マウスカーソル付きの画面キャプチャーの取得や、ぽんぽんファイルをドラッグ&ドロップして Dropbox / Google ドライブなどにファイルアップロードできるソフト

ShareX のアイコン

ShareX
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8.1/10
バージョン:
13.0.1(2019/08/28)

画面全体、指定した範囲のマウスカーソルを含めた画面キャプチャーを取得して保存、クリップボードにコピーできるキャプチャーソフトです。
静止画だけでなく動画のキャプチャーにも対応。
取得したキャプチャーの履歴を管理でき、ファイルを画像サーバーへアップロード、ダウンロード、四角形・矢印・テキストなどを追加する画像編集、QRコードの発行などが可能です。
アップロードしたURLを利用して気軽にシェアできます。
また、設定することで、本ソフトにドラッグ&ドロップすると自動で Dropbox、Googler ドライブ、OneDrive などへのアップロードやFTP転送を行うファイルアップローダーとしても利用できます。
非常に多機能で日本語にも対応していないので使いこなすのは大変ですが、慣れればかなり役に立つソフトになります。

提供元:

ShareX の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ShareX-13.0.0-setup.exe)からインストールします。

使い方

画面をキャプチャーする

ホットキー
次のホットキーで画面をキャプチャーできます。
  • PrtSc キー
    画面全体
  • Alt + PrtSc キー
    アクティブなウィンドウ
  • Ctrl + PrtSc キー
    選択した矩形範囲
  • Shift + PrtSc キー
    指定範囲の動画をキャプチャーし、MP4形式で保存します。
    ※ 初回利用時は ffmpeg をダウンロードします。
  • Ctrl + Shift + PrtSc キー
    指定範囲の動画をキャプチャーし、アニメーションGIF形式で保存します。
    ※ 初回利用時は ffmpeg をダウンロードします。
※ ホットキーはメイン画面左の「Hotkey setteings」から変更できます。

「Capture」メニュー
メイン画面左メニューの「Capture」からもキャプチャーできます。
  • Fullscreen
    画面全体
  • Window
    選択したウィンドウ
  • Monitor
    選択したモニター
  • Region
    ドラッグして選択した範囲
  • Region (Light)
    ドラッグして選択した範囲
  • Region (Transparent)
    ドラッグして選択した範囲
  • Last region
    最後に選択した範囲
  • Screen recording
    選択した範囲の動画をキャプチャーします(MP4)。
    ※ 初回利用時は ffmpeg をダウンロードします。
  • Screen recording (GIF)
    選択した範囲の動画をキャプチャーします(アニメーションGIF)。
    ※ 初回利用時は ffmpeg をダウンロードします。
  • Scrolling capture
    指定したパーツをスクロールして全体をキャプチャーします。
  • Webpage capture
    指定したURLをキャプチャーします。
  • Text capture (OCR)
    指定した範囲にある文字を読み取ります。
  • Auto capture
    停止するまで、指定した時間間隔でキャプチャーを撮り続けます。
右クリックメニューからアップロード


アップロードする

指定した送信先へアップロードします。

初期設定の場合
キャプチャーした履歴を右クリックして「Upload」をクリックすると、Imgur にアップロードします。
アップロードした履歴をダブルクリックすると、ブラウザーでそのページを表示します。

また、メイン画面へファイルをドラッグ&ドロップすると、画像ファイルは Imgur、テキストファイルは Pastebin へアップロードします。

Dropbox へアップロードする
ここでは例として、Dropbox にアップロードするように設定します。

Dropbox と連携する
  1. 画面左メニューの「Destinations」⇒「Destination settings」とクリックします。
    メニュー「After upload tasks(アップロード後のタスク)」
  2. 「Destination settings」画面が表示されます。
    左メニューから「Dropbox」をクリックします。
  3. 「Dropbox」画面が表示されます。
    「Step 1: Open authorize page」ボタンをクリックします。
  4. ブラウザーで Dropbox ページが表示されます。
    ログインして ShareX を許可すると、認証コードが発行されるのでコピーします。
  5. 本ソフトに戻り、「Verification code」のテキストボックスに認証コードを貼り付けて「Step 2: Complete autorization」ボタンをクリックします。
  6. これで Dropbox の設定が完了です。

