重複ファイルや空のファイル/フォルダーなどを検出し、PCの不要ファイルを削除できるフリーソフト

Czkawka のアイコン

Czkawka

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 10, macOS, Linux
バージョン:
4.1.0(2022/04/24)

重複ファイル、空のファイル/フォルダー、サイズの大きいファイル、一時ファイルなど検出し、不要ファイルを削除してPCの空き容量を確保できるソフトです。
Windows / macOS / Linux のマルチプラットフォームで動作し、高度なアルゴリズムとマルチスレッドにより高速にスキャンします。
類似画像ファイル、音楽の重複ファイルを探すこともできるほか、ゼロ化されたファイル、無効なシンボリックリンク、壊れたファイルなども探すことができます。

提供元:
※ v4.0.0 より日本語に対応しました。

Czkawka の使い方

ダウンロード

  1. GitHub へアクセスし、「windows_czkawka_gui.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合はそれぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(windows_czkawka_gui.zip)を解凍し、windows_czkawka_gui.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方の流れ

  1. メイン画面上部の「含まれるディレクトリ」から検索したいフォルダー、「除外されたディレクトリ」、「アイテム設定」から検索の詳細条件を設定します。
  2. メイン画面左から利用したい機能を選択します。
  3. 検索 ボタンをクリックして検索します。

基本的な使い方

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
Czkawka - メイン画面

Czkawka - メイン画面



検索対象を指定する
メイン画面上部から検索対象を指定します。
  • 含まれるディレクトリ
    追加 をクリックして検索対象フォルダーを指定します。
    ※ 必須の項目です。
  • 除外されたディレクトリ
    追加 をクリックして除外したいフォルダーがあれば指定します。
  • アイテム設定
    次の検索条件を指定します。
    • 除外するアイテム
      除外したいファイルがあれば正規表現で指定します。
    • 許可される拡張子
      許可したい拡張子があれば追加します。
    • サイズ(バイト)
      最小ファイルサイズ、最大ファイルサイズを指定します。
      ※ 初期値は 16384(=16KB)~です。
      「アイテム設定」から除外するアイテム、許可する拡張子などの検索条件を設定

      「アイテム設定」から除外するアイテム、許可する拡張子などの検索条件を設定


    重複ファイルを探す
    1. メイン画面の左から「ファイルを複製」をクリックします。
    2. 「ファイルを複製」の右に表示されている検索条件をクリックして選択し、メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索します。
      重複ファイルの検索条件を設定

      重複ファイルの検索条件を設定



      メソッドのチェック(Check method)
      「ハッシュ▼」をクリックして次の中から重複の検出方法を選択します。
      • 名前
        同じ名前のファイルを検索します。
      • サイズ
        同じサイズのファイルを検索します。
      • ハッシュ
        同じ内容のファイルを検索します。
        ファイルをハッシュ化し、ハッシュ値を比較して重複を見つけます。
        このモードではキャッシュを利用するため、2回目以降はスキャン速度が速くなります。

      ハッシュタイプ(Hash type)
      「Blake3▼」をクリックして次の中からハッシュの種類を選択します。
      ※ 「メソッドのチェック」で「ハッシュ」を選択していた場合のみ、選択可能です。
      • Blake3
        暗号化ハッシュ関数。非常に高速でデフォルトのハッシュアルゴリズムで使用されます。
      • CRC32
        単純なハッシュ関数。Blake3 より高速な代わりにまれに衝突が発生する可能性があります。
      • XXH3
        性能とハッシュの質が Blake3 に似ています。
    3. 重複ファイルが検出されると、グループごとに表示されます。
      重複ファイルを検出

      重複ファイルを検出


      メイン画面右下の 選択 ボタンをクリックして次の方法でファイルを選択できます。
      最も古いファイルを除いて選択

      最も古いファイルを除いて選択


      • カスタムを選択(パス、名前、パス + 名前を指定して選択)
        カスタムを選択

        カスタムを選択

      • カスタムの選択を解除
      • 古いもの以外のすべてを選択(Select all except oldest)
      • 最新以外のすべてを選択(Select all except newest)
      • 古いものを選択(Select one oldest)
      • 最新を1つ選択してください(Select one newest)
      • 選択を逆にする(選択を反転)
      • すべて選択
      • すべて選択解除
    4. ファイルを選択したらメイン画面右下の 削除 ボタンをクリックして削除できます。

