Windows 内で Windows や Linux などのOSを実行できる仮想化ソフト

VMware Workstation Player のアイコン

VMware Workstation Player

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10(64bit), Windows Server 2008/2012(64bit), Linux
バージョン:
15.5.5 Build 16285975(2020/05/28)

仮想的にOSをインストールして利用できる仮想マシンソフトです。
Linux や Chrome OS をインストールして利用して見たり、対応アプリの開発やテスト環境構築などに利用できます。
仮想マシン内で起動したOSの利用をやめるときは、電源をオフにしたり、その状態をキープするサスペンド(一時停止)にしたりできます。

提供元:
※ 非営利目的に限り無料で利用できます。営利目的の場合は VMware Player Pro の購入が必要です。

VMware Workstation Player の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「VMware Workstation 15.5.5 Player for Windows 64-bit Operating Systems.」の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(VMware-player-15.5.5-16285975.exe)からインストールします。

使い方

初期設定

  1. 本ソフトを起動すると「VMware Workstation 15 Player へようこそ」画面が表示されます。
    非営利利用の場合は「非営利目的で VMware Workstation 15 Player を無償で使用する」を選択して「続行」ボタンをクリックします。
    初期設定
  2. 「VMware Workstation 15 Player をご使用いただきありがとうございます。」画面が表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

仮想マシンにOSをインストールする

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「新規仮想マシンの作成」をクリックします。
  2. 「新規仮想マシンウィザード」画面が表示されます。
    OSをインストールする「インストーラ ディスク」、「インストーラ ディスク イメージ ファイル」、「後でOSをインストール」のいずれかを選択します。
    ここでは Windows 7 のインストーラ ディスクをインストールしていきます。
    インストーラ ディスクが認識された後、「次へ」ボタンをクリックします。
    新規仮想マシン作成ウィザード
  3. 「簡易インストール情報」画面が表示されます。
    Windows プロダクト キーを入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    簡易インストール情報
  4. 「仮想マシンの名前」画面が表示されます。
    「仮想マシン名」を入力し、場所を設定して「次へ」ボタンをクリックします。
    仮想マシンの名前
  5. 「ディスク容量の指定」画面が表示されます。
    仮想ディスクとなるファイルを一つにまとめるか複数に分割して保存するかを選択します。
    パフォーマンスを考えると単一ファイルとした方が望ましいですが、ここでは複数のファイルに分割を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ディスク容量の指定
  6. 「仮想マシンを作成する準備完了」画面が表示されます。
    仮想マシンの設定が表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。
    仮想マシンを作成する準備完了
  7. 仮想マシン上にOSがインストールされます。

仮想マシンを操作する

ゲストをサスペンド をクリックして、実行中の状態のまま中断することができます。次回仮想マシンを再開した際には、その状態の続きから利用できます。
▼をクリックすると、次の操作ができます。
  • パワーオン
  • ゲストをシャットダウン
  • ゲストをサスペンド
  • ゲストを再起動

また、ツールバーのアイコンをクリックして次の操作ができます。
  • Ctrl + Alt + Delete の送信
    Ctrl + Alt + [Delte] を送信する
  • フルスクリーン
    フルスクリーンモードで表示。Ctrl + Alt + Enter でも可能

更新履歴

Version 15.5.5 Build 16285975 (2020/05/28)
  • What's New
    ・Windows 10 host VBS support
     ・VMware Workstation 15.5.5 now runs on Windows hosts with Hyper-V features (For example: virtualization based security) enabled.

Version 15.5.2 Build 15785246 (2020/03/12)
  • What's New
    ・This release of VMware Workstation Player is a free upgrade for all VMware Workstation 15 Player users. It contains bug fixes and security updates.
  • …(省略)

Version 15.5.1 Build 15018445 (2019/11/12)
  • What's New
    ・This release of VMware Workstation Player is a free upgrade for all VMware Workstation 15 Player users. It contains bug fixes and security updates.
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • コメント

    VMware 環境を捨てがたく、Windows サンドボックスを使…

    Subtropical Land
    Subtropical Land
    投稿数: 1件
    Windows 10

    VMware 環境を捨てがたく、Windows サンドボックスを使えずじまいでいましたが、やっと普通に共存できるようになってよかった。
    Windows10 バージョン 2004 (OS ビルド 19041.264)
    VMware Workstation 15 Pro 15.5.5 build-16285975

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    OSのサンドBOXだと他エミュと

    tonnura
    tonnura
    投稿数: 63件
    Windows 10

    OSのサンドBOXだと他エミュと
    干渉してブルスクになるので
    どうせHDD余りまくっているので
    7を入れてみました。
    仮想マシンは初めてですが
    あっさりと起動。
    入れたはいいけど使い方を
    勉強するほうが大変そうです><

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    普段はVirtualBoxをメインに使っていますが、vmwareで…

    Aki
    Aki
    投稿数: 17件
    Windows 10

    普段はVirtualBoxをメインに使っていますが、vmwareではDirectXがある程度動くと聞いて試してみました。
    10年ほど前の3Dゲームが当時の実機程度の速度で問題なくプレイできました。
    ほんのちょっとラグを感じますが、30~60fps出ています。
    VirtualBoxでは2~3fpsしか出なかったので驚きです。

    残念なのは仮想PCでフルスクリーンのアプリを動かすと(vmware toolsをインストールしていても)カーソルがvmwareのウィンドウから抜け出せなくなり、毎回キーボードでカーソル解除しないといけない点くらいでしょうか。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

VMware Workstation Player に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 24 件)