X-Mouse Button Control の評価(レーティング)

マウスボタン、ホイール、チルトに任意の機能を割り当てられる高機能マウス拡張ソフト
width="70" height="14"
(平均評価:4.22 評価数:9
レビュー投稿数 14 件 (うち評価数 9 件)[?]
5つ星
7 (77.8%)
4つ星
0 (0.0%)
3つ星
0 (0.0%)
2つ星
1 (11.1%)
1つ星
1 (11.1%)

ユーザーレビューと評判

  • 5

    3D CADソフト( solidworks)で使用

    chosan
    chosan
    投稿数: 1件
    Windows 7

    3D CADソフト( solidworks)で使用。古いバージョンでも最新バージョンと同じように3Dモデルの回転をマウスのホイールボタンで行えるようになった。毎日ほんとに助かっています。まさに「神ソフト」。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    機能はいいのですが、カーソル位置がずれて認識されてしまいます

    たけやん
    たけやん
    投稿数: 1件
    Windows 10

    機能はいいのですが、カーソル位置がずれて認識されてしまいます。
    コピー・ペーストなどをマウス操作に割り当てておくとスピードアップします。これはいいやと思ったのですが落とし穴でカーソルがわずかにずれて認識されるようになってしまいます。

    たとえば、エクセルでセルの右下+マークに合わせて下にドラッグしても失敗します。
    ほんのわずかにずれてしまうようでそっちのストレスが上回ってしましました。
    残念です

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    安物の3ボタンマウスしか使って使ってなかったですが、今さらBUFF…

    ねずお
    ねずお
    投稿数: 1件
    Windows 10

    安物の3ボタンマウスしか使って使ってなかったですが、今さらBUFFALO製5ボタンマウスを購入しました (お小遣いがたまったら7ボタンにしたいです) 。付属のマウス専用ユーティリティーをインストールしてみましたが機能が貧弱に思えたのでアンインストールして、こちらのポータブル版を使うことにしました。設定が見づらいので、ダイアログはすべて LANGUAGE LANG_NEUTRAL, SUBLANG_NEUTRAL FONT 9, ”Meiryo UI” にいじくりました。不具合なく使えてます。僕のはチルトでホイールクリック同様だったので中ボタンは「コピー」、ボタン4は「ペースト」、ボタン5はまだ親指が慣れてないので「閉じる」に初期設定しました。こちらのレビューを参考に徐々に深入りしてみることにします。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    仕事柄アプリや動画をコマ送りで見るためキーを連打することが多く、指…

    ssssssss
    ssssssss
    投稿数: 1件
    Windows 10

    仕事柄アプリや動画をコマ送りで見るためキーを連打することが多く、指への負担がかかりよく痛めてしまっていたのですが、このソフトでホイールのロールに割り当てるキーをカスタマイズでし、連打する必要が大分なくなりました。 大変助かりました。

    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    ver 2.19 では、マクロを(ちょっとだけ)作りやすくなりまし…

    skmr
    skmr
    投稿数: 16件
    Windows XP

    ver 2.19 では、マクロを(ちょっとだけ)作りやすくなりましたよ

    ・「ボタン・コーディング」「ボタン長押し」「レイヤー変更」などでマウスポインタわきにインジケータを表示できるようになった。また、プロファイルごとにマウスポインタの色を変更(6色)できるようになった。
    ・マウスポインタの移動速度の変更・加速が各プロファイルごとに設定できるようになった。
    ・「キー・シミュレーション」設定パネル右上に追加された {} ボタンをマウスで押しながらキーボードの特殊キーを押すと、その特殊キーの {タグ} が入力されるようになった。
    ・また、「キー・シミュレーション」設定パネルの ▼ ボタンのドロップダウンメニューから {特殊タグ} を選択して入力できるようになった。
    ・Win 10 の「絵文字キーボード」のパネルを開くコマンドがメインウインドウのドロップダウンメニューに追加された。
    ・マウスポインタの移動速度に4パターンのプリセット指定ができるようになり、トグル変更用のコマンドがメインウインドウのドロップダウンメニューに追加された。
    ・「オートスクロール」の「感度」を垂直/水平方向で個別に設定可能になった。
    …その他の追加、修正

    みっつめ、よっつめの更新内容は、2018年09月24日の Nuko Piero さんの要望がある程度実現されたものといえるかもしれません。これにより、複雑なマクロも作りやすくなることとおもいます。 :)
    ※Win XP では「キー・シミュレーション」設定パネル右上に ▼ ボタンが表示されませんが、 {} ボタンを右クリックするとドロップダウンメニューを表示できます。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    決められたキーかShift+キーとか、好きなキーを割り当てられるわ…

    SUNNAMENTE
    SUNNAMENTE
    投稿数: 2件
    Windows 10

    決められたキーかShift+キーとか、好きなキーを割り当てられるわけではないので、使えない。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    とても良いソフトなので、是非とも6ボタン以降の拡張ボタンに対応して…

    kozarupapa
    kozarupapa
    投稿数: 1件
    Windows 10

    とても良いソフトなので、是非とも6ボタン以降の拡張ボタンに対応していただくことはできないでしょうか?エレコムマウスアシスタントが非常に不安定で使い物になりません。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    X-Mouse Button Control

    Nuko Piero
    Nuko Piero
    投稿数: 35件
    Windows 10

    X-Mouse Button Control。
    ☆を6付けたいくらい素晴らしいソフトという評価は変わっていません
    バージョンアップで2.18になりましたが
    何が変わったのかよく分からず…
    そのまま使っていましたが
    すぐにバージョン 2.18.1のお知らせが…
    コレははっきりと違いがわかりました

    同じPortable版ですが
    4~5秒で開いていた設定画面が瞬時に開くようになりました
    体感的には1秒もかかっていないのでは?と思います

    ずっと使っていますが特に不具合もありません
    本当に快適です
    Windowsを使うなら必需品と思えるほど重宝しています

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    誤作動や操作不能になったりして危なくてとてもじゃないが使えない

    nataku
    nataku
    投稿数: 1件
    Windows 10

    誤作動や操作不能になったりして危なくてとてもじゃないが使えない

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    公式フォーラムでクリスマス後にバージョン 2.18 をリリースする…

    skmr
    skmr
    投稿数: 16件
    Windows XP

    公式フォーラムでクリスマス後にバージョン 2.18 をリリースする旨の発表がありました。

    2.18 Bete15 以降で設定済みのプロファイルの一部がこわれるという報告があり 2.18 Beta18 までで一応は対処されたようですが根本的な原因は不明だったようなので、2.18 正式版でもなんらかの条件・特定の環境で発症する可能性があります。
    XMBC の「自動更新」を有効にしている人は、設定ファイル XMBCSettings.xml のバックアップ(別名で保存)をとっておくことをおすすめします。
    設定ファイルのあるフォルダは、XMBC メイン画面の「XBCの情報」ボタン >> 「XMBCフォルダ」ボタンで開くか、タスクトレイの XMBC アイコンの Ctrl+左クリックで開けます。

    【あらためて】
    XMBC の最新ベータバージョン(インストーラ版のみ)をポータブル版としてテストする場合は、公式フォーラムの「XMBC Beta」トピックからインストーラファイル(XMouseButtonControlSetup.2.** Beta**.exe)をダウンロードして、7-Zipで任意のフォルダに解凍すると使用できます。
    解凍のさいにEXEファイルやDLLファイルについてファイル名重複の警告がでるとおもいますが、64bit 環境ならファイルサイズの大きいほう(いいえ)/32bit 環境なら小さいほう(はい)を選択します。
    解凍したフォルダへ XMBCSettings.xml と Japanese2.xmbclp の2ファイルをコピーすれば従来と同じ状態からテストすることができます。(※二重起動はできないので、従来のXMBCはあらかじめ常駐を解除しておくこと)

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    @Nuko Pieroさん

    skmr
    skmr
    投稿数: 16件
    -

    @Nuko Pieroさん
    作者氏は、「登録したいキーを押すだけで登録」とか、ダイアログパネルに「タグ名のボタンを追加」とかの要望にたいして消極的なようです…
    プロセス名:(空欄 または xmousebuttoncontrol.exe)
    クラス名:「Edit」
    でプロファイルをつくって、ボタン4/5 か チルト左/右 に「コピー」/「ペースト」を割りあてると、説明欄から {タグ} のコピペが楽になります。
    {WAITMS}、{HOLDMS}、{MSET}、{MREST} などもよく使うなら、「同時押し」や「レイヤー2」などに割りあてたりとか。

    基本的にマクロ記述上、半角アルファベットの大文字/小文字に区別はないはずですが、再現性のある症状ならフォーラムにて報告しておきます。全角文字で記述したマクロの不具合ついて、作者はIMEに馴染みがないので修正は難しいとのこと。

    XMBCの作者氏は正式バージョンのバグ取りアップデートをせずに放置、次のバージョンのベータ版で修正というのが基本スタンスらしいので、フォーラムから最新ベータ版をDLして使うことをおすすめします。
    ※ベータ版では「ポータブル」用が用意されていませんが、XMBCSetup**.exeを 7-Zip や PeaZip などで展開することができます。(ファイル名が重複した exe、dll、pdb はファイルサイズの大きいほうが64bit用)
    最新ベータ版用の日本語ファイル(Japanese2.xmbclp)のDLは
    https://drive.google.com/open?id=0B0yYUYCQi-_WVDRNTzhXRERpMDQ

