指定したファイルやフォルダーのリストをHTML / CSV / TXT形式で出力するソフト

FileInfoList のアイコン

FileInfoList

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8.1/10(64bit)
バージョン:
1.9.3.0(2018/11/05)

- 2019年3月31日配布終了 -
出力される項目は、チェック欄、番号、フルパス、ディレクトリ、ファイル名、ファイルサイズ、ファイルタイプ、作成日時、更新日時、アクセス日時、属性、画像の大きさ、備考、の項目から表示させたい項目を指定できます。
HTMLファイル形式で出力する場合は、タイトルの設定や表示文字の色などの設定が可能です。

提供元:
NJP

FileInfoList の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(FILSetup1930-x64.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 1.9.3.0 (2018/11/05)
  • 仕様変更
    ・ファイル 一覧の名前とフォルダー列の順番を変更しました。
    ・オプションの [表示] - [サブフォルダー] の「フォルダー階層」設定を削除しました。

Version 1.9.2.0 (2018/09/03)
  • 新機能・改善
    ・出力する HTML ファイルのスタイル、レイアウトを調整しました。
  • 不具合修正
    ・一覧のアイコンがディスプレイ設定によって、正しく表示されないことがある不具合を修正しました。

Version 1.9.1.0 (2018/08/14)
  • 新機能・改善
    ・「詳細設定」の [スタイル] に「圧縮ファイル」設定を追加しました。
    ・属性の表示の種類を追加しました。
     ・固定属性(常に保持する)(P)
     ・固定解除属性(保持していない)(U)
     ・オープン時に生成する(G)
     ・アクセス時に生成する(W)
  • 仕様変更
    ・[出力項目]の「チェック欄にチェックボックスを表示する」機能を削除しました。