マウスカーソルのまわりを拡大してくれる虫眼鏡のようなソフト

老眼マウス のアイコン

老眼マウス
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 2000/XP
バージョン:
1.31(2008/04/23)

タスクトレイに常駐し、タスクトレイのアイコンを右クリックで拡大の終了、開始ができます。
タスクトレイのアイコンを左クリックすると設定画面が表示され、レンズの倍率(2~10倍)、大きさ、表示方法、動きをカスタマイズして自分なりに使いやすいようにカスタマイズできます。

提供元:

老眼マウス の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(RouganMouse131.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 1.31 (2008/04/23)
  • レンズサイズをディスプレイ幅以上の2048まで広げられるようにしました。
  • 起動時にレンズを表示しないオプションを追加しました。
  • その他細かな修正。

Version 1.30 (2008/02/22)
  • 描画処理の見直しで、より軽くなめらかに動くようになり、レンズを大きくしたときのチラツキを軽減しました。
  • 設定ダイアログの位置を記憶するようにしました。
  • 特定色の表示が乱れる制限がなくなりました。
  • その他細かな修正。

Version 1.20 (2008/01/27)
  • 2倍では文字が大きくなり過ぎるという方のために、1.4倍、1.7倍相当のオプションを追加しました。
    【縦長に拡大する】にした場合の倍率は、2倍時に1.4倍、3倍時に1.7倍になります。
  • 【ポップアップ】を拡大するオプションを追加しました。
  • ボタン一つで設定を変更できるプリセットボタンを2つ付けました。
    ・【文字設定向け】…文字を見やすくする設定です。
    ・【視力設定向け】…視力が悪い方のために拡大率を上げた設定です。
    ※上記の設定内容は変更可能です。
  • 視力が0.01の方向けに、ポインタ位置を太い十字線で分かりやすくするオプションを追加しました。
  • 設定ファイルのリネームで初期設定を簡単に行えるようにしました。
  • スタートメニューの登録名をRouganMouseから【老眼マウス】へ変更しました。
  • その他細かな修正。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?