ちょっとした表形式のデータを扱えるソフト

表次郎 のアイコン

表次郎

4.00
1件)
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

Excel なしでちょっとした表形式のデータを編集できるソフトです。
CSV/TSV 形式のデータを読み込んで編集することもできます。
セル内の配置、罫線、背景色、フォントカラー、オブジェクトの追加、関数による集計・四則演算、行列の固定表示、複数のシートの切り替えなどの機能を利用できます。
作成したデータの CSV/TSV 形式での保存にも対応しています。

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
4.10(2024/06/16)
価格:
無料
提供元:
制作ソフト一覧を見る

表次郎 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」項目下の「Download」をクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(hyo0410.zip)を解凍し、HyoEd.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

CSV/TSV 形式ファイルを編集する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    メニューバーから「ファイル」⇒「インポート」とクリックします。
    表次郎 - メイン画面

    表次郎 - メイン画面

  2. 「開く」ダイアログが表示されるので、CSV ファイル(*.csv)またはタブ区切りファイル(*.*)を選択して開くことができます。
    ※ CSV ファイルが正常に表示されないような場合、メモ帳などで CSV ファイルを開いて Ctrl + A キーを押して全選択、Ctrl + C キーを押してコピーし、本ソフトのセルの上で右クリックして「テキスト貼り付け」⇒「カンマ区切り」とするとキレイにデータを入れることができる場合があります。
    右クリックメニュー「テキスト貼り付け」⇒「カンマ区切り」

    右クリックメニュー「テキスト貼り付け」⇒「カンマ区切り」


罫線、オブジェクトを追加する
メイン画面左の各種アイコンから罫線、オブジェクトの追加等が可能です。

書式・配置
書式設定
  • 書式設定
    初期値。
    下記の「桁区切り」に変更した場合、ここをクリックすると元に戻すことができます。
  • 桁区切り
    画面表示上で数字に3桁のカンマを追加します。
    実データには反映されません。
  • 小数点設定
    事前に設定すると、オプションで設定した小数点桁数表示になります。
  • 日付書式
    入力したテキストをYYYY/MM/DD形式に変換します。
    「8/1」または「08-01」のように入力すると、「2018/08/01」に変換されます。
その他、左詰め、右詰め、中央詰め、上詰め、下詰めなどの配置変更が可能です。

罫線
選択したセルに罫線を引きます。
太さ をクリックして細線または太線から選択できます。

背景色
選択したセルに背景色を塗ります。
「NO」をクリックすると元に戻ります。

フォント
選択したセルのテキストに色を付けます。
「NO」をクリックすると元に戻ります。

オブジェクト
オブジェクト
矢印、吹き出し、四角形、楕円などのオブジェクトを利用できます。
  • クリックした後、表の上をドラッグするとオブジェクトを配置できます。
  • オブジェクトをクリックして選択し、背景色、フォントの色をクリックして着色できます。
  • オブジェクトの上で右クリックし、「設定」からスタイル(枠と塗りつぶし/枠のみ/塗りつぶしのみ)、線の太さをカスタマイズできます。
  • オブジェクトの上で右クリックし、「テキスト入力」からテキストを入力できます。
オブジェクトの追加

オブジェクトの追加



メイン画面左上の 標準記号 の「記号」をクリックすると、さらに多くのオブジェクト、記号を利用できます。

その他の機能
ツールバーから次のような機能を利用できます。

ツールバーアイコン
ツールバーアイコン
  • エクスポート
    編集したデータを CSV/TSV 形式で保存します。
  • プレビュー
    印刷時のプレビュー表示を行い、印刷もできます。
  • 関数の設定
    範囲を選択し、集計、四則演算ができます。
    関数設定

    関数設定

  • 行列固定
    セルの置いてある位置で行と列を固定します。
    Excel の「ウィンドウ枠の固定」と同じ機能です。
  • 改行で右へ移動
    Enter キーを押したときに右のセルに移動します。
  • オブジェクト選択
    ドラッグしてオブジェクトを選択できます。

その他
  • シート
    画面下部の「Sheet1」タブを右クリックして新規シートの追加、シート名の変更や削除ができます。
    新規シートの追加

    新規シートの追加

  • 検索・置換
    メニューバー「検索」から検索、置換を行えます。

アンインストール(削除)する

「HyoEd」フォルダーを削除すればOKです。

更新履歴

Version 4.10
(2024/06/16)
  • 編集中の改行にshift+retを追加
     (現行はshift+ctl, shift+alt)
  • 固定列・行の固定列・行内で列選択すると固定分が全て選択されていたのを修正
  • 印刷のページを超えたときの開始位置にずれがあることがあったのを修正
  • ファイルのお気に入りを機能追加
  • マクロ選択画面で"<抽出>"機能を追加
  • 【表次郎マクロ登録 Ver1.55 - コンパイルVer0.11 -- 】
    • 変数定義の後ろに=を付けると値設定が直接できる
    • マクロ追加・修正
       CBコピーHTML2
       CBコピーリスト→書式
       HTML属性一覧 up

Version 4.01
(2024/03/10)
  • リスト画面で選択行の再描画がうまくいかなかった
  • マクロ追加
     検索発生件数取得
     CBコピー文字罫線

Version 4.00
  • マクロの分類機能追加
  • ヘルプ情報から起動先のフォルダを開く機能追加
  • ヘルプ情報から開いてるBOOKのフォルダを開く機能追加
  • CTL+SHIFT+Vはテキスト貼り付け
  • 右クリックメニューの集計値を削除(必要ならマクロを登録して追加してください)
  • リストデータ編集機能追加
  • 【表次郎マクロ登録 Ver1.54 - コンパイルVer0.11 -- 】
    ・一括再コンパイル機能追加
    ・inlucdeファイルはソースファイルと同フォルダ直下の
     ファイルを取得、無ければmacroフォルダを検索
    ・マクロ名変更機能追加
    ・ソースファイルのフォルダを開く機能追加
    ・ヘルプ、ソース編集のアイコンを変更
    ・マクロソースのパスの部分を選択のみで入力不可とする
    ・キーワード編集機能追加
    (マクロで使う固定値)
    ・定数を未使用分は対象にしない
    ・関数変更
     create_array_str()の引数に配列区分追加(DEF値:0)
     array_str()の引数に配列区分追加(DEF値:0)
    ・関数追加
     quit_macro()
     quit_list()
     input_array_str()
     select_array_str()
     array_str_save()
     array_str_load()
     get_keyword()
     array_str_ins()
     array_str_del()
     array_str_rota()
     get_array_str_max()
  • 追加マクロ
     検索全シートQL
     単語帳登録
     単語帳選択

ユーザーレビュー

  • 4

    簡単な足し算さえできればよかったので使わせていただきました

    fccg
    fccg
    1
    Windows 11

    簡単な足し算さえできればよかったので使わせていただきました。
    四則演算も可能とのことですが、そう複雑な計算式は求めてないので十分です。

    スプレッドシートのソフトは関数の入力が分かりにくかったりしますが、本ソフトは自分のような初心者でも簡単に入力できました。確定申告程度なら十分Excelの代替になりそうです。

    インターフェースも分かりやすいので手軽に凝った表が作れるのも魅力です。PCの苦手な人にはベストかもしれません。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?