Microsoft Office にクラシックスタイルのメニューを表示できるソフト

クラシックスタイルメニュー for Office 2016

クラシックスタイルメニュー for Office 2016

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.08(2017/10/22)

Microsoft Office にクラシックスタイルのメニューを表示できるアドインです。
Microsoft Word/Excel/PowerPoint、Microsoft Office 2007/2013/2016 に対応しており、本アドインを導入すると、「Classic Menu」項目が追加され、クラシックスタイルのメニューバーとツールバーを利用できるようになります。
表示位置を左端タブ表示、右端タブ表示、クイックアクセスツールバーに表示の3パターンから選択可能。
「リボンのユーザー設定」から不要な項目を非表示にすれば、よりクラシックな表示に近づけることができます。

提供元:

クラシックスタイルメニュー for Office 2016 の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(csmo108.zip)を解凍してセットアップを行います。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

表示位置について

次の3つのフォルダーが用意されており、表示位置によって使用するファイルを変更します。
  • クイックアクセスツールバー用
  • 右端のタブに表示用
  • 左端のタブに表示用
どの表示方法を選んでも設定方法は同じです。

Word にクラシックスタイルのメニューを表示する

左端のタブに表示する設定方法です。
  1. 「スタートアップフォルダを開く.vbs」を実行すると、Mircrosoft Word のスタートアップフォルダーが開きます。
    ※ 開かない場合は次のフォルダーを開きます。
    XP
    C:¥Documents and Settings¥(ユーザ名)¥Application Data¥Microsoft¥Word¥STARTUP
    Vista 以降
    C:¥Users¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Word¥STARTUP
  2. 「左端のタブに表示用」フォルダー内の「ClassicMenu.dotx」を Mircrosoft Word のスタートアップフォルダーにコピーします。
  3. Mircrosoft Word を起動すると「Classic Menu」が追加されていることを確認できます。
    ※ 既に Microsoft Word が起動している場合は一度終了して再度起動すると確認できます。

Word からクラシックスタイルのメニューを削除する
Mircrosoft Word のスタートアップフォルダーから「ClassicMenu.dotx」を削除すればOKです。

Excel にクラシックスタイルのメニューを表示する

左端のタブに表示する設定方法です。
  1. 「アドインフォルダを開く.vbs」を実行すると、Mircrosoft Office のアドインフォルダーが開きます。
    ※ 開かない場合は次のフォルダーを開きます。
    XP
    C:¥Documents and Settings¥(ユーザ名)¥Application Data¥Microsoft¥AddIns
    Vista 以降
    C:¥Users¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥AddIns
  2. 「左端のタブに表示用」フォルダー内の「ClassicMenu.xlam」を Mircrosoft Office のアドインフォルダーにコピーします。
  3. Mircrosoft Excel を起動し、メニューバーから「ファイル」⇒「オプション」とクリックします。
  4. 「Excel のオプション」画面が表示されます。
    左メニューから「アドイン」をクリックします。
  5. 「アドイン」画面が表示されます。
    画面下部の「管理」項目のプルダウンから「Excel アドイン」を選択し「設定」ボタンをクリックします。
  6. 「アドイン」画面が表示されます。
    「Classicmenu」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックすると、「Classic Menu」が追加されます。

Excel からクラシックスタイルのメニューを削除する
設定するときの手順 6.にて、「Classicmenu」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックすると、「Classic Menu」が削除されます。
あわせて、Mircrosoft のアドインフォルダーから「ClassicMenu.xlam」も削除します。

PowerPoint にクラシックスタイルのメニューを表示する

左端のタブに表示する設定方法です。
  1. 「アドインフォルダを開く.vbs」を実行すると、Mircrosoft Office のアドインフォルダーが開きます。
    ※ 開かない場合は次のフォルダーを開きます。
    XP
    C:¥Documents and Settings¥(ユーザ名)¥Application Data¥Microsoft¥AddIns
    Vista 以降
    C:¥Users¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥AddIns
  2. 「左端のタブに表示用」フォルダー内の「ClassicMenu.ppam」を Mircrosoft Office のアドインフォルダーにコピーします。
  3. Mircrosoft PowerPoint を起動し、メニューバーから「ファイル」⇒「オプション」とクリックします。
  4. 「PowerPoint のオプション」画面が表示されます。
    左メニューから「アドイン」をクリックします。
  5. 「アドイン」画面が表示されます。
    画面下部の「管理」項目のプルダウンから「PowerPoint アドイン」を選択し「設定」ボタンをクリックします。
  6. 「アドイン」画面が表示されます。
    「新規追加」ボタンをクリックすると「新しい PowerPoint アドインの追加」ダイアログが開くので、「ClassicMenu.ppam」を選択して「開く」ボタンをクリックします。
  7. 「アドイン」画面に「Classicmenu」が追加され、PowerPoint 画面に「Classic Menu」が追加されます。

PowerPoint からクラシックスタイルのメニューを削除する
設定するときの手順 5.にて、「Classicmenu」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックすると、「Classic Menu」が削除されます。
あわせて、Mircrosoft のアドインフォルダーから「ClassicMenu.ppam」も削除します。

他のリボンメニューを非表示にする

Microsoft Office 2016、Word の場合
  1. リボンメニュー上(例えば「Classic Menu」の上)で右クリックし、表示されたメニューから「リボンのユーザー設定」をクリックします。
  2. 「リボンのユーザー設定」画面が表示されます。
    ホーム、挿入、デザイン、レイアウト、参考資料、差し込み文書、校閲、表示のチェックを外して「OK」ボタンをクリックすると、「ファイル」と「Classic Menu」以外のリボンメニューが非表示になります。

非表示にしたリボンメニューを元に戻す
  1. 「リボンのユーザー設定」画面を表示し、画面右下の「ユーザー設定」項目の「リセット」プルダウンをクリックして「すべてのユーザー設定をリセット」をクリックします。
  2. 「このプログラムのリボンとクイック アクセス ツール バーのユーザー設定を削除しますか?」と表示されるので「はい」ボタンをクリックします。
  3. 「リボンのユーザー設定」画面の「OK」ボタンをクリックすると、リボンメニューが元に戻ります。
    ※ メニュー関連のカスタマイズが初期設定に戻ります。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?