通信中のアプリケーションをリアルタイムに監視し、外部からのアクセスを通知するソフト

AirG PC Analyzer のアイコン

AirG PC Analyzer

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows NT/2000/XP, Windows Server 2003
バージョン:
1.01(2005/06/23)

ネットワークにおけるネットワークパケット量、他のマシンからのアクセス、TCP/UDPプロトコル通信を行っているアプリケーションなどを監視するソフトです。
家庭内ネットワークでウイルスに感染したマシンを特定することもできます。
他にも、共有フォルダへのアクセスを監視し、リアルタイムで通知。
アクセス状況を把握し、ログの取得や不正なアクセスがあった場合に共有フォルダーを自動で解除するなどの機能を備えています。

提供元:
AirG

AirG PC Analyzer の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(airg_pcanalyzer_v101.lzh)を解凍し、セットアップファイル(setup.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 1.01
(2005/06/23)
  • -

Version 1.00
  • 監視中でも設定画面を表示できるように変更
  • 設定画面をMS標準仕様のレイアウトへ変更
  • 「プロセス」タブ メモリ使用量の表示フォーマットをMS標準仕様へと変更
  • 「メインモニタ」タブ 送受信量の表示フォーマットをMS標準仕様へと変更
  • グリッド表示機能の追加
  • ディスプレイカラーを各種画面へ適用
  • ディスプレイカラーの変更タイミングを設定画面で「Ok」を押下に変更
  • 各種ログの追加保存機能
  • 各種ログの一時保存機能
  • 各種ログの自動保存機能
  • メニューバーのアイテムを直感的に分かりやすいよう変更
  • 表示アイテムの幅を初期化する機能
  • 最新の情報へ更新する機能
  • 「プロセス」「アプリケーション」プロパティ表示の廃止
  • 不要なメモリの整備
  • 画面最下部のステータス表示の内容を「ネットワーク接続状態」と「接続数」となっていた部分を「ログインユーザ」へと変更
  • 「NETSTAT」タブ TCPプロトコルにおいてLISTEN状態も表示するよう変更(netstat -aと等価)

Version 0.99
  • 自動ログ保存機能(プロセス、アプリケーション、STARTUP、NETSTAT)
  • READMEの強化

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?