CSVデータ専用の編集ソフト

CS Editor Free のアイコン

CS Editor Free
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 98/Me/NT/2000/XP
バージョン:
2.4(2005/01/11)

2021年9月2日、配布終了確認
Excel などの表計算ソフトがインストールされていない環境でも表形式でCSVデータの編集が可能。
行、列の交換表示ができるほか、アンドゥ機能が搭載されています。

提供元:
Yuji Miyashita

CS Editor Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「こちらをクリックしてください」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SCSVED24.lzh)を解凍し、SCSVED.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

更新履歴

Version 2.4 (2005/01/11)
  • 検索/置換文字列の補完機能を追加。
  • ScrollLock状態での矢印キーに対応。
  • セル上でShift+Enterキー押下で、選択/編集モード切り換えをするように変更。
  • エディットバー上でEnterキー押下で、セルを移動(移動設定時のみ)するように変更。
  • 現在のファイルの場所(フルパス名)を表示する機能を追加。
  • 行/列の反転機能を追加。
  • 列幅をデフォルトの幅に戻す機能を追加。
  • 行/列の追加機能をメインメニューに追加。
  • セル編集モード時、表の背景色に関係なくセルが白色になる不具合を修正(表の背景色と同一になるようにしました)。
  • 設定画面で表の背景色やフォントを変更後、何らかの編集を行い「元に戻す」と、変更した表の設定が変更前に戻ってしまう不具合を修正。これに伴い、設定の変更もUndoできるように変更しました。

Version 2.3
  • 列幅自動調整機能に、最大/最小列幅指定オプションを追加。
  • 別ウィンドウでファイルを開く機能を追加。
  • 最近開いたファイルを開く機能を追加。
  • 半角/全角変換機能を追加。
  • 簡易印刷機能を追加。
  • 数値ソート時、符号のみのセルのエラーチェックを強化。
  • ユーザインタフェースを若干改善。

Version 2.2
  • 行、及び列の移動機能を追加。
  • 行/列の交換機能を追加。
  • ファイルオープン時の列幅自動調整オプションを追加。
  • 列幅変更インタフェースを追加。
  • 数値ソートを追加。
  • 列の挿入、または削除時に列幅が変更される不具合の修正。
  • 行、または列を追加後にUndoし、その後、行または列サイズを増やした場合、セルにゴミが表示される不具合を修正。
  • ソート実行後に、未入力のセルに半角スペースが入る不具合を修正。
  • セル編集モード時にDelete キーが有効になるように変更。