    空のフォルダーを探す
    1. メイン画面の左から「空のディレクトリ」をクリックします。
    2. メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    空フォルダーの検出

    空フォルダーの検出



    サイズの大きいファイルを探す
    1. メイン画面の左から「大きなファイル」をクリックします。
    2. 「ファイルを複製」の右に表示されている「表示するファイルの数(検索結果に表示する数:初期値 50)」を指定し、メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    サイズの大きいファイルの検出

    サイズの大きいファイルの検出



    空のファイルを探す
    1. メイン画面の左から「空のファイル」をクリックします。
    2. メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    空ファイルの検出

    空ファイルの検出



    一時ファイルを探す
    1. メイン画面の左から「一時ファイル」をクリックします。
    2. メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    一時ファイルの検出

    一時ファイルの検出



    類似画像を探す
    1. メイン画面の左から「類似の画像」をクリックします。
    2. 「ファイルを複製」の右に表示されている検索条件をクリックして選択し、メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索します。

      アルゴリズムのサイズの変更
      「Lanczos3▼」をクリックして次の中から検出アルゴリズムを選択します。
      • Lanczos3
      • Nearest
      • Triangle
      • Gaussian
      • CatmullRom

      ハッシュサイズの変更
      「8▼」をクリックして次の中からハッシュサイズを選択します。
      • 8
      • 16
      • 32
      • 64

      ハッシュタイプの変更
      「Gradient▼」をクリックして次の中からハッシュの種類を選択します。
      • Gradient
      • Mean
      • VertGradient
      • Blockhash
      • DoubleGradient

      Similarity(類似性)
      スライダーを動かして類似度を非常に高い~最小の間で調整します。
    3. 類似画像が検出されると、グループごとに表示されます。
      メイン画面右下の 選択 ボタンをクリックしてファイルの選択、削除 ボタンをクリックして削除できます。
      類似画像の検出

      類似画像の検出


    類似動画を探す
    1. メイン画面の左から「類似の動画」をクリックします。
    2. 「ファイルを複製」の右に表示されている「Similarity(類似性)」のスライダーを動かして類似度を非常に高い~最小の間で調整しし、メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
      ※ 本機能の利用には ffmpeg のインストールが必要です。
      ※ 検索時にはブラクラのように ffmpeg ウィンドウが表示されるかもしれませんが、おそらく通常の動作と思われます。
    類似動画の検出

    類似動画の検出



    音楽の重複ファイルを探す
    1. メイン画面の左から「音楽重複」をクリックします。
    2. 「ファイルを複製」の右に表示されている検索条件(タイトル、アーティスト、アルバムタイトル、アルバムアーティスト、年)をクリックして選択し、メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    音楽の重複の検出

    音楽の重複の検出



    無効なシンボリックリンクを探す
    1. メイン画面の左から「無効な Symlinks」をクリックします。
    2. メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    無効なシンボリックリンクの検出

    無効なシンボリックリンクの検出



    壊れたファイルを探す
    1. メイン画面の左から「壊れたファイル」をクリックします。
    2. メイン画面左下の 検索 ボタンをクリックして検索、削除できます。
    無効なシンボリックリンクの検出

    無効なシンボリックリンクの検出



    更新履歴

    Version 4.1.0
    (2022/04/24)
    • 新しいモード - 内容が拡張子と一致しないファイルを検索する - #678
    • 組み込みアイコン - 無効ではなくなり、テーマ/ OS に依存するアイコン - #659
    • 画像のプレビューの表示が大幅に(通常は2倍)高速化(スキャンウィンドウと比較ウィンドウの両方のプレビュー) - #660
    • カスタム選択ポップアップによるレコードの選択を修正 - #632
    • 音楽ファイルを比較するときに、より多くのタグをサポートする - #590
    • パスの選択が適切でない問題を修正 - #656
    • Windows での同様のビデオのスキャン中にポップアップが表示されなくなりました - #656 - 外部変更4056
    • カスタム選択では、デフォルトで大文字と小文字が区別されなくなりました - #657
    • タグのおおよその比較の改善 - #641
    • 蓄積された停止イベントによる検索問題を修正 - #623
    • Unix OS で他のファイルシステムを無視するオプション(現時点では CLI のみ) - #673
    • Windows でのファイルのハードリンクを修正 - #668
    • 大文字と小文字を区別しないファイルの名前グループ化のサポート - #669
    • 検索 GUI のディレクトリは CLI で渡すことができます - #677
    • ディスプレイサーバーからアプリが応答しない通知を受け取らないようにする - #625

