同音異義語のチェック、ら抜き言葉のチェックなどを行える文章校正ツール

Shodo のアイコン

Shodo

提供元サイトへ

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows, macOS

同音異義語のチェック、ら抜き言葉のチェックなど20項目以上のチェックを行える、オンラインの文章校正ツールです。
作成した文章を貼り付けて「AIに文章を校正してもらう」ボタンをクリックすると、誤字脱字がないか、適切な表現となっているかなどを簡単にチェックできます。
Google アカウントでサインインすると、複数人で記事を管理しオンライン上で記事を相互レビューできる記事管理機能の利用も可能です。

提供元:
※ ブラウザーは Chrome / Firefox / Edge / Safari をサポート。
※ 文章校正のために入力したテキストが送信されるため、社内の機密内容だったり個人情報が含まれたりする内容とならないように構成実行前にご確認ください。
※ 複数人での記事管理機能を無料で利用する場合は、個人利用に限り、最大3人までの利用が可能です。

Shodo の使い方

開始

提供元サイトへアクセスして開始します。

使い方

すぐに利用できる無料版

  1. 提供元サイトへアクセスし、ログイン不要ですぐに利用開始できる「Shodo 無料版」の機能です。
    Shodo - トップページ

    Shodo - トップページ

  2. 文章を貼り付けて利用します。
    ※ ここでは「サンプルの分を入力する」ボタンをクリックして文章を入力します。
    サンプル文章の入力

    サンプル文章の入力

  3. 文章が入力されたら「AIに文章を校正してもらう」ボタンをクリックすると、改善点がある場合には問題がある場所の下に赤線が表示されます。
    赤線の箇所にマウスカーソルを乗せると、どのように改善可能なのかが表示されます。
    マウスカーソルを乗せると改善点の内容を表示(同音異義語)

    マウスカーソルを乗せると改善点の内容を表示(同音異義語)

    マウスカーソルを乗せると改善点の内容を表示(ら抜き言葉)

    マウスカーソルを乗せると改善点の内容を表示(ら抜き言葉)

※ 繰り返し構成を実行していると、次回の構成実行までに一定時間待ち時間が発生する場合があります。

ブラウザー拡張機能について

利用には Google アカウントでのアカウント登録が必要です。
ブラウザー拡張機能

ブラウザー拡張機能


最大500文字までの制限はありますが、サイトへアクセスすることなくすぐに構成チェックが可能です。
ブラウザー拡張機能では最大500文字まで利用可能

ブラウザー拡張機能では最大500文字まで利用可能



複数人で記事を管理する

Google アカウントでログインすると、複数人で記事を管理することができます。
※ 無料で利用できる「ベーシック」プランでは、個人利用に限り、最大3人まで利用可能です。
※ ただし、一定文字数以上の文章の分析、校正、表記ゆれなどチェックしたい場合には有料プランの契約が必要になります。
Google でサインインしたホーム画面

Google でサインインしたホーム画面

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?