AIを利用して高い精度で翻訳できるソフト

DeepL のアイコン

DeepL

ダウンロード

対応OS:
Windows, Mac, iOS

ディープラーニング(深層学習)を利用した人工知能(AI)により、精度の高い機械翻訳を実現した DeepL をデスクトップで利用できるソフトです。
Ctrl + C キーを2回押すだけでコピペなどの作業不要で翻訳できるので、ウェブページから、Word から、PowerPoint から、メールから、翻訳したい文章があれば素早く翻訳できるのが魅力です。
対応言語は英語(アメリカ)、英語(イギリス)、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、イタリア語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、日本語、中国語(簡体字)など26の言語です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 無料版では1回の翻訳で5,000文字までの制限があります。

DeepL の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版は「Mac版をダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(DeepLSetup.exe)からインストールします。

使い方

初回起動時

DeepL Pro へのログイン画面が表示されます。
画面右下の「ログインしない」ボタンをクリックして Free 版の利用を開始できます。

基本的な操作

本ソフトをインストールすると自動で起動し、翻訳を利用したい個所を Ctrl + C を2回押すとメイン画面を開き自動翻訳してくれます。
Ctrl キーを押しながら C を2回押すことでもOKです。

メイン画面を表示する
本ソフト起動時に表示されるメイン画面は、タスクトレイicon アイコンをクリックして表示させることもできます。

翻訳する

翻訳したい文章を範囲選択した後 Ctrl + C キーを2回押すことで、自動的に本ソフトで翻訳を行います。
※ メイン画面を開いて画面左側に翻訳したい文章を貼り付けてもOKです。
翻訳した後、画面右下の「コピー」ボタンをクリックすると、翻訳した文章をクリップボードへコピーできます。

英語から中国語へ翻訳する
  1. メイン画面右側の「訳文」横の言語をクリックして、翻訳したい言語を選択します。
    ここでは「中国語(簡体字)」を選択します。
  2. 原文に英文を入力した場合、「英語」から「中国語(簡体字)」へ翻訳されます。

日本語から英語へ翻訳する
  1. メイン画面右側の「訳文」横の言語をクリックして、翻訳したい言語を選択します。
    ここでは「英語」を選択します。
  2. 原文に日本語を入力した場合、「日本語」から「英語」へ翻訳されます。

ファイルを翻訳する

Word 文書(.docx)、PowerPoint 文書(.pptx)の翻訳に対応しています。
ここでは日本語の Word 文書(.docx)を英語(アメリカ)へ翻訳していきます。
  1. メイン画面上部の「文書の翻訳」をクリックします。
  2. 「文書翻訳」画面が表示されます。
    「ファイルを選択する」ボタンをクリックして Word 文書(.docx)または PowerPoint 文書(.pptx)のファイルを選択します。
    ここでは Word 文書(.docx)を選択します。
  3. 翻訳したい言語を選択します。
    「英語(アメリカ)」をクリックします。
  4. 文書の翻訳中です。
  5. 文書の翻訳が完了しました。
    「開く」ボタンをクリックして内容を確認できます。
  6. ※ 翻訳したファイルは、翻訳前ファイルと同じ場所に保存されます。日本語に翻訳した場合、「(翻訳前ファイル名)+ JA.DOCX」というファイル名で保存されます。具体的には ABC.docx → ABC JA.docx となり、英語(アメリカ)へ翻訳した場合は ABC en-US.docx となります。

翻訳をサポートしている言語

  • 英語(アメリカ)
  • 英語(イギリス)
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • イタリア語
  • オランダ語
  • ポーランド語
  • ロシア語
  • 日本語
  • 中国語(簡体字)
  • エストニア語
  • ギリシャ語
  • スウェーデン語
  • スロバキア語
  • スロベニア語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • ハンガリー語
  • フィンランド語
  • ブルガリア語
  • ラトビア語
  • リトアニア語
  • ルーマニア語

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2020年03月24日)

ユーザーレビュー

  • 4

    <法務分野の英文和訳に使用しました>

    kunichan
    kunichan
    投稿数: 1件
    Windows 10

    <法務分野の英文和訳に使用しました>
    法務分野でも、特に英文和訳は難しいと思います。プロレベルのT-4OOも含めいろいろ試しました。しかし意味不明な和訳がどうしても散見され、さっと読める日本語というのには、一段の進歩が期待されます。
    改善してほしい点:
    ・pdfファイルを直接翻訳できない(wordやtextファイルに変換不要にしてほしい)
    (例えばwordに変換すると、同一箇所が繰り返し翻訳されてしまう)
    ・固有名詞を含めた翻訳をあらかじめ統一できるように
    (同一単語の翻訳が場所により異なる)
    ・日本語として意味不明な直訳はAIのレベルアップが必要
    これはいいと感じた点:
    ・シンプルなユーザーインターフェース
    ・和文英訳は英文和訳に比べずっとレベルが高いです。これならちょっとの訂正で使えるレベルと思われました

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    致命的な点として、時々文章がごっそりと翻訳から抜け落ちることがあり…

    dhryddj
    dhryddj
    投稿数: 2件
    Windows 8/8.1

    致命的な点として、時々文章がごっそりと翻訳から抜け落ちることがあります。少し省略が入ると簡単な文章でも抜け落ちるように思います。google翻訳はそういうことは見られません。また、時々翻訳が極端におかしい時があります。例えば「least favorite」という言葉を翻訳すると、DeepLでは「一番のお気に入り」となります。意味が正反対になっています。googleではもちろんそんなことは起こっていません。確かに全体的な自然さではDeepLは優れていると思いますが、これらの致命的な点があるため、現時点ではGoogle翻訳のほうが良いと思います。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】DeepLと連携できるソフトウェアが増えてきました

    no name3071
    no name3071
    投稿数: 34件
    Windows 10

    DeepLと連携できるソフトウェアが増えてきました。
    より便利にDeepLを活用できるでしょう。

    PCOT
    http://www.gc-net.jp/s_54/

    Screen Translator
    https://www.gigafree.net/tool/ocr/Screen-Translator.html


    MouseGestureLの連続ジェスチャーにctrl+c×2を割り当てるといった連携方法もおすすめです。


    現在のバージョン2.3.1+71c039faではMouseGestureLからテキストを送ることができなくなっているようです。
    キーボードからコピーした場合とマウスジェスチャーとで何が違うのかはよく分かりません。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

DeepL に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 16 件)