オープンソースで開発されている無料で利用できるグループウェア

Aipo

Aipo

ダウンロード

ユーザーの評価:
0.00

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8.1, Windows Server 2008/2012, Linux
バージョン:
8.1.1(2016/03/17)

使える機能は、タイムカード、伝言メモ、メモ帳、アドレス帳、ToDo、ワークフロー、カレンダー掲示板、共有フォルダ、ブログ。豊富な機能を無料で利用でき、カスタマイズは自由。各項目はドラッグ&ドロップで入れ替え可能で、PCだけでなくスマートフォンでの表示にも対応しています。

提供元:
※ 2018年3月31日で提供元サイトでの配布が終了します。

Aipo の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、32bit OS の場合は「Aipo8」、64bit OS の場合は「Aipo8(64bit版)」横の「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit と 64bit のどちらかわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(aipo-8.1.1-windows-x86.msi または aipo-8.1.1-windows-x64.msi)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. インストールが終わると、Aipoマネージャーが起動します。
    全般タブに表示されているリンク部分のURLにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。
  2. サンプルユーザーが3人登録されているので、任意のユーザーを選択、空のパスワードでログインできます。
    管理者権限でログインする場合には、ユーザー名「admin」、パスワード「admin」でログインできます。

Aipoは、自由にカスタマイズ可能なオープンソースのグループウェアです。
カスタマイズには専門的な知識を必要とする場合が多いです。
提供元サイトのユーザーコミュニティなどを活用しましょう。

ユーザーレビュー

  • コメント

    m○x○っぽいインターフェースのグループウェアなんですが、正…

    usericon Keito(67)Windows 7

    m○x○っぽいインターフェースのグループウェアなんですが、正直に言ってしまうとゴチャゴチャしていてグループウェア初心者には面倒くさい&分かりずらいですねこれ。

    ついでにVer7から8へのアップグレードでデフォルトでインストール先が変更されたので、クライアントの接続先を変更させたり面倒なことになりました。

    法人開発なので仕方ありませんが、機能的にどうもクラウド優遇しているようにも思えます。

    グループウェアって社内なら社内サーバーで完結させるというのが望ましいと思います(データの扱いなど)