Dropbox をアップロード先に指定する
デフォルトでは、画像ファイル、テキストファイル以外のアップロード先は Dropbox に指定されていますが、画像ファイルとテキストファイルも Dropbox にアップロードするように設定していきます。
  • 画像ファイルは、画面左メニューから「Destinations」⇒「Image uploader: Imgur」⇒「File uploader」⇒「Dropbox」とクリックします。
  • テキストファイルは、画面左メニューから「Destinations」⇒「Text uploader: Pastebin」⇒「File uploader」⇒「Dropbox」とクリックします。

これですべてのファイルが Dropbox にアップロードされるように設定されました。
例えば、Dropbox にファイルを保存しておこうと思ったら本ソフトのメイン画面にファイルをドラッグ&ドロップするだけで気軽にファイルをオンラインストレージである Dropbox にアップロードできるようになります。
※ Dropbox の場合、2017年10月にファイルをアップロードすると、「Dropbox」⇒「ShareX」⇒「2017」⇒「10」フォルダーにアップロードされます。

画像を編集する

画像に注釈を追加して、ちょっとした編集ができます。
  1. メイン画面の履歴から編集したい画像を右クリックして「Annotate image」をクリックします。
  2. 編集画面が表示されます。
    画面上部のツールバーから四角形、楕円、矢印、テキストなどの注釈を追加して保存できます。

アップロードしたファイルのQRコードを発行する

メイン画面の履歴からQRコードを発行したいファイルを右クリックして「Show QR code」とクリックすると、QRコードが表示されます。

更新履歴(英語)

Version 13.0.1 (2019/08/28)
  • -

Version 13.0.0 (2019/08/24)
    ・Added thumbnail view mode to main window
     ・Added “Switch to list view” button to right click menu which can be used to return to list view
     ・Clicking on image file thumbnails shows fullscreen image preview
     ・For non-image files, file icon will be shown instead and clicking on them opens the file
     ・Clicking on thumbnail title will open URL or file path, depending on which one exists
     ・Added “Hide thumbnail title” button to right click menu to be able to have compact thumbnail view
     ・Colored glows at the top of thumbnails are status indicators; green means task is running, blue means task is done and red means upload failed
    ・File thumbnails can be dragged to copy file to Windows Explorer or another application
  • …(省略)

Version 12.4.1 (2019/02/23)
  • Bug fixes

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】当アプリは、日本での知名度がありませんが、 海…

    owl
    owl
    投稿数: 331件
    Windows 10

    当アプリは、日本での知名度がありませんが、
    海外では「スクリーンショットを撮り、ローカルデータをファイルアップローダーする」ための絶対的な定番アプリです。

    インストール後で最重要な設定項目は、すべての自動アクションを定義する「キャプチャ後」、「アップロード後」、および「宛先」です。
    「キャプチャ後」スクリーンショットのアクションを定義します。 デフォルトは、スクリーンショットをファイルに保存し、それを Imgur(画像ホスティングWebサイト)にアップロードします。 他
    「アップロード後」アップロード後を制御します。 アップロードされたファイルの URL は、デフォルトでクリップボードに自動的にコピーされます。他
    「宛先」デフォルトのリモートロケーションとインターネットサービスを定義します。 画像は Imgur に、テキストは Pastebin に、ファイルは Dropbox にアップロードされます。 URL 短縮サービスは Goo.gl に、ファイルリンクは Twitter です。 オプションが充実しており、数多の画像ホスティングサービス、テキストアップロードサービス、ファイルアップロード、ファイルホスティングサイト、ftp、電子メール、共有フォルダー、他のカスタムソリューションなども利用できます。

    当アプリの使用方法は簡単至極で、サイドバーメニューやキーボードショートカットから操作します。
    キャプチャは、デスクトップ、ウィンドウ、長方形、多彩な形状、フリーハンドのスクリーンショットを撮ることができます。Ctrl-Print は長方形のスクリーンショットを作成し、Alt-Print はアクティブなウィンドウからスクリーンショットを作成します。


    各アップロードとスクリーンショットは、プログラムのログにリストされます。 アップロードの進行状況、ホスティングサイトのホストとファイルの URL を表示可能です。 右クリックで、ファイルをローカルまたはリモートで開くことができます。BBCode や HTML など、多様な方法で完全なサムネイルパスまたは削除パスをコピーできます。


    アプリケーションウィンドウの情報は「プログラムを閉じると消去されます」が、
    サイドバーの履歴ツールと画像履歴ツールを使用して、多様なオプション(日付、タイプ、フィルタリング、画像のプレビューなどのコンテンツのロードやコピー)を含む詳細なログを作成できます。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい