2つのフォルダー内のファイルを比較し、ファイル内容の比較もできるソフト

FolderDiff のアイコン

FolderDiff

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
3.8(2018/01/21)

フォルダーを比較し、サイズ / 更新日時 / 属性 / ハッシュコードをそれぞれ表示して検証できるソフトです。
一致 / 更新 / 追加 / 削除の比較結果を色付きで表示。
バイナリファイル / テキストファイルを同梱の「FileDiff」ツールで差分を表示できます。
また、フォルダーの比較結果を保存して、別のPCのフォルダーとの差分を比較することも可能です。

提供元:
あきら

FolderDiff の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(FolderDiff.zip)を解凍し、セットアップファイル(setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると、「ワンポイント」が表示されます。
    ワンポイント

    表示言語(English(英語) / Japanese(日本語))、表示スタイル(リボンスタイル / 通常スタイル)を選択できます。
    ここでは、Japanese、通常スタイルを選択して進めていきます。
  2. 「抽出するフォルダ」ウィンドウが表示されます。
    ※ 次回以降は、メニューバーの「ファイル」⇒「新規作成」または [Ctrl] + [N] キーなどから表示できます。
    比較のベースとなるフォルダーを選択し、対象ファイル、除外ファイル、サブフォルダーの深さを設定して「OK」ボタンをクリックします。
    ※ ワイルドカードを含めて指定でき、複数設定する場合はセミコロン(;)で区切って指定します。
  3. ファイルパス、名前、結果、サイズ、更新日時、属性が表示されます。
    ※ 結果は比較結果を表示するため、現時点では「未検査」と表示されます。
  4. メニューバーの「編集」⇒「フォルダと比較」から比較したいフォルダーを指定すると、その比較結果が表示されます。
    「結果」に一致、更新、削除、追加のステータスが表示され、ステータスごとに色付きで表示されます。
    項目を右クリックして「ファイルを比較」をクリックすると、同梱の「FileDiff」ツールでテキストデータ、バイナリデータを比較表示できます。
  5. メニューバーの「ファイル」⇒「上書き保存」または「名前を付けて保存」をクリックして、比較結果を保存、再表示できるようになります。
    メニューバーの「編集」⇒「データと比較」から、保存データとの比較が可能です。

ユーザーレビュー

  • 3

    2つのフォルダーを比較する場合に,指定する順番が重要で,はじ…

    usericon qqcomeback
    投稿数: 1件
    Windows 10

    2つのフォルダーを比較する場合に,指定する順番が重要で,はじめに選択したフォルダーに含まれるファイルに対して,2つ目のフォルダーに含まれるファイルの結果が示されるのですね。順番を入れ替えて比較すると,追加と表示されていたファイルが削除にかわることでわかりました。結果を正確に理解するには,2つのフォルダー名と順番を記録(記憶)しておく必要があり,その分,使い勝手を損なっています。丁寧な説明が望まれます。

    このレビューは参考になりましたか?はい