

ツールバーの「時刻」の「時刻の加算値」か、の「-」と「+」の間の時刻ボタンで、時間を戻したり進めたりする際の量を設定します。
で、設定した進め幅で自動で時間を送ります。

方角

または [N] キー、または [E] キー、または [S] キー、または [W] キーで、それぞれの方向へ自動で向きます。

表示

ツールバーの「画面表示」やで、惑星や恒星名、星座の名前の表示や、星座線、季節線、グリッドの表示の有無の設定ができます。

太陽が出ていて星が見えない時刻でも、「画面表示」の「薄明・昼光」やをクリックすることで、星を表示することができます。

ツールバーの「画面表示」の「画面表示の変更」か、[F7] キーで、表示を一括で設定できます。

天体にマウスカーソルを合わせて右クリックすると、天体の情報を表示します。
主な天体は写真も表示します。
※ マウスをしばらく動かさないでいても、マウス位置の天体の名称等がツールチップで表示されます。

検索

ツールバーの「視点」の「天体の検索」か 、[F2]、[Ctrl] + [F] キーで、天体の検索ダイアログを表示します。検索した天体を画面中央に表示します。

シミュレート

日時と観測地点を正確に指定すれば、日食や月食を再現することができます。
※ 日食や月食の起こる日時や場所については、年鑑などの資料を参照してください。

ソフトウェア情報

● 提供元サイト : http://www.toxsoft.com/sswpro/lite.html
スクリーンショット
Stella Theater Lite の評価・レビュー
Stella Theater Lite のダウンロード・使い方
Stella Theater Lite のマウス操作・キーボードショートカット一覧
● 対応OS : Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
● 提供元 : トックス情報システム