世界中の有志がデザインしたユニークなシステムメーターを利用でき、編集ツールを活用して「理想のデスクトップ」を追求できるソフト

Samurize のアイコン

Samurize
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 2000/XP, Windows Server 2003
バージョン:
1.64.3(2007/02/05)

世界中にユーザーの多いデスクトップカスタマイズソフトです。
デフォルトで表示されるメーターは非常にシンプルですが、多様なデザインのメーターをインターネット上から探して利用できます。
メーターを作成するための編集ツールが付属しており、このツールの操作を習得すれば、自分自身で思うとおりのデスクトップを構築できるでしょう。
日本語の解説サイトも多数存在します。

提供元:
Lee Wilson, Adrien Rochereau, Adam Coulthard
※ 互換モードで動作することで Windows Vista 以降でも動作します。

Samurize の使い方

ダウンロード

  1. Softpedia のダウンロードページ へアクセスし、「Softpedia Mirror (EU)」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(samurize_1.64.3_3.exe)からインストールします。
    ※ インストール完了時に Windows の再起動を促されます。後で再起動する場合は「後で手動で再起動する」を選択します。

使い方

ソフトの起動と終了

本ソフトを起動する
スタートメニュー「Samurize」から起動します。

本ソフトを終了する
タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Exit」をクリックします。

サンプルメーターを表示する

Samurize において、デスクトップ上にシステム情報などを表示するツールを「メーター」と呼びます。
メーターには、CPUやメモリーの使用率のような数値ではなく、テキストやニュースのような情報を表示するものもありますが、「メーター」の名称を使用しています。
※ 「メーター」以外に「Config」と呼ぶ場合もあります。

  1. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Select Config File」⇒「Sample.ini」とクリックします。
  2. デスクトップの左上に、サンプルのメーターが表示されます。
    サンプルのメーターには、以下の情報が表示されます。
    • ハードディスクの使用率
    • CPUの使用率
    • メモリーの使用率
    • CPUの温度
    • CPUファンの回転数
    • 上りネットワーク転送量
    • 下りネットワーク転送量
    ※ 環境によっては、値を取得できない項目もあります。
    ※ 上記の手順で選択した「Sample.ini」のようなファイルを、「Configファイル」と呼びます。
    Config ファイルにはメーターの設定が記述されています。
    タスクトレイメニュー「Select Config File」から別の Config ファイルを選択することにより、デスクトップに表示するメーターを切り替えることができます。

メーターの表示/非表示を切り替える

タスクトレイの Samurize アイコンをクリックすると、メーターの表示/非表示を切り替えられます。

メーターを移動する

メーターは、ドラッグして移動できます。

メーターを表示位置を設定する

エクスプローラーやブラウザーなど、通常のウィンドウとメーターを重ねたときの前面/背面配置を設定できます。

メーターを常に最前面に表示する
タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Position」から「Always On Top」または「Always On Top (abs)」をクリックします。

アクティブな通常のウィンドウを最前面に表示する
タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Position」から「Normal Window Behavior」を選択します。
※ メーターを非表示から表示に切り替えたときは、メーターが最前面に表示されます。

メーターパッケージをインストールする

提供元サイトには、世界中のサードパーティーが作成したメーターがアップロードされています。
ただし、外国の天気予報やテレビ番組表を表示するため、日本ではそのまま利用できないメーターも多いのが実情です。
Samurize のインストール時に、4種類のメーターパッケージ(メーターのインストールファイル)がローカルに格納されているので、ここではその中の「Element」というメーターパッケージをインストールする操作を説明します。
※ メーターのパッケージファイルは、「Config パッケージ」とも呼びます。

  1. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Select Config File」から「Open Folder」を選択します。
    エクスプローラーで「(Samurize のインストールフォルダー)¥configs」フォルダーの内容が表示されます。
  2. エクスプローラーで1つ上のフォルダー階層に移動し、「Packages」フォルダーを開きます。
  3. 「Element.sam」ファイルをダブルクリックします。
    「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウと「Import / Export Wizard」ダイアログボックスが表示されます。
    拡張子が「sam」のファイルは、Samurize のメーターパッケージ(onfig パッケージ)です。
  4. 「Import / Export Wizard」ダイアログボックスの「Next >」ボタンをクリックします。
  5. 「Next >」ボタンをクリックします。
  6. 「Select NIC」ダイアログボックスでネットワークカードの種類を選択し、「Always use this network card」にチェックを入れます。
  7. 「Select NIC」ダイアログボックスのタイトルバーで「×」ボタンをクリックします。
  8. 「Import / Export Wizard」ダイアログボックスの「Finished」ボタンをクリックします。
    「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウに「Element」メーターが表示されます。
  9. 「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウの「File」メニューから「Exit」を選択します。
  10. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Select Config File」⇒「Element」⇒「Element.ini」の順に選択します。
    デスクトップに「Element」メーターが表示されます。

