カラースポイトで色情報を取得し、色リストに保存して繰り返し利用できるツール

色採り のアイコン

色採り

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.20

カラースポイトとなる小窓をデスクトップ内の任意の場所へドラッグすると、その場所のRGB色彩情報を取得できます。
小窓をダブルクリックして任意の色のRGB値を表示させたり、R / G / B のスライダーを動かして、任意の色の表示ができるほか、HSV値の表示も可能。
取得した色情報を色リストに登録していつでも使うことができ、配色イメージをつかめる簡易的なペイントツール「グリッドペイント」も用意。
取得したRGB値は、255色表示、16進数表示など7通りの表記から選択してクリップボードにコピーできます。

提供元:
HongKong

色採り の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(IRO-DORI.zip)を解凍し、IRO-DORI.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

色を取得してクリップボードにコピーする

  1. 本ソフトを起動し、メイン画面の左にある四角い色が表示された小窓をドラッグします。
  2. デスクトップ上の取得したい色情報のある個所へマウスカーソルをもっていき、ドロップすると色情報を取得できます。
  3. メイン画面の下に表示される クリップボードへコピー の部分をクリックすると、RGB情報をクリップボードにコピーできます。

RGB値の表示方法を変更する
メイン画面を右クリックし「表記形式」から次の形式を選択できます。
  • r,g,b
  • __r,__g,__b
  • 0xRRGGBB
  • $RRGGBB
  • #RRGGBB
  • $00BBGGRR
  • &RRGGBB

色リスト

色リストを利用することで、よく使う色をリストに登録していつでも使うことができます。
  • メイン画面右上の icon の中から左から3番目をクリックすると、色リスト ON/OFF を切り替えられます。
  • 取得した色情報をリストに追加するには、メイン画面右下の icon の中から左側をクリックします。
  • 色リスト上の色をダブルクリックするとメイン画面に反映されます。
    メイン画面の下に表示される クリップボードへコピー の部分をクリックして、RGB情報をクリップボードにコピーできます。
  • 色リスト画面上の icon の中から右から2番目をクリックすると、色リストから色情報を削除できます。

グリッドペイント

全体的な配色イメージをつかめる、簡易ペイント機能です。
メイン画面を右クリックし、「表示」⇒「グリッドペイント」から表示できます。

画面内をドラッグすると選択した色で塗りつぶすことができ、メイン画面の色を変えることでグリッドペイントの塗りつぶしの色を変えることができます。
グリッドペイント上で右クリックすると、その色に切り替えられます。

描画したグリッドは、メニューバーの「ファイル」から保存できます。保存形式は本ソフト専用形式、テキスト形式、HTML形式です。
メニューバーの「設定」⇒「グリッド設定」から、グリッドの大きさを変更できます。

スキンを変更する

本ソフトには、ソフトの外観をオシャレに変更できるスキン機能が用意されています。
  1. メイン画面を右クリックし、「表示」⇒「スキン変更」をクリックします。
  2. 21種類のスキンから好みのものを選択して適用できます。

ユーザーレビュー

  • 5

    高性能かつ多機能な良ソフトです。 左側の小窓をドラッグした…

    usericon aratenomono
    投稿数: 34件
    Windows 10

    高性能かつ多機能な良ソフトです。
    左側の小窓をドラッグした後そのままマウスカーソールを目的の場所まで移動させるとマウスカーソル先端部周辺の拡大画像がドット絵で小窓に表示されます。欲しい色の上でドロップすると小窓がその色になり取得完了です。色情報の取得は簡単確実です。
    特筆すべきは「RGB値自動入力」機能です。Windows標準搭載のペイントの「色の編集」や、ワードパッドのテキストの色-->その他の色-->色の設定-->「色の作成」などに色情報を送ることが出来ます。
    1.ペイント起動-->「色の編集」を開く。
    2.「赤(R):」横の「0」を左クリックしてフォーカスを合わせる。
    3.色採りメイン画面下段右端のペン(?)アイコンを左クリックする。
    以上で、現在取得している色情報(小窓の色)が自動入力され自動的に色が作成されペイントで使用出来ます。いちいち手作業で数字を入力して色を作る必要が無く大変便利です。
    フリーソフトのフォント設定には大抵フォントの色の変更機能(色の設定-->「色の作成」)が付いています。この機能を頻繁に利用している方には色採りの「グリッドペイント」機能による色情報の保存と、「RGB値自動入力」機能による色情報の自動入力が大いに役立つと思います。

    このレビューは参考になりましたか?はい