重複しているファイルを検索し、ハードリンク/シンボリックリンクに置き換えることができるソフト

Duplicate Files Search & Link のアイコン

Duplicate Files Search & Link
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows (XP/Vista/)7/8/8.1/10
バージョン:
7.0.5(2020/10/23)

PC内の重複ファイルを検出し、削除したり、ハードリンクやシンボリックリンクに置き換えたりできるソフトです。
ファイル名で判断せず、ファイル内容で重複しているかどうかバイト単位で比較して検出します。
結果画面では重複ファイルをリスト表示し、ファイルを開く、ファイルの場所を開く、ハードリンク/シンボリックリンクの置き換え、削除、パスのコピー、指定フォルダーへの移動などの操作が可能です。

提供元:
※ 非営利利用に限り無料で利用できます。

Duplicate Files Search & Link の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Version」が「7.0.5」項目の下段にある「Download」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、上段にある「Download」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(DupFilesSearchAndLink_install_(7_0_5).exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
  2. ツールバーの 開始 ボタンをクリックすると、「フォルダを選択してスキャン」画面が表示されます。
    • 画面左のフォルダツリーにチェックを入れて検索対象を選択します。
      ※ 画面左の「パス」タブをクリックしてファイルパスを入力することも可能です。
    • 画面右上の「含める」のテキストボックスに検索対象にしたい条件を設定します。
      ※ 初期設定では *(全ファイル対象)が入力されています。
    • 画面右上の「除外」のテキストボックスに検索対象から除外したい条件を設定します。
    画面右の基本設定、拡張設定、同時スキャンの設定などを設定し「開始」ボタンをクリックします。
  3. 選択したフォルダーを対象に検索を行います。
  4. 検索が終わると、重複しているファイルについてのファイル名、パス、ディスク上のサイズ、断片数、H/L(ハードリンク)数、日時が画面に表示されます。

    重複ファイルを操作する
    画面左のアイコン群の上から順に次の操作ができます。
    • 選択したファイルを含むグループのみ表示
    • すべてたたむ
    • すべて展開
    • 選択したファイルをリストから除外
    • ファイルをハードリンクと置き換える
    • ファイルをシンボリック リンクに置き換える
    • ハードリンクの解除
    • 削除
    • ごみ箱に削除
    • 指定フォルダへ移動
    • 圧縮
    • 外部ツールの実行
      ※ 外部ツールを登録して実行可能
    • クリップボードにコピー
      • 選択ファイルをクリップボードにコピー
      • 選択ファイルのパスをクリップボードにコピー
      • 選択フォルダのパスをクリップボードにコピー
      • 選択した行を .CSV形式でクリップボードにコピー
    • すべて選択
    • フィルター後に選択
    • すべて解除
    • 最初のファイルをすべて解除
    • 最後のファイルをすべて解除
    • 他のNTFSリンクの選択も解除
    • 選択を反転

    オンマウスでプレビュー表示
    画像ファイルの場合はマウスカーソルを乗せるとプレビュー表示されます。
    オンマウスでプレビュー表示


    右クリックメニュー
    右クリックメニューからもファイル操作可能です。

    重複ファイルを絞り込む
    ツールバーの フィルターを表示/隠す をクリックすると、リスト上部にフィルターバーが表示されます。
    ファイル名、パス、ディスク上のサイズ、断片数、H/L(ハードリンク)数、日時からフィルターの利用が可能です。
    例えばファイル名で絞り込む場合はファイル名の下に表示されているテキストボックスをクリックし、ファイル名に「含まれている/含まれていない」を選択し、テキストボックスに条件を入力すると、フィルターを適用した結果が表示されます。
    ※ ファイル名以外のフィルターも併せて利用する場合は OK をクリックすると、他の項目を選択できるようになります。

更新履歴

Version 7.0.5 (2020/10/23)
  • バグ修正:ディレクトリアイコンがないため、検索を繰り返した後のパフォーマンスが低下します。

Version 7.0.4 (2020/09/21)
  • 大量のファイルがスキャンされた後、GDI+の例外が原因でアプリケーションがクラッシュする問題を修正しました。GDI+エラーは、同時にメモリに作成できるファイルアイコンの数に関するWindowsの制限によって引き起こされます。
  • エラー出力パネルに含まれるエラーが多すぎる場合のOutOfMemoryExceptionが修正されました。最大エラー数は1000に制限されています。
  • 存在しないファイル(壊れたリンク)を指すシンボリックリンクに関する出力エラー情報を追加しました。
  • スペイン(コロンビア)の言語翻訳を追加しました(CarlosAndrésMedinaRiveraに感謝します!)。

Version 7.0.3 (2020/09/08)
  • ファイルのシンボリックリンクの検出が改善されました。以前のバージョンでは、重複のない単一ファイルへのシンボリックリンクがスキップされていました。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?