※ 上記と同様の手順で、「Packages」フォルダー内の「Element.sam」以外のメーターパッケージ(例えば「Grass」)をインストールできます。
※ Samurize のサイトで使いたいメーターを見つけた場合は、ダウンロードしたメーターパッケージ(Config パッケージ)を、上記の手順 3 以降の方法でインストールできます。
※ インストールされるメーターには、WinAmpなど別のソフトのスキンとして動作するものがあり、そうしたメーターには、本体となるソフトが別途必要です。


オリジナルのメーターを作る

前述の「メーターパッケージのインストール」で表示された「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウを使用して、オリジナルのメーターを作成できます。
「Serious Samurize Config Editor」の操作を理解しやすくするため、「Sample.ini」をもとにメーターを追加する操作を説明します。
ここでは、テキストファイルの ToDo リストである「ToDo.txt」の内容を表示するメーターを追加する例を挙げます。
このメーターを表示すると、デスクトップに ToDo リストが常時表示されることになります。

  1. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Select Config File」から「Sample.ini」を選択します。
    デスクトップに「Sample.ini」のメーターが表示されます。
  2. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Edit Config File...」を選択します。
    「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウ中央の「Design Area」に、「Sample.ini」のメーターが表示されます。
    本ソフトのメーターは、この「Design Area」にパーツを配置することによって作成します。
    左側ペインの「Meter List」に「Meter 0」~「Meter 27」が表示されますが、これらはすべて「Sample.ini」のメーターを構成するパーツです。
  3. 右側ペインの「Add Meter」ドロップダウンをクリックして、「Add Text File」を選択します。
    「Design Area」にテキスト枠が追加されます。この枠が、テキストファイルの内容を表示するメーターです。
  4. 「Design Area」は、デスクトップ上のメーターの位置を表しています。
    テキストメーターの枠をドラッグし、ToDoリストの内容をデスクトップに表示したい場所に移動します。
  5. テキストメーターの四隅をドラッグして、サイズをおおまかに調節します。
  6. 右側ペインの「Source」タブを選択して、「Text File to Read From:」の「...」ボタンをクリックします。
  7. 「Select Text File to monitor...」ダイアログボックスでテキストファイル(この例では「ToDo.txt」)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。
    「Design Area」のテキストメーターに、テキストが表示されます。
  8. 「Number of Lines:」に、表示したい行数を入力します。
  9. 右側ペインの「Display」タブを選択して、「Select Font...」ボタンをクリックします。
  10. 「フォント」ダイアログボックスの「フォント名」から、表示したいフォント(「メイリオ」など)を選択し、スタイルやサイズを選択します。
  11. 「文字セット」で「日本語」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
  12. 文字の色を設定する場合は、「Select Color...」ボタンをクリックし、「色の設定」ダイアログボックスで設定します。
  13. テキストを右端で折り返す場合は、「Word Wrap」にチェックを入れます。
  14. 「File」メニューの「Save As...」を選択します。
  15. 「Save Config」ダイアログボックスで、「Samurizeのインストール先フォルダー¥Configs」フォルダーを開きます。
    ※ インストール先フォルダーのデフォルトは、「C:¥Program Files¥Samurize」または「C:¥Program Files(x86)¥Samurize」です。
    ※ メーターを定義した Config ファイルは、必ず上記のフォルダーに保存します。
  16. ファイル名を指定し、「保存」ボタンをクリックします。
    ここでは「Sample-and-ToDo.ini」というファイル名にします。
  17. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Select Config File」から「Sample-and-ToDo.ini」を選択します。
    デスクトップに ToDo リスト付きのメーターが表示されます。
  18. テキストの位置や幅などを変更したい場合は、次のようにします。
    1. 「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウでテキストメーターの位置や幅などを変更し、「File」メニューの「Save」を選択します。
    2. タスクトレイの Samurize アイコンを右クリックし、「Reload Config」を選択します。
      編集した結果が、デスクトップのメーターに反映されます。
  19. 「Serious Samurize Config Editor」ウィンドウの「File」メニューから「Exit」を選択します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?