匿名性の高いセキュアな電子メール ProtonMail を提供している VPN サービス

ProtonVPN のアイコン

ProtonVPN

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows, macOS, Linux, iOS, Android
バージョン:
2.0.6(2022/09/01)

アメリカや EU などから影響を受けない中立国、スイスで運用される匿名性の高いセキュアな電子メールサービス ProtonMail を提供している Proton グループによる VPN サービスです。
スイスに本社を置いているため、他の国からの干渉を受けにくいというのも特徴の一つです。
Free プランは低速通信となってしまい、選択できる国も3か国と限られてしまいますが、Japan(日本)を選択できれば、比較的遅いと感じることなく利用できる時間帯が多いです。
無料で利用できる VPN ソフトの選択肢の一つとして導入を検討しても良いかもしれません。

提供元:
※ 本ソフトの利用には無料アカウントの作成が必要です。

ProtonVPN の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download Proton VPN」ボタンをクリックします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合は「macOS」ボタン、「Linux」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードページにて表示される「Download ProtonVPN」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードしたセットアップファイル(ProtonVPN_win_v2.0.6.exe)からインストールします。

使い方

初期設定(ログイン)

  1. 本ソフトを起動するとサインイン画面が表示されます。
    画面左下の「Create Account」をクリックします。
    ProtonVPN - ログイン画面

    ProtonVPN - ログイン画面

  2. ブラウザーでサインアップ(アカウント作成)ページが表示されます。
    Username(ユーザー名)、Choose Password(パスワード)、Confirm Password(パスワード確認)、Email Address(メールアドレス)を入力して「Create account」ボタンをクリックします。
  3. 入力したメールアドレス宛にメールが届きます。
    メール内の verification code(検証コード)をコピーして先ほどのウェブページに「Verification code」テキストボックスに貼り付けます。
    ページ下部の「Terms and conditions(利用規約と条件)」、「Privacy Policy(プライバシーポリシー)」にチェックを入れ、「Get ProtonVPN」ボタンをクリックします。
  4. ProtonVPN のダッシュボードページが表示されます。
  5. ソフトに戻り、先ほど設定した Username(ユーザー名)、Password(パスワード)を入力して「Login」ボタンをクリックしてログインします。

基本的な使い方

VPN接続する
  1. ログインするとメイン画面が表示されます。
    メイン画面左の「Countries」タブ下に表示される、接続可能な白太字の国にマウスカーソルを乗せ、表示される「Connect」ボタンをクリックします。
    メイン画面 - VPN 非接続時

    メイン画面 - VPN 非接続時

  2. VPN接続中です。
    VPN 接続中

    VPN 接続中

  3. VPN接続完了すると、メイン画面上部の表示が赤字の「DISCONNECTED」から紫字の「CONNECTED」に変わり、画面左上背景に接続している国の国旗が表示され、現在のIPアドレスが表示されます。
    日本へ VPN 接続完了

    日本へ VPN 接続完了


すぐにVPN接続する
メイン画面左上の「Quick Connect」ボタンをクリックするとVPN接続を開始します。

ランダム接続、高速接続する
  1. メイン画面左の「Profiles」タブをクリックすると、「Fastest」、「Random」項目が表示されます。
    • Fastest
      もっとも高速になる国(サーバー)に接続します。
    • Random
      3か国からランダムに接続します。
    ※ 高速といっても Free 版の速度(低速)の中での最も速いという国(サーバー)。
  2. 例えば、「Fastest」項目にマウスカーソルを乗せて「CONNECT」ボタンをクリックすると、もっとも速い国(サーバー)へVPN接続します。
    Fastest 接続

    Fastest 接続


VPNを切断する
次のいずれかの方法でVPN接続を切断できます。
  • メイン画面左上の「Disconnect」ボタンをクリックする
  • メイン画面左の「Countries」タブを表示し、接続している国に表示される「Disconnect」ボタンをクリックする
  • タスクトレイicon アイコンの右クリックメニュー「Disconnect」をクリックする
    タスクトレイアイコンの右クリックメニューから切断