    Version 4.0.0
    (2022/01/20)
    • チェックするファイルを収集するためのマルチスレッドサポート(4スレッドプロセッサとSSDで2/3倍の高速化) - #502、#504
    • 複数の翻訳を追加-ポーランド語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語... - #469、#508、5be
    • 類似の動画を見つけるためのサポートを追加 - #460
    • GUI コードのリファクタリングと検索コードの統合 - #462、#531
    • 0ファイルをハード/シンボリックリンクしようとしたときのクラッシュを修正しました - #462
    • ツールキットの将来の変更のための GTK 4 互換性の改善 - #467、#468、#473、#474、#503、#505
    • サポートされている最小限の OS を Ubuntu 20.04(GTK が必要)に変更 - #468
    • 不要な画像プレビューの作成を回避することによるパフォーマンスの向上 - #468
    • 壊れた/サポートされていない画像/ビデオのハッシュをキャッシュすることによるパフォーマンスの向上 - #471
    • 存在しないファイル(プラグが抜かれたペンドライブなど)からキャッシュを削除しないオプション - #472
    • 役立つメッセージを含む複数のツールチップを追加する - #472
    • プレハッシュのキャッシュを許可する - #477
    • レコードのカスタム選択を改善します(Rust 正規表現を使用できるようにします) - #489
    • ゼロ化されたファイルを見つけるためのサポートを削除します - #461
    • HashMB モードを削除します - #476
    • 音楽のおおよその比較 - #483
    • 単純なツリービューの列の並べ替えを有効にする - #487
    • 上部パネルの非表示を許可する - #491
    • UI のスペースを節約する - #500
    • RAW 画像(NEF、CR2、KDC ...)のサポートを追加 - #532
    • 画像比較のパフォーマンスと使いやすさの向上 - #529、#528、#530、#525
    • ファイルからのデータの保存/読み込みを再編成(統合)します - #524
    • 「参照フォルダ」を追加 - #516
    • 類似の音楽ファイルのキャッシュを追加 - #558

    Version 3.3.1
    (2021/11/22)
    • ボタンを移動するときのクラッシュを修正 #457
    • 開始時に移動ボタンを非表示にする c9ca230

    フィードバック


    ※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2021年06月09日)

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】Czkawka は、Duplicate Finder by has…

    owl
    owl
    投稿数: 453件
    Windows 10

    Czkawka は、Duplicate Finder by hash (hash function Blake3, Very High) を実行時には、一致率が「ほぼ100%」と非常に信頼性が高い。そのため「Similar Images」の検索に非常に有効です。「ビューア」も備わるので、画像の確認も容易です。
    hash function「Blake3」とは、
    https://en.wikipedia.org/wiki/BLAKE_%28hash_function%29

    また、Empty Files(空のファイル)、Empty Folders(空のフォルダ)、Zeroed Files(ゼロ化したファイル)、Invalid Symlinks(無効なシンボリックリンク)、Broken Files(壊れたファイル)の検索と削除にも有用です。
    注意事項:削除は「ごみ箱」への移動を選択できないので、削除を実行すると「完全削除」になり、間違ったファイルを削除してしまうと復元不可能(実行時には細心の注意が必要)です。


    「削除」について:
    Settings(UI 右上部のアイコン)で、
    https://i.imgur.com/eqD6uxb.png
    General を選択し、
    □ Move deleted files to trash
    の項目にチェックを入れることで、
    「削除したファイルを(実行時に、完全削除ではなく)ゴミ箱に移動」する設定を指定できます。


    【 追記 】分(「削除」について:)の訂正
    誤:Settings(UI 右上部のアイコン)で、
    正:Czkawka Options(UI 右上部のアイコン)で、

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?