般若心経を読み上げてくれるソフト

般若心経 のアイコン

般若心経

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7
バージョン:
4.1.1.1(2013/10/07)

読経を開始すると、般若心経を読み上げてくれるソフトです。
読み上げと同時にカラオケのように白字が緑字に変わります。
読経の速度変更、エコー設定、一緒に読み上げ練習する際の息継ぎに利用できるポーズ設定(一時停止設定)が用意されています。

提供元:
※ Windows 8/8.1/10 でも動作しますが、画像の設定機能を利用できません。

般若心経 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」項目下の「般若心経 Ver4.11.1」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(hnw4111.zip)を解凍し、HNW32.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
読経を開始 をクリックするか、メニューバから「読経」⇒「開始」とクリックすると読経を開始します。

  • 読経中に 読経を停止 をクリックすると読経を停止します。
  • 読経時に最大化 をクリックすると、読経開始時に本ソフトを最大化表示します。
    ※ 読経を停止すると元のサイズに戻ります。
  • 繰り返す をクリックするとリピート再生します。
  • 写経 をクリックすると、画面全体に般若心経を写経します。
    ※ クリックするか何かのキーを押すと終了します。

エコー
  1. メニューバーから「読経」⇒「エコー」とクリックします。
  2. 「エコー」画面が表示されます。
    「読経にエコーをかける」にチェックを入れ、反射回数、強さのスライドバーを動かして調整して「OK」ボタンをクリックすると、エコーが有効になります。

速さ
  1. メニューバーから「読経」⇒「速さ」とクリックします。
  2. 「速さ」画面が表示されます。
    「読経する速さを変える」にチェックを入れ、スライドバーを動かして調整して「OK」ボタンをクリックすると、速さの変更が有効になります。

ポーズ
  1. メニューバーから「読経」⇒「ポーズ」とクリックします。
  2. 「ポーズ」画面が表示されます。
    スライドバーを動かして調整して「OK」ボタンをクリックすると、ポーズが有効になります。

ユーザーレビュー

  • 4

    懐かしきMS-DOS時代、PCM音源搭載のサウンドカードなん…

    usericon Gonbe
    投稿数: 741件
    Windows 10

    懐かしきMS-DOS時代、PCM音源搭載のサウンドカードなんて代物は無かったです。
    そんな当時に、本ソフトは「発声することが可能」ということで評判でありました。
    その発声原理は、PC-9801(当時の国民機?)内臓のBEEP音を制御していました。
    Windows3.1に移植され、シェァウエアからフリーソフトになり、現在に至ります。
    最新Ver.4.1.1.1で読経させると、般若心経を聞き慣れた私は違和感を否めません。
    とても良く作り込まれたソフトと思いますが、途切れ途切れの読経が奇妙なのです。
    この事象はエコーを効かせると更に顕著となり、文言と文言の間隔が開いてきます。
    ソフト起動時のタイトル音源はWAVですが、読経音源の拡張子は独自のHNVであり、
    修正を施そうと考えましたが、今のところ良い方策が思い浮かばない私であります。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい