Windows Vista のガジェット風、デスクトップ時計&カレンダー

comono DigiClock のアイコン

comono DigiClock

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/10
バージョン:
1.84(2019/04/30)

Windows 10 でも利用できる Windows Vista のガジェット風、デスクトップ時計です。
ドラッグして任意の場所に設置して利用できます。
マウスカーソルを乗せていない時は半透明にする、マウスカーソルを乗せると非表示にするといった、ちょっとした便利機能を搭載。
また、1時間ごとに柱時計の音でお知らせする時報、デスクトップで便利な各種ツール(カレンダー、タイマー、ストップウォッチ)を用意。
カレンダーは複数起動させて並べて利用することができます。

提供元:

comono DigiClock の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード(Vista以降用:zip形式圧縮ファイル) 」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(digiclock184(VistaOrLater).zip)を解凍し、セットアップファイル(setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

スタートメニューから本ソフトを起動すると、時計ガジェットが表示されます。
右クリックメニューの「ツール」からカレンダー、タイマー、ストップウォッチを起動できます。
右クリックメニュー「ツール」


半透明化する
対象にしたいガジェットを右クリックし、「透明化」をクリックしてチェックを入れると、マウスカーソルを乗せていない時に半透明になります。

カーソルをよける
マウスカーソルを乗せるとガジェットを非表示にします。
対象にしたいガジェットを右クリックし、「カーソルをよける」をクリックしてチェックを入れると、マウスカーソルを乗せると非表示になります。

元に戻したい場合は Shift キーを押しながらマウスカーソルを乗せると、非表示にならないので、Shift キーを押したまま右クリックメニュー「カーソルをよける」をクリックすると元に戻すことができます。

ツール
カレンダー
  • カレンダーの右クリックメニュー「文字色のカスタマイズ」から、平日、土曜日、日曜日、祝日の表示色を変更できます。
  • カレンダーの右クリックメニュー「新しいカレンダーを開く」をクリックすると、複数のカレンダー起動させて前月、今月、来月のように並べることもできます。
    カレンダーを複数表示

タイマー
  • 3、5、10、15、30のボタンをクリックすると、すぐにカウントダウンを開始します。
  • 一時停止&リセット をクリックして一時停止、スタート をクリックして再開できます。
  • 一時停止中にもう一度 一時停止&リセット をクリックするとリセットされます。
  • 「+」、「-」ボタンをクリックして1分ずつ増減できます。
    タイマー

ストップウォッチ
  • ストップウォッチの右クリックメニュー「0.1秒単位を表示」をクリックしてチェックを入れると、ストップウォッチに 0.1 秒の位が表示されるようになります。
  • スタート をクリックして開始、 一時停止&リセット をクリックして一時停止、リセットできます。
    ストップウォッチ

更新履歴

Version 1.84 (2019/04/30)
  • カレンダーの祝日表示の仕様変更(祝日の適用年を設定可能に)
  • 過去のカレンダーも2000年以降であれば変更のあった祝日が正しく表示されるように
  • アラームのサウンドファイルがうまく選択されないバグを修正

Version 1.83 (2018/12/28)
  • カレンダーでの1年限りの祝日表示に対応
  • 2019年の天皇即位に関する祝日を追加

Version 1.82 (2016/07/26)
  • タイマー・ストップウォッチが常駐設定を記憶しない問題を修正

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?