ファイルのマージ、シートの非表示、目次の挿入など、Excel 操作を少し便利にするアドイン

SuperXLe Basic のアイコン

SuperXLe Basic

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
3.84(2018/10/18)

40以上のツールが追加される Excel アドインです。
ワンクリックでシート追加、新規ブックを開くの操作ができ、複数シートの選択、シートの削除も簡単に操作できます。
Excel シートの差分比較機能も搭載しており、差異がないかを簡単に確認することができます。
他にもブックやシートのマージ、ウィンドウやシートの非表示/再表示、セルの参照方式を「A1形式」⇔「R1C1形式」へワンクリックで切り替えなどが可能で、使い方に慣れれば使い勝手の良いツールになりそうです。

提供元:

SuperXLe Basic の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SuperXLe_Basic_3.84.zip)を解凍し、SuperXLe_Basic_Install.vbs からインストールします。
    ※ 本アドインをインストールするには、あらかじめ「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れる必要があります。
    Excel のオプション設定が必要

    1. ポップアップウィンドウに記載されている通り、Excel を起動して「ファイル」⇒「オプション」とクリックします。
    2. 「Excel のオプション」画面が表示されます。
      左メニューの「セキュリティ センター」をクリックし、表示された画面内の「セキュリティ センターの設定」ボタンをクリックします。
    3. 「セキュリティ センター」画面が表示されます。
      左メニューの「マクロの設定」をクリックし、表示された画面内の「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックして設定完了です。

    ※ 本アドインを有効にするには、プロパティウィンドウにてブロックを解除する(許可する)必要があります。
    ブロックの解除が必要
    Windows 10 の場合は「許可する」にチェックする

使い方

基本的な使い方

本アドインをインストールした後に Excel を起動すると、リボンメニューに「SuperXLe_Basic_3.84」が追加されます。
利用できる主な機能は次の通り。

ファイル・シート
  • 最近使用ファイル
    最近使用したファイルから選択して開くことができます。
  • 全ブッククローズ
    選択したブックを閉じるか、選択したブック以外を閉じます。
  • 新規ブック
    新しいブック(空白のブック)を開きます。
  • 新規シート
    新しいシートを追加します。
  • シート削除
    選択しているシートを削除します。
  • シート選択
    選択したシートを選択のみ、または削除します。
  • CSV読み込み
    選択したCSVファイルを新規ブックで開きます。
    複数ファイルに対応しています。
  • CSV書き込み
    選択したシートをCSVファイルに書き出します。
    書き出しフォルダーを選択すると、シートごとに「シート名.csv」の形式で保存されます。
    CSV書き出し
  • CSV分割
    大きなCSVファイルを分割します。
  • ファイルマージ
    選択した複数のブックからアクティブなシートをマージして新しいブックを開きます。
  • シートマージ
    一つのブック内の複数シートをマージし、シートを先頭に追加します。
  • 一覧/コピー/リネーム/削除
    シート/ファイル/フォルダーを対象に、一覧表の作成、シート並べ替え、コピー、リネーム、削除を行います。
    例えば、「フォルダー+一覧表」を選択すると、シートにフォルダーリストを作成でき、「フォルダー+コピー」を選択すると、選択したセルに記入された名前のフォルダーを作成します。
    一覧表示/コピー/リネーム/削除

編集
  • 文字列 連結/解除
    選択したセルの文字列を一つに連結して貼り付けます。
    文字列 連結/解除
  • 文字列 置換
  • 文字コード変換
    文字コードを変換できるソフト FileCode Checker を起動します。
  • VLOOKUP
    VLOOKUPを実行します。
  • VLOOKUPコピー
  • オブジェクトの選択
    図形などのオブジェクトを選択できるようになります。
    もう一度クリックすると元に戻ります。
  • 印刷プレビュー(全画面表示)
    印刷プレビューを表示します。
  • 印刷書式
    印刷の書式を調整します。
  • 全シートHOME
    全シートのセル位置をホームポジション([Ctrl] + [Home] キーを押した位置)に移動します。

ユーティリティ
  • 目次挿入
    ブックの先頭に目次シートを追加します。
  • 画像貼り付け
    画像ファイルを追加します。
  • 番号入り
    番号入りのオートシェイプを作成します。
  • リスト形式に
    選択したシートにフィルタを追加してリスト形式にします。
  • シート比較
    Excel シートに差異がないか比較し、結果シートに異なる箇所があれば「N」を表示する Excel シートの Diff(差分比較)ツールです。
    ※ 本機能の詳細については、本機能を抽出したツール SuperXLe 複数シートの比較を一括で にてご確認ください。
  • 文字列取得
    「開始」ボタンをクリックすると、マウスカーソルの位置の文字列を取得します。
    [Esc] キーを押すと終了します。
  • カメラ
    あらかじめ選択していたセルをオブジェクトにします。

表示
  • R1C1切替
    セルの参照方式(列の表記)をA1形式(ABCD…)からR1C1形式(1234…)に変更したり、表記そのものを非表示にします。
  • オートフィルタ
    オートフィルタを設定/解除します。
  • 全表示/復元
    フィルタによって一部しか表示されていない項目を全表示にしたり、再び一部表示に戻したりします。
  • ウィンドウ枠
    スクロールしても動かない、固定ウィンドウ枠を設定します。
  • ウィンドウ再表示
    非表示にしたブックを再表示します。
  • ウィンドウ非表示
    アクティブなブックを非表示にします。
  • ウィンドウ追加
    現在開いているブックをもう一つ開きます。
  • シート再表示
    非表示にしたシートを再表示します。
  • シート非表示
    アクティブなシートを非表示にします。

カスタマイズ
  • カスタマイズ
  • ショートカット
    利用できるショートカット(ホットキー)一覧を表示します。
    ショートカット(ホットキー)
  • システム再起動
    本アドインがエラーになって正常に利用できなくなった場合、本項目から復旧できる可能性があります。
    ※ 本項目で復旧できない場合は、一度 Excel をすべて閉じて再度開くことで復旧可能です。

※ Win SC、Excel SC の項目は、本アドインでは利用できません。

アンインストール(削除)する

圧縮ファイル(SuperXLe_Basic_3.7.zip)に含まれていた SuperXLe_Basic_UnInstall.vbs を実行するとアンインストール(削除)できます。
SuperXLe_Basic_UnInstall.vbs が見当たらない場合は、あらためて Vector から本ソフトをダウンロードして入手できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?