    タスクトレイアイコンの右クリックメニューから切断


コンパクトな表示にする
メイン画面上部やや左にある コンパクト化 をクリックすると、表示がコンパクトになります。
タスクトレイアイコンの右クリックメニューから切断

タスクトレイアイコンの右クリックメニューから切断

耳をクリックしてコンパクト表示に

耳をクリックしてコンパクト表示に



Free プランと Plus プランの違い


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.0.6
(2022/09/01)
  • 一部の画面解像度のトレイ ポップアップ位置を修正します。
  • アプリの起動時に壊れた UI を修正します。

Version 2.0.5
(2022/08/02)
  • アプリの全体的な安定性を向上させます。
  • 一部のユーザーが人間による検証プロセスを完了できない問題を修正しました。
  • 「設定ウィンドウに視覚的な改善を追加します。

Version 2.0.1
(2022/06/23)
  • 接続の安定性を向上させるために、OpenVPN プロトコルを最新バージョンに更新します。
  • 前提条件が欠落しているために発生するインストールの問題を修正します。
  • 視覚的および安定性の改善を追加します。

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 4

    さすがProton!

    秋葉太郎
    秋葉太郎
    投稿数: 25件
    Windows 10

    さすがProton!

    最近少々あぶない遊びをしていましたが、
    ちゃんとProtonを使っていたので、心配がありませんでした

    Protonを使っていれば、捕まらないという強い安心感があります
    さすがProton!
    こう言う時こそ、Protonを使ってくださいね

    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    World of WarcraftというゲームのアップデートがP2…

    とりめし
    とりめし
    投稿数: 1件
    Windows 10

    World of WarcraftというゲームのアップデートがP2Pで行われるのですが、やたら遅いと思っていたらプロバイダーのせいでした・・・。
    P2P規制の巻き添えです。
    そういえば、他のオンラインゲームでもP2P接続しているものがラグいと感じることがあったのでこちらの有償Plus版(P2P対応)を導入。
    全て解決しました。
    Plus版はスピードも十分ですし、マルウェアの侵入も防いでくれるのでセキュリティソフト不要。
    広告ブロッカー機能もあります。
    さらに接続先を変更することで国外のネトフリ配信作品なども見られるというおまけ付きで、かなり気に入っています。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    さらばProton!

    秋葉太郎
    秋葉太郎
    投稿数: 25件
    Windows 10

    さらばProton!
    2019年07月18日以来、暗号化・セキュリティのためにVPNを考えましたが、
    約2年半たってわかりました
    Proton含めVPNは不要でした
    理由は以下の通りで、犯罪者には有益ですが、
    犯罪者以外にはメリットはなく、単に通信が遅くなるというデメリットがあるのみなので


    1)プライバシー保護

    VPNを使わないとIP アドレス追跡で「住所・名前」が、ばれてしまう

    いいえ
    ありません

    Windows10などで既に「グローバルIPアドレス(IPv6 アドレス)」は
    「一時 IPv6 アドレス」に換装している
    A 今日
    B 明日
    C あさって
    D
    E

    のように変わってしまうため、「一時 IPv6 アドレス」を追跡しても無駄
    一日程度追跡しても住所・名前がばれることはない

    2)盗聴防止

    VPNを使わないと盗聴で「住所・名前」が、ばれてしまう

    いいえ
    ありません

    http通信:暗号化なしで、盗聴可能
    但し、盗聴をするためには、そのサイトのケーブルに
    じかに盗聴機器を取り付けたりしないといけないので
    事実上不可能(そのサイトの関係者なら可能だが)

    例外として、アメリカの国家安全保障局 (NSA)により組織的な
    盗聴はあり得るので薬物売買等の犯罪者は逮捕される可能性はある

    https通信:暗号化済で盗聴不可
    ftp通信:暗号化可能で盗聴不可
    メール通信:暗号化可能で盗聴不可(PGP(Pretty Good Privacy)やProtonMail利用)

    ●逮捕される可能性のない人、犯罪者ではない人には、無用!!
    さらばProton!

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

ProtonVPN に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 12 件)