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    これは素晴らしいソフトです

    poipoi
    poipoi
    投稿数: 1件
    Windows 10

    これは素晴らしいソフトです。
    最初は、マウス購入元のメーカーからダウンロードして、そのマウス専用のソフトで設定してみたけど、バグって設定通りに動かなくなってしまったので止めました。
    このソフトはそういうことが起こらないし、どのマウスでも対応しているようで、ありがたいです。
    進む戻るボタンをコピー&ペーストボタンにしたらとっても楽で、作業が進みます。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    ELECOMのマウスを使っている関係でずっとマウスアシスタントを使…

    Nuko Piero
    Nuko Piero
    投稿数: 35件
    Windows 10

    ELECOMのマウスを使っている関係でずっとマウスアシスタントを使っていました
    便利だったんですが…
    例えばメディアプレーヤーを使う際、そのままでは不便なので設定2に切り替えたい
    それで設定画面を開こうとすると約30秒かかります
    ゲームでもなんでも一緒です
    設定1に戻す際にはまた30秒待たされます
    それに耐えられず他のソフトを探すことに…
    X-Mouse Button Control。素晴らしいソフトだと思います
    Portable版はインストール不要ですし設定画面は4~5秒で開きます
    そもそもXMBCでは設定変更時や新しいソフトの設定登録時以外
    設定画面を開く必要もありません
    あらかじめ設定1.2.3.4…と登録しておくだけで
    メディアプレーヤーでもテキストエディターでもブラウザでも
    そのウィンドウがアクティブ時、何もすることなく勝手にマウス設定が切り替わります
    マウスアシスタントでは時々、不具合?で設定が解除
    その都度、30秒かけて設定画面を開きOKをクリック。という作業を強いられましたが
    XMBCは数ヶ月使ってそのようなことはありません
    多少不便なところとしては設定時、マウスアシスタントでは
    登録したいキーを押すだけで登録できたのですが
    XMBCでは{CTRL}や{TAB}等入力しなければいけません
    しかも大文字では動作せず小文字に変えるとOKだったり、その逆も…
    その辺の設定関係は面倒くさいというか、コツコツやるしかないのかと…
    それでも、1度設定を済ませてしまえば本当に快適です
    これも☆を6付けたいくらいのソフトです

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    複雑なマクロをGUIで柔軟かつ簡単に設定できる「キー・シミュレーシ…

    skmr
    skmr
    投稿数: 16件
    Windows XP

    複雑なマクロをGUIで柔軟かつ簡単に設定できる「キー・シミュレーション」がこのソフトの特色のひとつ。(設定ダイアログ上に説明がある)
    「プロファイル」の追加にあたって、アプリ(.EXE)単位ではなく各アプリウインドウの部分要素(ウインドウクラス/正規表現の使用可)や部分的範囲に個別のプロファイルをつくることができる点も、マウスベンダー製などの一般的なユーティリティソフトよりも便利。
    少ボタンマウスでも、ウインドウクラス別(編集画面/ツールバー/テキストボックスなど)のプロファイルをつくることで、オフィス系ソフトやグラフィック/CADソフトなどの操作が快適になる。
    AHKのような設定の難しいソフトとくらべるとPC入門者~中級者にとっては接しやすく、いじり甲斐のあるところだとおもう。

    「レイヤー」の切替えを使いこなすと複数のマウスでの使い分けができるほかにも、修飾キー+ボタンの同時押しでレイヤーを切替えることにより、少ボタンマウスひとつだけでもより多機能に活用できるようになる。
    また、ゲームごとの個別プロファイルをつくれない(ウインドウクラスで指定できない)ストアアプリやブラウザゲームなどでは、exe単位で複数レイヤーのブラウザのプロファイルをつくって「エクスポート/インポート」することにより各ゲームごとの異なる設定状態を保存・再利用できる。


    レイヤーの切替方法についてはいろいろとある。

    ① マウスの特定ボタンのクリック(ドロップダウンリストで設定)
    ② タスクトレイアイコンを左クリック(共通設定 - 詳細 - 9 をチェック) → 順々にトグルしての切替え可
    ③ タスクトレイアイコンを右クリックメニュー
    ④ 任意のホットキー(グローバルホットキーに設定可)
    以上①~④ではレイヤーの変更状態を継続的に使用できる

    ⑤ Shift/Ctrl/Alt/Winの組み合わせキー(共通設定→修飾キー で任意の組み合わせを選択)
    設定した修飾キーを押している間だけ一時的にレイヤーが切替わる

    ⑥ キー・シミュレーション(タグで任意のレイヤーに切替え)
    ほかのタグやキー操作との組み合わせマクロも設定可

    ※ 各レイヤータブ下部の設定で、レイヤー切替えの持続時間を設定することもできる(一定時間経つと別のレイヤーに切り替わる)

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?